ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


低脳


ヨミ: テイノウ
掲示板をミル!
66カキコ!

低脳とは、「低誤変換から生まれたネットスラング」とか「辞書を引いても載っていない」と言われがちだが、実際は明治時代からあり、辞書にも載っていて、太宰治坂口安吾も使っている日本語である。

とま子  またはじまった。ええ、ええ、あたし馬鹿で、間抜けで、気が利かなくって、ぼんやりで、低脳よ。
卯一郎  どれもみんなおんなじこった。
-岸田『医術の進歩』
昭和9年発行の『職業』[外部]より。適宜現代的表記にめた。

概要


「低」は明治時代にドイツ語の訳として考案された日本語で、当初は「精神病健康の中間状態(それゆえ責任が低い)」を意味する医学であった。

「低脳」の最古の用例として、明治時代の文献にて、この「低」の誤記と考えられる「低脳」の記述(「低脳者」という形ではあるが)を確認できる(『監獄協会雑誌』第15巻第1号、明治35年、13ページ[外部])。

「低」は医学としては定着しなかったものの、明治から大正期の教育界において、特に「低児」という形で多用され、一般社会にも浸透していったが、一般化した「低」は当初の意味から変化し「知が低いさま・もの」を表すになった。

「知が低い」という意味で一般化し「バカ」や「間抜け」と類義になった「低」は「低脳」とも書かれ、当時の文学作品にも見られる。

「低脳」は、日本最大の国語辞典と呼ばれる『日本国大辞典』にも収録されている。


そもそも「低能」とは?


現在は「知が低い」という意味で使われる「低」だが、つくられた当初はそのような意味ではなかった。

「低」は、日本医学と呼ばれる片山博士が、明治時代後期に考案した言葉である。

なぜ法医学(当時は裁判医学と呼ばれた)者の片山が「低」という言葉をつくったかというと、限定責任日本刑法に導入するためであった。

当時の日本刑法には、現行刑法39条に「心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。」とあるような限定責任の規定はなく、責任は「ある」か、「ない」か、つまり正常か、知覚精を喪失して善悪を判断できない状態か、の区別しかなかった。

片山は「ある」か「ない」かの中間の、限定責任日本刑法に必要だと考え、ドイツ医者コッホによるドイツ語psychopathische Minderwertigkeit」を訳して(精神病的)「低」とし、「健康精神病の中間状態」を意味する言葉として用いた。

つまり、明治時代に考案された当初の「低」の「」とは、「知」のことではなく、「善悪を判断する」や「責任」のことであった。

片山は新刑法に「低者」という言葉を盛り込むことを望んだが、結局は採用されなかった。

ちなみに、「低」のになったコッホの概念psychopathische Minderwertigkeit」は、現在広く使われる「サイコパス」の先駆けとして知られている。

「低」は片山のもとで助手を務めた三郎によって教育学に導入され、20世紀初頭の教育界で「低児」という形で多用されることになった。

ただし、教育界における「低」は片山が考案した当初の意味から変化し、「の低いこと」を意味するという共通認識はあったものの、統一された明確な定義付けがされないまま、多くの教育関係者によって、多様な使い方をされていた。

教育界で流行した「低」は、一般社会にも浸透していったことが、当時の新辞典類で確認できる。

しかし、一般化した「低」は、片山の考案した当初の「精神病健康の中間状態」、「責任が低い」という意味から離れ、現在と同様の「知が低いこと・もの」を表す言葉になっていた。

例えば大正6年の『大日本国語辞典』[外部]には「智の発育の甚だしく不良なること。」、『最新現代用語辞典 大正拾四年版』[外部]には「人並みのを持ってゐないもの幼時膜炎にったものによくある。普通間抜馬鹿の意に用ひられる。」という釈が書かれている。


文豪たちも使った「低脳」


「低脳」の確認できている最古の用例は、概要に例示した明治35年の『監協会雑誌』に掲載された、「低」考案者である片山嘉の講話録中にあるのだが、片山による前後の用例はすべて「低」になっていることから、これは講話を記録した者による誤記と考えられる。

医学上の「低者」の誤記と考えられる「低脳者」は『朝日新聞明治395月6日刊にも見られる。

「低」流行期の教育関係の文章においても、記者等による誤記と考えられる「低脳」が確認できる。

文学においては、青空文庫を手がかりに調べるとわかるが、坂口安吾が「低脳」をよく使っている。

他に、大正末の江戸川乱歩パノラ奇譚』(単行本収録の際、「低」に書き換えられていることもある)や、太宰治処女小説集『晩年』に収録された『道化』での使用も見られる。

冒頭に掲げたように、「馬鹿」、「間抜け」、「気が利かない」、「ぼんやり」を列挙し、登場人物にどれも同じことだと言わせている岸田士の例もある。


「低脳」は誤記なのか?


(この節では一編集者の私見を述べさせていただきます。)

見てきたように、「低」はすでに明治時代から「低脳」と書かれることがあった。

これは「低」の「ノウ」の音が精・知る器官「」と同じであることによるものと考えられる。

また、「」という言葉も当時使われていたから、「が低い」という意味で「低脳」を使用した者もあるかもしれない。

精神病健康の中間状態」を意味する法医学・精医学として考案され、用法が拡大しつつ20世紀初期の教育学で流行した学術用としては「低」が正しく、「低脳」は誤記である。

しかし、「知が低い」という意味になり、「バカ」や「アホ」や「間抜け」の類義として一般に定着した「低」は「低脳」と書いても誤記とは言えないんじゃないか、より俗な印を与えるが、使いたい人は使っていいんじゃないか、というのが私の意見です。


「低脳」の載っている辞典、間違いだと書いている辞典


概要に述べたように『日本国大辞典』には「ていのう」の漢字表記として「低」と一緒に「低脳」が収録されている。

国語大辞典言』と『日本俗語大辞典』にも載っている。

「低脳」と書くのは誤りと書いている辞典もある。

『新選国語辞典』と『現代国語表記辞典』である。

ちなみに、『日本国大辞典』と『新選国語辞典』はどちらも小学館から出版されている。

同じ出版社が出している国語辞典であっても、編者ごとに、辞書ごとに、編纂方針が異なる例と言える。

なお、冒頭に述べた、「低脳」は「低」の誤変換であるとか、「新しいなので、国語辞書を引いても載ってない」といった情報が載っていたのは、ニコニコ大百科の当項の古い版である。


関連項目



最終更新日: 20/06/03 20:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ