ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


使徒


ヨミ: シト
掲示板をミル!
35カキコ!

使徒(しと)とは、「使い」のことである。宗教的な意味合いがあり、「の使い」やそれに類するものをすことが多い。
日本語として使徒と言えば神道の使いは差さずキリスト教イスラム教などアジア圏外の使いのことをすことが多い。

曖昧さ回避

語源


新約聖書内の言葉、ギリシア語アポトロス」の和訳である。この「アポトロス」は単なる単として直訳すると「使い」「送られた者」「使節」「大使」等をす言葉であるとのこと。

聖書の中ではこの「アポトロス」は単なる使いと言う意味で使用されている箇所と、宗教的敬意を込めたニュアンスで記載されている箇所がある。後者が「使徒」と訳される。

ちなみに現在中国語聖書でも、該当部分は「使徒」と訳されているらしい。日本語キリスト教歴史では漢文聖書が入ってきたこともあったらしいので、中国語が先で日本が影されたのかもしれない。また逆に、中国語日本語に影された可性もある(現在中国語には日本語由来の言葉も多数ある)。


キリスト教における使徒


イエス・キリストの12人の高のことをすが、それに近しい者、例えばキリスト教布教に尽したパウロバルナバ、テモテなどをしても用いられることがある。特にパウロは自分が使徒であることを強くしている。

転じてキリスト教布教において重要な役割を担った人物(例としてフランシスコ・ザビエル)にも「使徒」(正教会では亜使徒)の称号が送られるようになった。

十二使徒の定義は『ルカによる福音書』によるものが一般的である。

新約聖書の内、「ルカによる福音書」以外では、これら以外の名前が十二使徒として挙げられていることもある。その場合は上記どれかの人物と同一人物で別名であろうと解釈される事が多いようだ。

例としては、『マルコによる福音書』や『マタイによる福音書』には「タダイ」と言う使徒が出てくるが、これは上記の内「ヤコブの子ユダ」と同一人物と解釈される。また、『ヨハネによる福音書』には「ナタナエル」という名が出てくるが、これは上記の内「バルトロマイ」と同一人物と解釈される。

なお、イスカリオテのユダは御存じのとおりキリストを裏切ったことで有名であるが、イスカリオテのユダが欠けて十一人になったことが嫌だったのか、使徒たちはマッテヤ(マティア)と言う人物を欠員補充メンバーとして新たな十二人の使徒に迎えている。ちなみにマッテヤ以外にももう一人補がいたがどちらを使徒にするか選べず、最後はくじ引きで決めている。


イスラム教における使徒


イスラム教においてはの使いの事をし、すなわち預言者と同義である。イスラム教の開祖であるムハンマドや、イスラム教において重要な預言者として扱われるムーサー(モーセ)、イーサー(イエス・キリスト)などが相当する。


関連項目



最終更新日: 14/08/18 23:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ