ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


保科正之


ヨミ: ホシナマサユキ
掲示板をミル!
3カキコ!

保科正之(1611~1672)とは、江戸時代前期に活躍した大名で、徳川秀忠の庶子、つまり徳川家光徳川忠長である。


概要


徳川秀忠の子で、徳綱を補佐し、会津の開祖となった人物。

その幼少期は苦難のであり、北条氏出身の静と徳川秀忠の間に生まれた保科正之は、秀忠が正室であった江(崇源院)をはばかってそもそも江戸城内で生まれることも許されず、3歳のころ土井利勝らの援助で武田信玄穴山梅雪の妻であった見性院に養われる。さらに元和3年(1617年)に見性院は武田の旧臣であった信濃高遠3万石の保科の養子としたのである。

弾正とうたわれた保科正俊の衣鉢を継いだとはいえ石高はあまり高くなく、徳川家光徳川忠長らは初めて彼に会った際、処遇に困ったような逸話を残している。

ともあれ、寛永6年(1629年)には徳川秀忠に御見えし、同年のうちに徳川忠長にも対面。寛永8年(1631年)には養の没後遺領を継ぎ、従五位下・諸大夫に叙爵。さらに寛永9年(1632年)には従に昇進し、寛永13年(1636年)には出羽山形20万石を得、寛永20年(1643年)には陸奥会津23万石に加増。

意気揚々と会津に入っていった保科正之は、財政の基礎を確立軍事の増強を図った一方、農民への過酷な賦課を取りやめ、財政は豊かになったとも。また社倉法を実施して幕末まで伝えられることとなる。加えて山崎闇斎に教えを請い、朱子学を重んじた(なお、実は山崎闇斎の方が年下であったりする)。他にも神道研究にも精進し、吉川惟足に彼の子孫以外で秘を教えられた一の存在であったそうな。

一方で幕閣としては徳川家光の期待に応えて、徳綱を後見し、由井正の乱の処理、明の大火で焼失した江戸城守閣再建の延期(なお結果的に以後江戸城守閣を持たないこととなる)、人制の止などに着手していった。


補足


信長の野望」(PCシリーズにおける保科正之の力一覧。

大坂の陣にすら参戦していない世代なのだが、その知名度のためか時折登場し、戦国立志伝への登場をきっかけにようやく定着した。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S1) 戦闘 政治 野望 教養
覇王 采配 戦闘 智謀 政治 野望
天翔記 戦才 82 智才 144 政才 178 81 野望 47
将星 戦闘 智謀 政治
烈風 采配 戦闘 智謀 政治
世記 采配 39 智謀 68 政治 81 野望 34
蒼天 統率 知略 政治
下創世 統率 知略 政治 教養
革新 統率 武勇 知略 政治
統率 武勇 知略 政治
創造 統率 武勇 知略 政治
戦国立志伝 統率 82 武勇 66 知略 78 政治 84

関連項目



最終更新日: 19/09/03 01:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ