ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


伊佐木要


ヨミ: イサキカナメ
掲示板をミル!
6カキコ!

伊佐木要とは、凪のあすからの登場人物で、主人公幼馴染でありイケメンである。
CV:逢坂良太


概要


とある海底の村・鹿生(しおししお)に住む少年で、・まなか・ちさきとは幼馴染幼馴染4人の中で一家族が一切 登場せず、詳細不明な部分が多い。14歳身長164cm

普段は傍観者していて飄々としており、何を考えているのか掴めない所がある。時折一切悪気犯罪染みた暴言に近い発言を行う時があり、ある種サイコパスの気がある。とは言え友達思いで基本的には優しく、その心にさゆは陥落した。

中性的な容姿で非常にモテる。その範囲は同級生から小学生、さらには中年女性に及ぶ。担任の先生とは違ってストライク(される)ゾーンが極めて広い。これがイケメンたる所以である。だが肝心の好意を抱いているちさきにはモテない。

因みに「イサキ」はの一種。幼馴染4人のうちまなかにだけ名前に「さき」が付かないように調整したのか。

以降ネタバレ注意


常に余裕の表情を見せていた要だが、地上に振るぬくみ、そしてお互い二度と遭えなくなるかもしれない冬眠の前に冷静さが失われていく。おふねひきではに落ちたライバルである紡をちさきが救助するのを助けるが、船に上がった所で紡に寄り添うちさきを見て絶望に落ちて冬眠する事になる。

5年後、さゆの「美は良いよね、好きな人が戻って来て」という思いに反応したのか、美がさゆと仲直りしたいと思ったからか復活を遂げる。全裸で。その衝撃の登場シーン(16話ラスト)はこの回の内容を吹き飛ばして全部持って行った。

覚めた後は5年の歳の差の溝が出来てしまったちさき冬眠していない地上で身寄りが紡しかいないのに既にちさきとのの巣と化した木原居候しなければならない現実の次の2番手ポジションがいつしか圏外へと滑り落ちていた模様、「要ンゴw」と煽ってくるリスナーと、精的に追い詰められていく。

さきの事も半ば諦めて紡との路を応援する側に回り出した頃、さゆにあんたはずっと私の心にいた」という告白により初めて孤独である事が辛かったと言う本心の全てを曝け出し、 さゆの気持ちに「1人の同い年の女の子として見る事から始める」と答えて互いに救われる。その後は出番が少ない割にはさゆを守り、大切にしている様がにじみ出る。末永く爆発しろ


 


関連動画



■1380865505[ニコ動]

■sm22738591[ニコ動]


関連静画


■im4037901(静画)
■im3763919(静画)


関連商品


■azB00OASY9BE
■azB00JJB197E


関連項目



最終更新日: 15/11/23 11:56
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ