ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


伊19(艦これ)


ヨミ: イク
掲示板をミル!
411カキコ!
■im3541986(静画)

「はーい! イク、行くの!」

伊19(い19)とは、大日本帝国海軍所属の巡潜3番艦「伊19」をモデルとした、ブラウザゲーム艦隊これくしょん~艦これ~』に登場する艦娘(かんむす)である。

担当声優味里。担当イラストレーターショボン


提督に、概要なのね


伊19

潜水艦娘としては「伊168(イムヤ)」、「伊58(ゴーヤ)」に次ぐ3人実装となる艦娘自称は「イク」だが、「さん」付けで呼ぶ提督も多い(図鑑で自分でも呼んでるし)。

2013年11月から開催されたイベント決戦!鉄底海峡を抜けて!」の1面クリア報酬として実装された。これは、運営としては予定外の投入時期であり、本来ならばその前のイベント南方海域強襲偵察!」で実装される予定で、ファミ通コミッククリアの『鎮守府通信』や、『コンプティーク2013年10月号別冊付録等でビジュアル開されていた。しかし、致命的な「忘れ物」ファミ通.com[外部]コンプティーク2013年10月号別冊付録でのインタビューによれば音の取り忘れ。埋めのため、イベントの報酬にする予定だった重巡艦娘鈴谷熊野)を先に投入したという。のために実装先送りされた。

伊262016年8月実装されるまで、潜水艦の中では一建造する事が出来ず、入手経路はドロップのみに限られた。1-5で中・ボスともにドロップが確認されているため、初心者でも入手可だが確率はかなり低めらしく、入手にはなかなか難儀する。イベントでは較的浅い域で掘れる事もあるので、そちらに賭けてみるのも一考。

ビジュアル艦これ潜水艦娘スタンダードスク水装備。イムヤやゴーヤはセーラー服の上をジャケットのように羽織っているが、イクさんはスク水オンリーという潔さ。胸のゼッケンには「イ19」と書かれている。は薄い色だが、毛先に向けてピンクへとグラデーションが懸かっている。ピンク色の大きなリボンに付けているのが特徴的。
髪型イラストの構図上やや解釈が分かれており、ポニーテールかツーテールか議論の的となることも多いが、一先ず公式四コマでは左右非対称のツーテールとして描かれていた。その後、公式フィギュアの原版においてまさかのツーテール+ポニーテールのトリプルテールである事が発覚した。

身体上の特徴はその上部装甲にあり、その一部の軽空母が泣いて逃げ出す豊満さで提督達の話題をさらった。中破すると例によって水着が裂けるが、イクさんはあられ南半球が見えてしまう。さらに、太い魚雷にまたがり、別の魚雷で上部装甲を押し上げているので、ただでさえ豊満な上部装甲がさらにボリュームましましであr←憲兵さんこいつです
イクさんを運用する際は、くれぐれも提督リアル背後に気を付けられたし。

提督オモチャにして遊ぶ子であり『提督は何をしても怒らない』為か、肩を揉むと称して色々悪戯をしてくる。「提督を遊ぶのは飽きない」などの発言もあり、加減を知らない子供っぽい邪気さが伺える。

上記の身体的特徴や悪戯好き、「イク、行くの!」等の危険過ぎる発言をすることから、実装から数日後には静画に対して「泳ぐ18禁[外部]」のタグが付けられてしまった。
彼女を入手できるイベントの限定域1面の難度が較的低めであった事が、認知度の向上に拍をかけた節もある。

公式四コマでの活躍

公式四コマでは第12話のイムヤ・ゴーヤの本格登場に関連して名前のみ登場していた。
(※イムヤ&ゴーヤが実際に初登場したのは第8話)
その際、イムヤにメールを送っていたようで……。

差出人:伊19
宛先  :伊168
件名  :ごめんね~
忘れ物したから
とりにいってくるね
先に行ってて(><) ノ

この忘れ物と言うのは先述の通り音収録し忘れの事。
「とりにいってくる」が平仮名なのは伊19の頭が足りていないからではなく、「録りに」と「取りに」をかけたものだろう。

実際にイクが公式四コマに登場したのは第25話で、はっちゃんと共に登場となった。しかし、この時点で既にオリョールクルージングで酷使されている様子である。


初心者は注意!


伊19は先述の通り、2013年イベント決戦!鉄底海峡を抜けて!」の第1クリア報酬として手に入るものであり、イベントに参加した提督ならばどの人が入手に成功していたであろう。
しかし、入手が容易であったとは言え先行実装であり、正式実装されるまでは建造でもドロップでも手に入らなかったし、実装されたところで確実に自分の手に入るとは限らない。
にも関わらず、他の先行実装の艦とべて伊19沈させてしまったという報告が非常に多かった

潜水艦水上艦とは挙動の違う艦で、戦艦空母などの強な艦からは攻撃をされないという反面、装甲や耐久などのスペック駆逐艦以下の極めて脆い艦である。
そのため、潜水艦を沈ませずに効果的に運用するには、潜水艦という艦種に対する知識を持ち、ノウハウを身につけないといけないのだが……E-1クリア報酬と言う低すぎる難易度が災いしてしまったようだ。

イベント直前に伊168が正式実装されてはいたが、当然ながらそこで初めて潜水艦を手に入れた提督は少なかったであろう。伊19どころか潜水艦自体に触れた事がなかった初級者提督は、よく分からないまま手に入れた伊19戦場に出してしまい、そのまま沈させてしまったのである。

ゲームを始めたばかりの頃は沈条件やダメージによる低下についてよく理解できていない場合が多いのに加え、演習で見かけたことがある相手潜水艦に苦労したこの頃まで、演習では彼ともに単縦固定であった。対潜装備をえないと相手の潜水艦にきちんとダメージを通すことは難しいうえ潜水艦撃も刺さりやすく、潜水艦含みの艦隊にS勝利を収めることは至難の業であった。経験から潜水艦耐久について誤解している事も多く、中大破してもお構いなしに進軍させてしまって沈というパターンが多かったようである。

その後、2013年12月24日から2014年1月8日まで開催されていた限定イベント域「迎撃!霧の艦隊」では、E-3中部太平洋域」のほぼ全マップにおいて獲得可となり、通常域においても2014年2月26日アップデート解放された南方域5-4のボスドロップとして正式実装された。レベルが足りていれば、1-5中およびボスでもドロップする。

余談であるが、同じイベントでの先行実装潜水艦伊8」についてはこういった沈報告はほぼ見られなかった。
あの難所の魔域E-4をクリアできるほどのベテラン提督しか獲得できなかった艦なので、当たり前ではあるが。


イクの史実が、うずうずしてるの!


巡潜ネームシップから15とも呼ばれる)は、先行配備されていた甲9)から旗艦設備を撤去したタイプで、合計20隻が就役し、日本海軍潜水艦の中で最も活躍したクラスである。戦争中も良が続けられており、一を経て、ゴーヤこと伊58でお染み改二まで続いている。このあたりの番は、駆逐艦の特I~特IIIのような関係である。

その巡潜の3番艦「伊19」は、1941年4月28日三菱重工神戸造船所で工した。同年12月8日の開戦時には第二潜水艦隊に所属。僚艦2隻とともに真珠湾攻撃に向かい、空母機動部隊の前を担当した。機動部隊による攻撃が終了した後はハワイ方面の監視およびに従事。10日、6が発見した空母めて索敵しているうちにアメリカ西海付近に辿り着き、ロサンゼルス通商破壊を開始。大貨物船を2隻撃沈している。1942年1月5日西海からの帰路に偵察機を飛ばして珠湾の偵察を敢行しクェゼリンへ帰投。2月1日、そのクェゼリン米軍機の襲撃を受けたが損かった。その直後に伊19装工事を受け、飛行機格納筒を航空燃料用の補給タンクに改造。これは「K作戦」で再度珠湾を襲する2機の二式大艇に燃料を補給するための装だった。K作戦発動後、伊19は途中で上に降り立った二式大艇に燃料を補給した。
同年5月からは、北方アリューシャン方面に進出。ダッチハバーの偵察や、そしてアリューシャン作戦支援した。6月30日北方での作戦を終え、7月7日横須賀へ入港。船体の整備を行った。伊19の次なる任務は、南方へ進出し、ペナンシンガポールを拠点にインド洋で通商破壊を行うはずだった。
しかし8月7日ガダルカナル島米軍が襲来。ソロモン戦線が形成され、伊19は急遽ソロモン方面への派遣が決まる。当初、ソロモン域で通商破壊を行っていたのは第七潜水艦隊所属の旧式潜水艦5隻のみであった。これだけの戦では足りないと判断した上層部が、増援として最新鋭の伊19を送り込む事にしたのだ。8月中旬、横須賀を出港し、9や15、17などの潜水艦とともにソロモン方面へ急いだ。伊19たち潜水艦隊は東京湾を出て、父島東方を航行。順調に南下していったが、8月20日頃から敵爆撃機襲に曝されるようになり、敵機が放った爆弾彼女たちを襲った。が、急速潜航する事で難を逃れている。敵の攻撃を受けたため間は潜航、間は水上航行をし、的地に向かった。8月24日、サンクリスバルサンタクルーズ付近に配備を了した。
25日と26日に敵機動部隊を発見するも姿勢と距離が悪かったため攻撃できず、見逃すしかなかった。
29日、ヌデニのグラシオサ湾に飛行偵察を行い、31日には同地の飛行艇基地を14センチで攻撃する。しかし大した損を与えられなかった。同日、僚艦の伊26から「レキシントン航空母艦を攻撃し、これを撃破」との報告を受ける。
作戦遂行中の1942年9月15日ソロモンサンクリスバル南東にあるニューブライいて、「伊19」は敵空母機動部隊を発見する。これは、ガダルカナルへの増援部隊を護衛していた小正規空母ワスプ」の率いる第61任務部隊の第18任務群だった。

少々話が逸れるが、この「ワスプ」という空母は、ヨークタウン空母ヨークタウン空母には、イムヤが沈めたことでお染みの「ヨークタウン」、「秋雲」「巻雲」がとどめを刺した「ホーネット」、ビッグEでお染み「エンタープライズ」の3隻がいる。を縮小して作ったものである。なんでわざわざそんなことをしたかといえば、日本海軍も色々苦労させられたワシントン軍縮条約がその理由である。ヨークタウン空母排水量2万5000トン)を3隻作ってみたら、まだ空母用の排水量割り当てが2万トンほど余ってたので、その余った分ぎりぎりになるようにヨークタウンを縮めて小空母作ってみた、というのがこの「ワスプ」である。
ちなみに“小”といっても、排水量が2万トンということは「蒼龍」「飛龍」の二航戦コンビと同程度の大きさを持つわけで、立な正規空母である。

さて、「伊19」は見つけた獲物の「ワスプ」に対し、迫して魚雷攻撃を仕掛けた。14時45分頃、発射した必殺の酸素魚雷ちなみに「伊19」が搭載している酸素魚雷は、ハイパー北上さまでお染み九三式ではなく、それを潜水艦用に細くした九五式である。「艦これ」でいえば、イベントで初登場した「53cm艦首酸素魚雷」が、この九五式酸素魚雷にあたる。入手したら是非イクさんに装備してあげよう。6発のうち3発が「ワスプ」に直撃。「ワスプ」は艦載機が搭載していた爆弾誘爆し、さらに補給中だったガソリンへ火が回って爆発を起こし、深刻な損傷を受けてしまった。さらに間の悪いことに、要な消火栓がその損傷のせいで壊れてしまい、消火活動不可能になる。火災弾薬爆弾ガソリンの引火に至るまで続き、「ワスプ」は10~15度ほど右舷に傾斜した状態で流出したオイルガソリンにより周囲の面が燃え上がるという壮絶な状況になり、ついに総員退艦命の後駆逐艦「ランズダウン」によって撃処分された。


次へ»
最終更新日: 20/10/14 21:46
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ