ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


伝説シリーズ


ヨミ: デンセツシリーズ
掲示板をミル!
72カキコ!

伝説シリーズとは、西尾維新によるライトノベル小説シリーズである。

(ただしどの巻も辞書かと思うほどページ数が多く、分厚い。)


概要


人類をせんとする「地球」と、それを阻止しようとする人々の戦いをテーマにした長編小説

「大いなる悲鳴」と呼ばれる大災害により人類の3分の1が死に絶えた世界舞台に、科学魔法を用いて「地球」へ対抗しようとする人々の姿が描かれる。

講談社ノベルスから『西尾維新史上、最長巨編』と銘打って2012年に刊行され、2013年に『悲痛伝』『悲惨伝』『悲報伝』『悲業伝』が発表されたことにより『伝説シリーズ』としてシリーズ化が決定した。


登場人物



地球撲滅軍


地球撲滅軍
「大いなる悲鳴」を引き起こしたとされる地球から人類を保護することを的とした大規模な秘密組織。
非常に高度に発達した科学技術と組織を駆使して活動を行う。
的の為には手段は選ばず、多少の犠牲は気にしないような体質であり人体実験拉致、大量虐殺政治への介入など、倫理的に問題のあることをやってのけるようなブラック組織でもある。
(そらから・くう):コードネーム『醜悪(グロテスク)』
この物語主人公。『悲鳴伝』の時点では13歳。『悲亡伝』の時点で14歳
学校では野球部に所属していた。左利き
普通中学生だったが、ある日を地球と人類との戦いに身を投じていくことになる。
感情がほとんど欠落した人格を有する。本人もそれを自覚し、隠しながら生きてきた。
普通の感性を持つ人間が認識すると感動の余りが潰れ、戦意を喪失すると言われている「地球」を殺すため、彼のパーソナリティをつけた地球撲滅軍に拉致スカウトされる。
軍からの支給品は透明スーツグロテスク』と、擬態を見破るゴーグル『実験』(いずれも命名は々)。
正直なところ怪人と戦うより人間と戦っている場面の方が多い。
个(けんどう・けんか):コードネーム『寸刻み』。
地球撲滅軍の実戦部隊「第九機動室」に所属する少女。年齢はおよそ18歳
から々のスカウト、及び世話係という名の監視役を任され、彼と一つ屋根の下で暮らすことになる。
牡蠣垣閂からは『失敗した英雄』と呼ばれるなど、軍の中における待遇はあまりよくない。
軍からの支給品は自動で敵を殺戮する大太刀『破壊丸』と特殊仕様剣道着。
感情的かつ情緒不安定な人物でもある。
絶対平和リーグとの間に繋がりがあるようで、『悲痛伝』以降も同組織の魔法少女から名前が挙がることも。
氷上法被(ひがみ・はっぴ):コードネーム『火達磨』。
第九機動室に所属している若い男性に制圧、殲滅といった大規模作戦を担当する。
軍からの支給品=施された人体改造は極めて高い温度を持つ灼熱の血液『炎血』。
バトルマニアで、元放火魔。懲役を免除される代わりに軍に所属している。どう考えても悪役
氷上生(ひがみ・なみうみ):コードネーム焚き火』。
氷上法被のであり、同じく軍に所属している。20代半ばくらいの女性
『悲痛伝』以降の々の直属の部下を務める人物。々にはとても忠実。
常に冷静で、感情をあまり表に出さない人物。クールビューティー。
支給品はと同じ「炎血」。ただし、暴走を恐れた軍により法被のものとべて出が抑えられている。
その年齢で魔法少女コスはさすがに・・・。
左在存(ひだり・ざいぞん):コードネーム』。
不明室室長の左右左危と飢皿気マッドサイエンティスト母親によって数々の物を投与されており、7歳とは思えないほど饒舌。軍からの支給品は首輪の形をした装置『共鳴環』。
(はなや・しょう):コードネーム蒟蒻』。
々の古くからの友人で、学校先輩だった人物。自ら希望して軍に入隊。学校に通うながら軍にも所属している。第九機動室の副室長であり、機動室設立の立役者だと言われている人物。
隊内で一『火達磨』の暴走を制することができるとされる実者。現場義らしい。
軍からの支給品は身はおろか影すらも不可視な『透明』。正式名称は不明(シャレた名前らしい)。
牡蠣垣閂(かきがき・かんぬき):コードネーム飲み話』。
第九機動室の室長々やの直属の上にあたる20代くらいの男性
紳士的な態度をとり、立場に反して々に敬語を使ったりするが、に対してはやや冷たい。
とともに、「大いなる悲鳴」の生存者に対する軍へのスカウトを担当していた模様。
支給品は詳細不明の液体。から「紅茶」と呼ばれており、牡蠣垣の気配を遮断するを持っていた。
『悲鳴伝』の後、何の音沙汰もなく、いつの間にか消えてしまった。
左右左危(ひだりうさぎ):不明室室長
その存在は地球撲滅軍でも一部しか知らないとされる極秘開発部署「不明室」の室長
頻繁に白衣をまとって現れる女性。非常に優秀な科学者。
その天才的な頭を活かして戦略兵器「悲」を完成させる。
しかし、あまりにも不明室内部でも異端だったため、後に彼女は悲プロジェクトから外されることになり・・・。
この作品の中でも特に道徳観が欠如した人物。人体改造などを気で行うマッドサイエンティストである。
『非業伝』で魔法少女と化した彼女の姿は生の視点からはおぞましい何かのように描写される。
左右左危の母親
(ひれん):大量破壊兵器
不明室が開発した地球撲滅軍の戦略兵器

地球撲滅軍に関連する人物


飢皿木きさらぎうなぎ) :お医者さん。
小さな診療所を開いてる他、スクールカウセラーなども行っている。実際には撲滅軍と繋がりがあった模様。
何人かの要人物が彼のもとを訪れ、自身の人格に対する相談や、心理カウンセリングを受けている。
彼と会話するシーンがある人物は総じて精的に問題を抱えている者ばかりである。
この小説において、独特な精状態のキャラの内面をわかりやすく読者に解説してくれる人物。
かつては妻帯者だった模様。

絶対平和リーグ

絶対平和リーグ
四国に本拠地を置く対地球組織。地球撲滅軍から見れば同業者にあたる勢
絶対平和リーグ独自の、謎の技術魔法」を駆使して活動を行う。
構成員の多くはあちこちから勧誘されてきた十代の少女達『魔法少女』によって構成されている。
魔法の原理も含め、多くのに包まれた組織。魔法少女の中でも、詳しい情報を知るものはほとんど居ない。
実際のところは少女を大量に連れて来て、詳しい情報を与えずに武装をさせて危険な任務に就かせるという、撲滅軍と大して変わらないレベルブラック組織でもある。
『悲痛伝』以降、物語が進むにつれて、同組織の実態が徐々に明らかになっていく。

魔法少女/魔法少女製造課

伝説シリーズにおける『魔法少女』とは、専用の飛行を持ったコスチュームと、『固有魔法』の行使に用いる魔法のステッキ『マルチステッキ』を支給された、十代の少女達から成る絶対平和リーグ戦闘員
全体的に短命らしく、本編に登場する魔法少女は、ほぼ全員中高生ぐらいの年齢である。
各地でスカウトを受けた彼女たちは、研修を受けた後専用の装備を支給され、各地方チームに配属される。
魔法少女製造課は、彼女たちの教育や人事、『固有魔法』の開発などを行う部署。彼女たちの上でもある。

ヶ湯原作(すかゆ・げんさく)

 魔法少女製造課課長。左博士や飢皿木先生との知り合い。

チーム『サマー』

 香川県を中心に活動する魔法少女チーム。変わり者が多いらしい。

登檻證(のぼりおり・しょう) 魔法少女メタファー』
香川県出身。若干偉そうだが、較的フレンドリーで明るい性格が特徴。
秘々木まばら(ひびき・まばら) 魔法少女パトス
香川県出身。チーム『サマー』のリーダー
手袋鵬喜(てぶくろ・ほうき) 魔法少女ストローク』
感受性が高い、感情的で思い込みしい魔法少女
臆病な性格をしていて、魔法少女という立場に対して深い思いと誇りがある様子。彼女も幼いころに、飢皿木によるカウンセリングを受けた人物でもある。
杵槻鋼矢(きねつき・こうや) 魔法少女パンプキン
最年長の魔法少女。ほかの魔法少女たちにべて、何処か斜に構えた態度をとっている。魔法少女の中でも孤立している。帰属意識が薄く、柔軟な発想ができる努
生き延びるのに長けた少女

チーム『ウインター』

 徳島県を中心に活動する魔法少女チーム魔法少女アスファルト』いわく『弱っちいチーム』。

地濃(ちのう・のみ) 魔法少女ジャイアンインパクト
常に利己的、かつ極めて楽観的でマイペースな性格が特徴的な魔法少女
組織内では素行不良で、かつその行動は予測不能であり、チーム『ウインター』の中でも一人浮いていた。
都度井浮世(つどい・うきよ) 魔法少女キスアンクライ
臼討議(しらうす・とうぎ) 魔法少女マゴットセラピー』
木つづり(ぎょちょもく・つづり) 魔法少女『スピロラム
ドドゥ・ミュール 魔法少女ゲストハウス
ロシアの対地球組織『道徳局』からの交換留学生トゥシューズ・ミュールというがいる。

チーム『スプリング』

 高知県を中心に活動する魔法少女チーム。武闘と呼ばれている。チームオータム』とは不仲。

 徳島県を中心に活動する魔法少女チーム魔法少女アスファルト』いわく『弱っちいチーム』。

忘野塞(わすれの・ふさぎ) 魔法少女アスファルト』
チーム『スプリング』のリーダーを務める、落ち着いた雰囲気の魔法少女
ほかのメンバーへの強い信頼と、組織へ対する深い帰属意識を持っているような言動が特徴的。

賀井縁度 魔法少女『ベリファイ』
 高知県桂浜にて、を襲撃した『砂使い』の魔法少女

まなこ 魔法少女フローズン
 戦争の最終局面において、チームオータム』の迎撃に打って出た魔法少女のひとり。

矢庭ゆべし 魔法少女『デシメーション』
 愛媛県を潰滅させた魔法少女

幟 魔法少女ベリーロール』
 戦争の最終局面において、チームオータム』の迎撃に打って出た魔法少女のひとり。

チーム『オータム』

忘野阻(わすれの・はばみ) 魔法少女クリーンナップ』。
チームオータム』のリーダーを務める、明るい雰囲気の魔法少女
ほかのメンバーへ対する深い仲間意識を持っており、彼女たちのことを大切に思いやるような言動が特徴的。
五里恤(ごり・じゅつ) 魔法少女『ロビー』
魔法少女最年少。何を考えているかわからないと言われ、杵槻鋼矢からは『空気が読めない』とも言われた。
竿沢芸来(さおざわ・げいらい) 魔法少女ワイヤーストリッパー』
チームオータム』のメンバー戦争の最終局面にて、と衝突。
品切しめす(しなぎり・しめす) 魔法少女カーテンレール』
品切ころも(しなぎり・ころも) 魔法少女カーテンコール
チームオータム』の魔法少女双子姉妹である。

チーム『白夜』

 魔法少女たちの間で、噂されるチーム四国ゲームでは暗躍していた。


次へ»
最終更新日: 18/09/01 01:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ