ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


佐倉慈


ヨミ: サクラメグミ
掲示板をミル!
345カキコ!

佐倉慈さくら めぐみ)とは、「がっこうぐらし!」の登場人物である。アニメCV茅野愛衣実写映画版ではおのののかが演じた。


アニメ版概要


私立巡ヶ丘学院高等学校国語教師
学園生活部の顧問を務めている。
称は「めぐねえ」だが、本人は「佐倉先生」と呼ぶように導している。しばしば「めぐね」と書かれるが誤り。

事件当日、母親からのメールによって事件を知り、ゆきと共に屋上の菜園を訪れていた事でゾンビの襲撃を逃れる。その後は現学園生活部メンバーらと協して生活していたが、まだ今ほど安全圏が広くなかった頃にゾンビの襲撃を受け、その際に3人をかばう形で命を落としゾンビ化。その後は地下の緊急避難エリアしている。

劇中に登場するめぐねえは一部の回想を除きすべてゆきが創り出した妄想であり、伏線自体は1話から十二分にられていた。それを一気に回収したアニメ6話ではゆきがめぐねえに渡したラジカセが床に落ちるシーンが挿入され視聴者を戦慄させた。そして、7話以降ゆきによる妄想のめぐねえは視聴者側には見えなくなった。

10話では太郎丸を探しに地下の緊急避難エリアに向かったくるみゾンビ化しためぐねえと遭遇。動揺して動けなくなった彼女を噛み、感染させてしまう。

クリスチャンであったらしく、常にロザリオを首から提げている。部員たちが彼女の為に建てた墓も十字架であった。


原作概要(ネタバレ項目につき反転)


第1話の時点ですでに故人で、ゆきの妄想の中にのみ存在している。明確に明かされたのは第13話(アニメ第6話)であるが、それ以前からもゆきが彼女に話しかけるなり、言及するなりするまでりーさんくるみからいないかのように扱われていること、もいなかった場所に突如として現れること、第3話アニメ第1話)でリボンがまかれた墓が登場することなど、随所にその死を示唆する描写が見られた。

学園の生存者の中でただ一人の「大人」として、初期の学園生活部の避難生活を率いた。教師であるにも関わらず、何も出来ない状況に感を感じていたが、りーさんの「ただ学校で暮らすだけだと疲れるから、学校の部活ということにしよう」という提案を受けて、彼女とともに学園生活部を作り、その顧問となった。

学園生活部を立ち上げ、ある程度安定した生活が送れるようになってからは、事件以降特に落ち込みがちだったゆきが元気を取り戻し、その様子に安堵していた。しかし、ゆきの精が徐々に退行し始めるようになると(くるみが言うところの「元気になりすぎた」)、ゆきの笑顔を望んだばかりに学園生活の幻想を創り上げ、あまつさえゆきの精退行を好ましいと感じていた自分に気づき、罪悪感に苛まれるようになる。

そんな彼女に、職員室で回収した教師用緊急脱出マニュアルが更なる追い打ちをかける。彼女はあくまでただの教師であり、ゾンビに関することは何も知らなかったが、自分がゾンビ化をした元末端にいたこと、何も知らなかったせいで子供達を災厄に巻き込んでしまったことに気づいて思い詰めるようになり、学園で生き残った最後の「大人」として、自分一人で責任を背負い込んでしまう。この頃の彼女ノートには、自らの死を予感したかのような「これはたぶん遺書だ」という言葉とともに、「いつか、もしあの三人がこの学校から笑顔で出られるのなら、そのためなら私はどうなってもいい」という、彼女の悲壮な決意がられている。

にも、大量のゾンビに襲撃される事件が起きたことで、この言葉は的中する。状況ははっきりしないものの、ゾンビの襲撃から守るために教え子達を放送室に避難させ、自身はゾンビに襲われて噛まれてしまう。教え子達を襲う亡者の群れの一員となりかけた彼女だが、教え子達の呼びを聞いて一時的に正気を取り戻し、彼女達を襲ってしまわないように地下に隠れ、そこで全にゾンビと化した。この事件の衝撃で、ゆきの精全に退行をきたし、彼女妄想世界に暮らす決定的な原因となってしまう。

この事件以降教え子達の前からは姿を消していたが、緊急脱出マニュアルを読んで地下の偵察に向かったくるみが、ゾンビ化した彼女と遭遇。動揺したくるみ彼女を倒すことができず、噛まれて感染してしまう。彼女はなおも地下をさまよっていたが、くるみを救うためにを探しに来たみーくんによって倒され、永遠の眠りについた。

原作第4巻によれば、(はっきりとは描写されていないが)地下室に辿り着いた彼女は、正気を失う前に最期のを振り絞って、ゾンビ化の実験などが入った医薬品を、棚から取り出して床に置いていたようである。後にやってきたみーくんは小さな血の手形のついた医薬品をすぐに見つけ出し、を持って引き返す事ができたが、この時りーさんゾンビ化しかけたくるみに怯えきっており、くるみ包丁を突き立てる寸前まで追い詰められていた。もし、みーくんを探すのにほんの僅かでも手間取っていたとしたら、くるみを殺したりーさんの前にが届くというミストばりの最悪の事態になっていただろうことは想像に難くなく、他の3人の士気に与えた影も計り知れなかったはずである。彼女の最期の優しさが、くるみの生命や他の部員たちを救ったと言えるだろう。

その後、学校に現れたヘリ墜落事故を発端に、学校全体を巻き込む大火災が発生。火災の煙に巻かれそうになったりーさんとゆきの前に、彼女と思しき人影が現れ、安全な地下へのし示し、教え子達の生命を救った。そして、一連の事件の前後から、ゆきの精にも少しずつ回復の兆しが見て取れるようになっていく。

こうして、ある一人の教師の慈に支えられた学園生活部の4人は生きて「卒業」を果たし、新たなへと進んでいくことになる。

『ごめんね・・・みんな』

せんせい・・・ここまで・・・だから・・・』

『また・・・あえるかな・・・』


実写映画版概要


映画版では保健室の先生養護教諭)になっている。
事件前より保健室にて、陸上部でよく転ぶ胡桃保健室登校の由紀、顧問を務める園芸部長里と関わりがあった。また、前日譚となるオリジナルドラマ『がっこう××× 〜もうひとつのがっこうぐらし!〜』ではその他多くの生徒に慕われていた様子がうかがえる。
事件後程なく(美紀合流前)、安全が確保されていなかった保健室へ物資を調達した際に噛まれてしまい、3人に別れの言葉をかけた後自ら保健室を閉めその後絶命する。
絶命後も漫画版・アニメ版と同じく由紀の想の中で生き続け、また里に対しても、「めぐねえの部屋」とそこに置かれた聖書を通じ、励まし続けた。
火災騒動の際、由紀が保健室に迷い込み、ゾンビ化した姿で遭遇してしまうが、絶命前に自らをロープでに括り付けており、学園生活部を傷つけることはなかった。その後、胡桃に送られる


関連動画



■1436342441[ニコ動]

■sm26634345[ニコ動]


関連静画


■im5028299(静画)
■im5187877(静画)
■im5146935(静画)
■im5208360(静画)


関連項目



最終更新日: 19/07/24 08:03
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ