ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


信濃(航空母艦)


ヨミ: シナノ
掲示板をミル!
50カキコ!

信濃(航空母艦)とは、日本海軍が保有していた空母である。


概要


110号艦

艦名は旧国名信濃が由来。大和戦艦三番艦であり、建造番号として110号を与えられた。に111号艦(予定名は「紀伊」だったとされる)がいる。

先に建造が始められていた大和武蔵をさらに洗練した戦艦として、信濃横須賀軍工で建造されていた。このとき新設された巨大な6号ドックは今も現役で、米軍空母修理などに使われている。

しかし建造は遅れ気味で、その間に日開戦は決定的となる。

建造頓挫

1941年12月8日太平洋戦争が開戦。日本軍は開戦を前にして用兵思想を戦艦から空母航空機潜水艦へと向けており、艦艇の保有計画に見直しがなされる。110号艦、111号艦は建造が一時停止された。

その後110号艦はひとまず船体のみを完成させて進するよう命じられる。
要するに「そこで空母作るからさっさとどけ」という意味である。

だが、この時の帝国海軍ははまだ110号艦を戦艦として建造する方針であり、は「戦艦建造を第三号艦(本艦)とする」とっている。

設計変更

1942年4月、マル5計画の定案が検討され始める。この時点で空母への装が決まっていた。

ところが1942年6月5日、かのミッドウェー海戦が起こる。知っての通りこの戦いで帝国海軍は大敗北を喫し、保有していた空母の3分の2、世界最強と謳われた南雲機動部隊の赤城加賀蒼龍飛龍を一挙に失ってしまう。
これを受け空母の建造が急がれ、飛龍航空母艦雲龍)が計画された。110号艦、111号艦は直ちに建造が中止され、111号艦は即日解体。資伊勢戦艦航空戦艦装等に回された。110号艦も解体し、雲龍建造のためにとにかくく第6ドックを明け渡すように計画された。

しかし既に建造が進んでいた110号艦の解体は111号艦ほど容易ではない。だが今度はそうこうしているうちに大和から運搬できる輸送船「樫野」が撃沈されてしまう。これにより110号艦を大和戦艦として完成させるのも困難になってしまった。

そうして1942年、110号艦は航空母艦へのが決定。7月16日装計画をまとめた文書が軍部次長軍次官に送られた。生を受けることのなかった111号艦の資も用い、1943年から工事が再開された。

空母としての信濃の設計思想は、敵の攻撃を受けても分厚い装甲で戦闘力を保持し、他の空母が損傷により収容できなくなった航空機の受け入れ先として機させる、いわば前線での洋上航空基地というものであった。このことから同じコンセプトを持つ大鳳の拡大発展版と言えなくもない。
しかしどちらも結果的には中継基地構想はくなり、艦隊空母として運用することになった。

が、工事が再開されたといってもその前途は多難に満ちていた。
再開されはしたものの、松型駆逐艦潜水艦の建造、既存の空母修・修理に資材と人手が回され、その上熟練工が徴兵されたため質の低下と工事の遅れが免れない事態に陥る。

しかしながらマリア戦の惨敗を受けて空母を1隻でも多く確保したいと考えた軍上層部は、工期の短縮を厳命。1945年2月末の工予定が1944年10月15日へ短縮、なんと予定を5か近くもめたのだ。ただしある程度艦としての機(自航行可な状態)が備わっていればよい、と命している。とはいえ現場からすればかなり厳しい要であったことに変わりはないだろうが。
7月1日110号艦は「軍艦 信濃」を命名され、正式に登録される。
こうして、結局信濃が不全ながらも工したのは命より1か遅れの11月19日であった。

進水、回航、そして沈没

さて、この頃日本本土にB-29が飛来しはじめた。横須賀地区にも偵察機が姿を見せており近々襲があると判断された。信濃はこれから逃れるために、まだ較的安全なへ回航することになった。一部資料によっては熟練工を根こそぎ動員され、装工事の遂が出来なくなった横須賀に工事を委託した、とされている。側も残りの工事を引き受けたが、この決定がのちに悲劇を引き起こす。

何とか自航行が可となった信濃進水式が行われたが、ここでミスによりドックにが勢いよく流れ込み、甲上にいた人が放り出され、信濃自身はバウをドック面に何度もごっつんこし、ソナー等を破損させてしまう事故が発生。式の後に修理する羽になってしまった。

修理後、東京湾で試運転を行ない、この時にいくつかの航空機の発着艦を行なっている。空母としては鈍足の信濃だったが、その巨体故に着艦はしやすかったようで、パイロットからも好評だった。なお、この際に局地戦闘機紫電の試作艦載機である試製紫電改二が着艦に成功している。

11月28日午後1時30分、信濃は護衛の駆逐艦3隻(浜風磯風雪風)を伴って横須賀を出港。艦載機は載せられず、代わりに特攻兵器桜花が貨物として積載されたという。間の接移動か間の外洋航かで揉めたが、結果は後者に決定。金田湾で時間調整したのち、午後6時30分に外洋へ出た。

信濃が外洋へ出た約2時間後。潜水艦アーチャーフィッシュ」に捕捉される。新空母を見たアーチャーフィッシュ応援を要請するが、追跡続行を示され応援は来なかった。やむなくアーチャーフィッシュは単独で信濃を追跡する。全速で逃げていればアーチャーフィッシュより信濃の方が速かったが、信濃ジグザグ航行を行なっておりアーチャーフィッシュは余裕で追い付けたらしい。

信濃側も追跡に気付いており、浜風を向かわせアーチャーフィッシュ側を退避寸前まで追い込んだが、護衛に間隙を作らないという意図で浜風が呼び戻され、追跡が続けられてしまった。

翌日午前3時13分、アーチャーフィッシュ魚雷6発を発射。信濃右舷、浅い部分に4本が命中する。

急いで潮岬方面へ向かおうとするも、浸により機関が停止。護衛駆逐艦航を命じるも、浸した巨艦を航することなど到底できずワイヤーが破断。こうして乗員の奮闘もしく午前10時57分、信濃は潮岬にて沈没した。

面には積荷の桜花が浮かび上がり、生存者たちはこれに捕まって救助を待った。特攻兵器である桜花が人命救助に役立ったことを後に知った桜花開発者は、複雑な表情を浮かべたという。

沈没の原因

本来大和は史上最大最強戦艦である。魚雷4本程度では十分浮いていられたはずだった。
事実、「大和」は10本、「武蔵」に至っては少なくとも20本以上被(+大量の爆弾を被弾)してもしばらく沈没しなかったのに対し、「信濃」はわずか4本の魚雷で数時間浮いていたとはいえ沈没してしまった。ただ、信濃が受けた魚雷航空魚雷よりも大で威のある潜水艦用の魚雷であり、戦争後期の魚雷は新爆薬で威が増加しており、信濃に命中した魚雷はコンクリートが充填されたバルジより浅い位置に命中していたことなども考えると、わずか4本というよりも4本も被したとも言える。
しかし、「大和」「武蔵」とべ「信濃」は多くの面において不全であったと言わざるを得ない。
その不全さを示すエピソードとして、への回航中にも艦内では工事が行われていた、工期短縮のために密試験や気密試験などの重要な試験をほぼ省略していた、などがある。
また、乗組員も艦内構造に慣れておらず、適切な対応が出来ていなかったのでは?と言われている。
更に突貫工事のツケか、注排装置の故障や、せっかく閉めた防ハッチも密閉が万全でなかったという不備などもあったようだ。
問題は「信濃」のみにあったわけではないが、到底敵の攻撃に耐えうる状態ではなかったということであろう。

写真

Wikipediaにある逆光で撮られたものと、米軍空撮した不鮮明な画像の2つしか現存しないとされる。そのため外観資料は非常に乏しいが、この写真から迷彩が施されていたことがわかっている。

余談

信濃は「工から沈没まで」の世界速記録(工して10日後、出航してから17時間後に沈没)と、潜水艦に撃沈された世界最大の艦(排水量6万2000トン!)、という不名誉な二つの記録を持っている。

更に余談

大和改造して作られた空母であるからか仮想戦記によく登場する。
空母ではなく戦艦として建造された、という設定で登場することもしくない。

艦これには数年前から実装が予告されており既に艦娘として形になっているらしいが、海外の未成艦まで出ているのに未だに実装されていない。同ゲームには「運」のパラメータが設定されているが、散々不幸と言われた扶桑型戦艦が「3」、もっともっと不幸だと言われた大鳳「2」であり、「1」は信濃のために残されている数字なのだと専らの噂である。そこ、「0」とか「マイナス」とか言うな。


関連動画



■nm7102129[ニコ動]

■sm3376252[ニコ動]


関連静画


■im3184626(静画)


関連商品


■azB001QZIDAM
■azB002BDT6HW


関連コミュニティ


信濃(航空母艦)に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 19/01/18 21:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ