ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


佐村河内守


ヨミ: サムラゴウチマモル
掲示板をミル!
969カキコ!

この記事は現在話題となっている人物を扱っています。 閲覧の際には、確たる根拠のある記述かどうか、よく注意してください。 ニコニコ大百科ニコニコ動画プレミアム会員であればでも編集できる」 ものであり、誤った内容や憶測に基づく内容が含まれることがあります。

ニコニコ大百科がすべてではありません。ほかのメディアも参照しましょう。

この記事を編集する方は、「あなたの編集内容によって、この記事対に関連した複数の辜の人物に対する謂れのない非難や好奇のを招く可性がある」ということに十分に留意してださい。 

人物
佐村河内守
基本情報
生年 1963年9月21日
生誕地 日本広島県佐伯五日市
没年 存命中
死没地 --
出身地 日本広島県佐伯五日市
日本
本名 佐村河内 守(さむらごうち まもる)
別名
職業・肩書 作曲
備考・その他
人物テンプレートボックス

さむらかわちのかみ
佐村河内守 ( さむらごうち まもる )は、広島県出身の全聾(自称)職業作曲(自称)で、あった(本人が謝罪、後述)。


概要


1963年9月21日、被爆者の両親の下に広島県佐伯五日市町(現広島市佐伯区)に生まれた。佐村河内とはしい姓だが、著書『交響曲第一番』(講談社;2007年)によれば、佐村河内能美島の出で、村上軍の末裔とのことである(自称)。 そのためかはわからないが、クセのある長にあごヒゲを蓄えた、浮世離れした威厳ある貌をしている。

1998年頃、35歳のときに聴覚を失うなか映画ゲーム鬼武者』の音楽を皮切りに本格的に音楽制作に取り掛かり、2003年交響曲第1番 HIROSHIMA』を完成させ、アメリカの雑誌「TIME」には『digital-age Beethoven現代のベートーヴェン)』と言わせしめ(※ただしTIME誌原文“Mamuro Samuragouchi: Songs of Silence. Video-game music maestro Samuragoch can't hear his own work”[外部]を参照すればわかる通り、この記事は2003年に作られたとされる『交響曲第1番 HIROSHIMA』よりも前の2001年9月15日に書かれたもので、ゲーム鬼武者」などの音楽を手がけたゲーム音楽作曲としての佐村河内守氏に対して「デジタル時代のベートーヴェン」と表現しただけのものであり、NHKスペシャルなどのテレビ番組が故意に印づけたような交響曲第1番 HIROSHIMA』を作曲し、それを世界が認めて「現代のベートーヴェン」と評したというものではない広島市からは市民賞(広島市民表)を受賞した人物。

「新進作曲のもっとも清新にして将来性に富むオーケストラ作品」を対とした芥川作曲賞の選考過程においては審員である三枝が推すも最終補とならなかったが、「NHKスペシャル 魂の旋 ~音を失った作曲~」(2013年3月31日放映、NHK)で大々的に紹介されると交響曲第1番のCD売上がオリコン週間総合チャートで2位を獲得、その驚異的な売上を紹介する形で「めざましテレビ」(2013年4月11日フジテレビ)、スマこと「中居正広金曜日のスマたちへ」(2013年4月26日TBS)でも取り上げられ、数万枚売れればヒットと呼ばれるクラシック界で約17万枚もの売上(2013年8月時点)を記録した。

そして、ついにはソチオリンピックにて、フィギュアスケート高橋大輔ショートプログラムの演技に彼の楽曲「ヴァイオリンのためのソナチネ 短調」を使用すると報じられた。

このように佐村河内守の名が上がり続けることに対し、彼の一連の楽曲を本当に作曲していた学園大学音楽講師 、新垣隆氏が世間を騙し続けることについに耐え切れなくなり、2014年2月週刊誌に一連の事実告白、さらに同6日に行われた同氏の記者会見によって衝撃の事実が判明した。

説明を続ける前に公式サイトに載せていた佐村河内守氏のプロフィールがあるのでまずはそのままご覧頂きたい。

4歳で母親ピアノの厳格な英才教育を始める。
その他、幼少からヴァイオリン尺八マリンバなどを習う。

5歳で「マリンバのためのソナチネOp.1」を作曲

小学校広島市五日市小学校)4年生でベートーヴェンピアノソナタバッハを弾きこなす。

10歳のとき「もう教えることはない」と母親から告げられて作曲を志望。

これ以後は楽式論、和法、対位法楽器法、管弦楽法などを独学。

中学生時代は音楽に邁進する一方で、学年の番長との喧や他校への出張抗争を繰り返す悪童でもあった。

1980年頃、17歳で『交響曲第1番』の作曲に着手。同年から原因不明偏頭痛や聴覚障を発症。

1981年頃、崇徳高等学校卒業後に上したが現代音楽作曲法を嫌って音楽大学には進まず、肉体労働者として働きつつ独学で作曲を学ぶ。

1982年頃、19歳の時に失職して賃を払えなくなり、アパートを追い出されてホームレスとなり、半年間の路上生活を送った。

1988年ソロロック歌手としてデビューしたが、その直後に音楽的理解者だった実交通事故で失ったことがきっかけでプロダクションとの契約を解除。

以後もアマチュアロック歌手としてバンド活動を行っていたが、その頃から聴覚異常を発症し、1989年健康上の理由でバンドから脱退。

1995年から1996年まで道路清掃のアルバイトで生計を立てる。

1996年頃、33歳で映画秋桜cosmos)』の音楽を手がける。このとき、左は聴を失っていた。

1998年頃、35歳のとき、『鬼武者』のための音楽制作し始める直前に聴覚を失って全聾となる。

鬼武者完成後、自らの聴覚障を初めて表。長らく聴覚障を隠していた理由について、自身は「の不自由作曲の作品には、同情票がつくであろうこと。それだけはどうしても避けたかったのです」「『聴覚障を売り物にした』という誤解も避けられないだろう」と説明している。

1999年ゲームソフト鬼武者』の音楽「交組曲ライジング・サン」で脚を浴びる。

2002年、身体障者手帳(感音性難聴による両全聾、身体障者等級第1種2級、両鼓膜欠落)の交付を受ける。

同じ頃から盲児のための施設にてボランティアピアノを教える(この施設の女児の一人は、佐村河内が『交響曲第1番』の制作を再開するにあたり彼に霊感を与え、この作品の被献呈者となった)。

2003年、『交響曲第1番 HIROSHIMA』を完成
その直後、病苦から発作的に縊死を図るも未遂に終わる。

2005年8月、『交響曲第2番』を完成。その翌日、再び縊死を図るもやはり未遂に終わる。

2008年9月1日広島市広島厚生年金会館ホールで行なわれた「G8議長サミット記念コンサートヒロシマのメッセージ世界に~」にて交響曲第1番の第1楽章と第3楽章が広島交響楽団により世界初演される。

同年、広島市民表市民賞)を受ける。

2009年交響曲第1番は芥川作曲賞の選考過程で審員である三枝が推すも最終補とならなかった。

科に通院し、1日に15種類の用しつつ音楽制作活動を行う。

2010年4月4日大友直人揮の東京交響楽団により、交響曲第1番(広島初演版による訂版)の第1楽章と第3楽章が東京芸術劇場で演奏された。

続く4月11-12日、同じコンビ交響曲第1番全曲の録音をパルテノン多摩で行う。曲が複雑なため、録音にあたってはライブ録音ではなくセッション録音を選択。クラシックでは近年、コストの少ないライブ録音がとなっており、日本コロムビアクラシック録音としてはこの10年かけたことのない額が必要だったという。録音初日には東日本大震災の最大級の余震が発生。

8月14日秋山和慶揮の京都市交響楽団により、交響曲第1番全曲版が京都コンサートホール演奏された。

2011年2013年4月開の映画、ふたたびの加奈子」の音楽を担当。

2012年6月25日ヴァイオリン大谷康子らが佐村河内の「伴奏バイオリンのためのシャコンヌ」を演奏する。

2013年3月10日石巻市小学校の体育館で「ピアノのためのレクイエム」を初披露。

子のヴァイリニスト、大久保美来に「ヴァイオリンのためのソナチネ 短調」を制作

3月31日、佐村河内守を特集したNHKスペシャル「魂の旋 ~音を失った作曲~」が放送される。番組では、『交響曲第1番』の成功、聴を失った苦悩、東日本大震災の被災者へ向けたピアノ曲「レクイエム制作に至る経緯などが紹介された。

この番組が反を呼び、交響曲第1番のCD売上がオリコン週間総合チャートで2位を獲得。
その後も売上を伸ばし続け、2013年5月時点で10万枚を記録するヒット作となった。

2013年8月17日大友直人揮の東京交響楽団による演奏会で、交響曲第1番に先立ち「弦楽のためのレクイエムヒロシマ」(合唱版を編曲したもの)が世界初演された。

このプロフィールに対し、記者会見によれば、新垣氏は彼のゴーストライターであり、これまで彼の作品とされてきた曲(細かい検証はまだなされていないが、新垣氏のするところによればほぼすべて)は、その実、新垣氏の作品であったというのである。

それどころか、佐村河内氏は全聾などではなく普通が聞こえ手話や筆談等しの通常の会話で新垣氏とやりとりし、新垣氏が作った曲を聴いて採用を判断していたという。テレビ番組では彼はをついていたが、新垣氏と会うときはをつかずに現れたときもあり、佐村河内氏の音楽は「ピアノ初心者程度」で「楽譜は書けない」レベル作曲に当たってはグラフのような示書を渡して曲のイメージを伝えることもあれば、それすらなしに作曲を依頼されることもあった、とのことであった。

なお今回表された示書について、記者会見当日に大阪ニュース番組「かんさい情報ネット ten.」に出演していた「なにわのモーツァルトキダ・タロー氏は「何の意味もない。でも書ける」とその示の曖昧さを酷評している。

記者会見ニコニコ生放送でも放送されたので、アーカイブ再生できる方は以下で視聴することができる。lv168278903

また、同会見を文字起こししたニコニコニュースの記事は、以下で閲覧できる。

この会見に対して佐村河内守側は、弁護士を通じて障者手帳を根拠に彼が全聾であることをしたが、広島市から受けた市民賞については返納する旨の申し入れをに行い、市民賞の取り消しが決まった。

一連の騒動を受けて彼のCDは取り扱い中止、楽曲配信も停止、予定していたコンサートも中止、自叙伝の著書「交響曲第一番」は通常版(講談社)文庫版(幻冬舎)ともに絶版、彼のインタビュー記事を掲載した号の刊誌「庭画報」が新規出荷を停止、福島県本宮佐村河内作曲を依頼した市民の歌「みずいろのまち」は東日本大震災3年の追悼式典で発表される予定だったが破棄、などと大騒ぎになっている。


次へ»
最終更新日: 16/08/31 09:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ