ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


伊東甲子太郎


ヨミ: イトウカシタロウ
掲示板をミル!
28カキコ!

伊東甲子太郎とは新選組参謀、御陵衛士である。


概要


伊東甲子太郎(黒鉄ヒロシ)

保6年(1835年)、常陸士・鈴木専右衛門のに生まれる。旧姓鈴木。通称大蔵、摂津。諱は武明。実鈴木三樹三郎がいる。

督相続後に不祥事により閉門。水戸神道念流や後期水戸学を学ぶ。

安政6年(1859年)頃江戸に出て北流の伊東精一に学びその没後その結婚伊東姓。場を継いだ。

元治元年(1864年)、藤堂平助に誘われ、鈴木三樹三郎らと上新選組に入隊。甲子の年にちなんで甲子太郎名した。

慶応元年(1865年)、参謀に就任。11月永井尚志による長州尋問使に近藤勇らと同行。翌慶応2年(1866年)1月の尋問使にも同行した。この時伊東広島で諸士と幕府の悪政についてり合い、滞在50日に及んだと同志である篠原泰之進の記録にあるが、後年に書かれた記録のため偽不明。

同年12月孝明天皇崩御に伴い、伊東は山陵衛士への転身を望んだ。翌慶応3年(1867年)の九州旅行後、帰すると篠原同志の活動によって御陵衛士の拝命が決まっており、3月新選組から分離した。

新選組から分離後の伊東は何度か朝廷に建書を提出している。建書の中で伊東は、長州への寛典論の他、民皆兵・五畿内の朝廷による握・富強兵といった内容のいわゆる「大開論」を展開した。

11月18日近藤宴に招かれた伊東はその帰り道、油小路七条下ルにて新選組によって暗殺された。享年33。永倉新八の『浪士文久報記事』によると殺したのは大石鍬次郎横倉甚五郎宮川信吉・太郎の4人とされる。

新選組を題材とする作品では悪役・裏切り者として描かれる場合が多い。


関連商品


■az4004308550
■az4408102830
■az440402813X
■az4041290074
■az4122025761
■az4122027586
■az4122027829
■az4122027950


関連項目



最終更新日: 12/07/21 16:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ