ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


佐藤忠信


ヨミ: サトウタダノブ

佐藤忠信(~1186)とは、平安時代末期に活躍した武将である。


概要


源義経来で、奥州藤原氏から源義経につけられた佐藤兄弟の方。佐藤元治藤原清綱のとの子らしいが、母親は『物語』によると大太郎ともあり、実ははっきりとしたことは言えない。

の挙兵を聞いた源義経がこれに合流しようとした際、佐藤継信とともに藤原秀衡からの命で彼に付き従うことになった。このため『平家物語』では一のの戦い以降何かと源義経のそばに登場し、屋の戦いの際には平教経の軍勢に討たれそうになった佐藤継信を助ける場面が描かれる。

さらに壇ノの戦いでは梶原景時との先争いに強硬として登場し、の分も源義経に忠実に使えた。ところが、源義経源頼朝から追われる立場となった際、『玉葉』の文治2年(1186年)9月20日によると京都で彼一人が発見され、自害している。後年の編纂物なので事実かは不明だが、『吾妻』によれば佐藤忠信が以前よしみのあった女に出した手紙から居場所が発覚したとのこと。

この結果『平家物語』では佐藤忠信が別行動して死ぬに至った章が割かれ、吉野源義経を逃がすために孤軍奮闘した結果として一行を離脱し、京都に身を隠していた際に女の元に通っていたところを討ち取られた。


関連項目



最終更新日: 20/04/13 01:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ