ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


佐藤天彦


ヨミ: サトウアマヒコ
掲示板をミル!
91カキコ!

佐藤天彦さとう あまひこ)とは、将棋棋士である。1988年1月16日生まれ。福岡県出身。中田功八段門下。棋士番号263

タイトル戦登場6回、獲得3期(名人)。

ニックネーム貴族佐天さんではない。


棋歴


2002年より奨励会三段リーグ入り。2004年に次点2回によるフリークラス編入(プロ入り)の権利を得るが、これを放棄した。当時16歳であり、本人は「どちらでもよかった」そうだが、奨励会の年齢制限(26歳)とフリークラスの昇級期限(10年)もほとんど変わないため、フリークラスで年配の棋士相手に1年から昇級のための勘定をしながら対局をするよりかは、当時豊島将之などもいた三段リーグで揉まれたほうがいいだろうという師匠コーヤンアドバイスもあり、三段リーグにとどまった。そして、2年後の2006年に14勝4敗の成績で三段リーグを突破、晴れ順位戦に参加できるプロ棋士となった。

プロ入り後は2008年に新人王戦で優勝将棋大賞の新人賞を獲得。2010年には同じく将棋大賞の勝率一位賞と連勝賞を獲得し、2011年には2度となる新人王戦優勝順位戦竜王戦でも順調に勝ちを重ね、2012年には竜王戦1組昇級、2014年度の順位戦B級1組では10勝2敗の成績をあげ、27歳で八段となるとともにA級順位戦へ参加することとなった。

そして、2015年度にはタイトル戦に初登場。王座戦にて当時四冠だった羽生善治王座に挑戦し、先にカド番まで追い詰めるも、そこから2連敗の2勝3敗でタイトル奪取とはならなかった。棋王戦でも挑戦者となるが、渡辺明棋王に敗れる。しかし、初参加のA級順位戦でも8勝1敗の成績で挑戦権を獲得。翌2016年の第74期名人戦羽生名人に挑戦し、4勝1敗で初タイトル名人を獲得した。ちなみに、A級1期名人を獲得したのは谷川浩司羽生に続き史上3人。また、昇段規定により九段に昇段。

第2期叡王戦では決勝で千田翔太を2連勝で破り優勝2017年に第2期電王戦にて、現役のタイトルホルダーとして初めて将棋電王戦将棋ソフトと対局したが、Ponanzaに2連敗で敗退。これが最後の将棋電王戦となった。

2017年A級順位戦初参加にして名人挑戦となった稲葉陽を、2018年は異例の6人プレーオフを勝ち上がった羽生善治をそれぞれ降し、名人戦を3連覇した。


棋風・人物


居飛車党であり、特に先手番の換わり、後手番での横歩取りを得意としている。受けが強く、り強い終盤が持ち味。

中学生の頃から、当時高校生だった渡辺明と親交がある。同世代の棋士には糸谷哲郎稲葉陽広瀬章人などがいる。ダニーの「とった駒を相手の駒台に置いた事件」の際の対局相手でもあった。

将棋雑誌での連載のタイトルは「『貴族がゆく」。投了前にリップクリームを塗ったり、趣味クラシック音楽鑑賞だったり、ボタンがたくさんついたスーツを着たり、私としてマントを着たり、名人戦の賞で高級具を購入したりと、貴族的なエピソードには事欠かない。

スイーツ男子としても知られており、かなりの甘党ニコニコでは、親しみを込めて「砂糖」とコメントで呼ばれることもある。


成績



タイトル戦登場履歴


名人:登場4回(第74期-2016年度・7577期)、獲得3期(第74期-2016年度・75~76期)
王座:1回(第63期-2015年度)
棋王:1回(第41期-2015年度)

タイトル戦登場回数:6回、タイトル獲得数:3期


関連動画



■sm2228393[ニコ動]


関連商品


■az483992824X
■az4839944113
■az4839953651
■az4140162554


外部リンク



関連項目



最終更新日: 20/03/05 19:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ