ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


佐々木只三郎


ヨミ: ササキタダサブロウ
掲示板をミル!
2カキコ!

佐々木只三郎(三郎)とは、幕末の幕臣、京都見廻組与頭である。


概要


保4年(1833年)、会津士・佐々木八の三男に生まれる。諱は泰、後に高城。実会津用人・手代木直右衛門がいる。

校日新館にて神道精武流剣術大内槍術を学び、また、歌人鈴木大之進から和歌を学んだ。特に小太刀に長け、「小太刀をとっては日本一」と称された。

万延元年(1860年)頃、江戸に出府し、御書院番与佐々木弥太夫の養子になる。

文久3年(1863年)2月、浪士組(新選組の前身)の取締役出役に任じられ、京都に向かう。京都に着くと、浪士組の黒幕清河八郎江戸で攘夷を実行するとして江戸に戻るとこれに同行。4月13日、幕府高官の密命によって清河殺揮した。

元治元年(1864年)4月、幕府が京都見廻組を発足させると、6月に見組与頭勤方に任命された。慶応元年(1865年)12月、与頭に昇進し、実質的に見組を統括するようになる。

慶応3年(1867年)11月15日、見組隊士数名を率いて醤油近江屋に潜伏していた坂本龍馬中岡慎太郎を襲撃、殺揮した。

慶応4年(1868年)1月伏見の戦いにて隊士約400人を率いて参戦。6日、被弾して紀州に逃れたが重傷のため12日に紀三井寺で死亡したとされる。近年見組隊士の回顧録が発見され、それによると戦いで重傷を追った佐々木は、紀伊由良まで逃げ延びて旧幕府軍艦富士山丸に治療のため乗船したが間もなく死亡し、遺体は葬したとされる。


関連動画



■sm11116957[ニコ動]

■sm1972042[ニコ動]


関連商品


■az4059000353
■az4569690653
■az4404037694
■az4309409857


関連項目



最終更新日: 10/09/23 23:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ