ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


伐折羅-vajra-


ヨミ: バサラ
掲示板をミル!
38カキコ!

伐折羅-vajra-とは、REFLEC BEAT groovin'!! Upper収録の楽曲の1つである。


概要


アーティスト DJ TOTTO VS
BPM 173
譜面難易度 REFLEC BEAT(旧譜面)
BASIC MEDIUM HARD SPECIAL
6 9 12 -
(悠久のリフレシア以降)
BASIC MEDIUM HARD WHITEHARD
8 11 15 -
SOUND VOLTEX
NOVICE ADVANCED EXHAUST GRAVITY
7 13 18 -
エフェクト PHQUASE VS 深瀬 -
ジャケット 07

The 4th KONAMI Arcade Championshipの決勝ラウンドで初披露となった楽曲。
海神」 「鬼天」に続き3作和風シリーズとなる。なお、言うまでもないがこれは「tripping contact」「Never Fade Away」といったように自演名義である。

「伐折羅」とは仏教として伝えられる十二将の1人であり、名にして「ヴァジュラ」とも呼ばれる。

ボス曲メーカーTOTTOとだけあり譜面はかなり悪な全体難。同名義曲である「海神」を強化したように複雑かつ、認識難の配置が絶え間なく降り注いでくる。VOLZZAのクラスチェックモードでは最高クラスの「」で3曲悠久のリフレシアでは1曲に用意されているだけあって、現在でも最難関クラス難易度を誇っている。
このように彼は新曲を出すたびに譜面難易度が上がる一方であり、VOLZZAでは背徳と絶望の最後の番人との合作でまたしても最高難易度更新してしまった。

2016年2月25日には、POLISY BREAKSOUND VOLTEX移植された。
KAC最優秀楽曲以外でADVANCEDが13と付けられた曲はveRtrageSに続いて2曲となる。


公式に振り回された楽曲獲得条件


本曲はプレーや解禁手段について公式側に色々振り回されていたクチがあり、ある意味では当時のREFLEC BEATシリーズにおける迷走や負の側面を徴したかの様な内容になっているのは皮にしかならない。

本曲は事前に行われたリフレクダービーの的中者に解禁されたが、一番予想の集まる予選上位のプレイヤーが1回戦で脱落したために数多くのプレイヤーが涙をむこととなった。

それからしばらくの間は、本曲自体が未解禁曲セレクトオプションの対という事もあってか的中者以外のプレー手段が存在しない状態がしばらく続いていたが、KAC開催から半年経過した後8月19日より開催された「耀け!伐折羅」という解禁イベントでようやく再獲得のチャンスが訪れることになった。イベント内容はスライム状の生物を育てる物で、イベント進行でThe 4th KAC DJ TOTTO's SELECTIONの再獲得や追加SP譜面アイコンも獲得できたが、貢がされるタイプイベントの割には、イベントの期間自体が他のgroovin'!! upperのイベント群の例にならって9月2日までの2週間と短期間であった。
イベント参加を逃した場合は、9月27日に行われたリフレクショップへのイベント解禁曲大量入荷の際にも本曲は入荷されず、groovin'!! upperの稼働期間内は再びプレー手段を失ってしまう事に。

その後10月28日より稼働した次作VOLZZAでは、譜面別の解禁ではあるがゲーム終了後に表示されるガレージでVOLZZA KEYを用いる事により、ここでようやく常時解禁できるようになった…のは良かった。各譜面の解禁に必要なVOLZZA KEYは数こそ20以上と多い割には、VOLZZA初期における獲得可なVOLZZA KEYの量が異様に少なかった稼働初期におけるVOLZZA KEYの入手条件は不定期で行われたスタッフマッチングの報酬以外は「譜面を初めてプレーorフルコンボ」のみ。入手仕様の関係で1プレーでもコインプレーだと最大で6個、パセリプレーだと8個までしか入手出来ない。加えてフルコンボを達成出来ないとKEYの獲得量が3~4個辺りまで低下したり、初めてプレーorフルコンボする譜面を対とするため連奏すると一つも入手出来なくなってしまう事から、旧バージョンの楽曲にも関わらず楽曲解禁の際に結構なプレー回数を要してしまう。とはいえ、同作にて実装されたプレーシェアを使用すると未解禁の楽曲を種類問わずプレーする事が出来るので、本曲を解禁したプレイヤーが付近にいるときに限るがgroovin'!! upper時代よりはマシといったところか。

本当の意味で楽曲を気軽に解禁出来るようになったのは、年が明けた後に行われた2016年1月27日アップデートでVOLZZA KEYの獲得手段が大幅に増加してから。更にその後稼働開始したVOLZZA 2ではデフォルトで解禁され、悠久のリフレシアでの復活の際も配信時よりデフォルトプレーできる。

なお、本曲は後にSOUND VOLTEXPOLICY BREAK経由で移植されている。ポリブレ自体は不定期で行われるイベントの関係で、解禁不可能期間もかつてのgroovin'!! upperと同じく半年以上の長期になる可性もある…のだが、現在REFLEC BEATはThe 7th KACの選考対外機種になった事を事実上の更新終了に追い込まれてしまった。これにより現状ではRbPOLICY BREAKの開催及びSOUND VOLTEX側での楽曲解禁も絶望的な状況にあると言っても過言ではいだろう。


関連動画



■sm25948178[ニコ動]

■sm25589677[ニコ動]
■sm28296206[ニコ動]


関連コミュニティ


■co537258


関連項目



最終更新日: 18/05/25 23:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ