ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


信濃の国


ヨミ: シナノノクニ
掲示板をミル!
36カキコ!
  1. 旧国名現在長野県岐阜県中津川市の一部の相当。
  2. 長野県歌。この項で解説。

概要


「信濃の国」とは、長野県歌である。

長野県に生まれ育った者であれば歌えない者はいないとまで言われるほどに、一般に浸透している。群馬県民にとっての上毛かるたと並んで、県民性をるうえで話題に上る歌である。

4番のみメロディーテンポの異なる、しい歌である。

かつて松本を中心とする地域が長野県から独立しようとした際には、議会で「信濃の国」の大合唱が沸き起こり、分離独立は立ち消えとなったという。

近年ではこの歌を知らない新住民が増える一方で、新アレンジも登場するなど今もなお県民にされ続けている。
北陸新幹線が開業する2015年3月を前に同年1月31日から長野駅新幹線ホーム(11~14番線)の発車メロディとして使用している。


歌詞



信濃の国は十州に 連ぬるにして
聳ゆる山はいや高く 流るるはいや遠し
松本佐久善光寺 四つのは肥沃の地
こそなけれ物さわに 万ず足らわぬ事ぞなき


四方に聳ゆる山々は 御嶽乗駒ケ岳
浅間は殊に活火山 いずれもの鎮めなり
流れまずゆくは 北に千曲川
南に木曽川天竜川 これまたの固めなり


木曽には木茂り 諏訪には多し
民のかせぎも豊かにて 五穀の実らぬ里やある
しかのみならず桑とりて 蚕飼いの業の打ちひらけ
細きよすがも軽ろからぬ の命を繋ぐなり


尋ねまほしき園原や のやどりの寝覚の床
木曽の桟かけし世も 心してゆけ久米
くる人多き筑摩の湯 の名にたつ姨捨山
しるき名所と士が 詩歌に詠みてぞ伝えたる


将軍義仲も 仁科の五郎信盛
太宰先生も 山佐久間先生
の人にして 文武の誉たぐいなく
山と聳えて世に仰ぎ と流れて名は尽きず


吾妻はやとし日本武 嘆き給いし碓氷山
穿隧道二十六 夢にもこゆる汽車
みち一筋に学びなば 昔の人にや劣るべき
古来山河の秀でたる は偉人のある習い

長野県公式Webページ[外部]より引用


関連動画



■sm848849[ニコ動]

■sm980136[ニコ動]
■sm1021190[ニコ動]
■sm3531500[ニコ動]
■sm6721426[ニコ動]
■sm1490543[ニコ動]

 

 


関連商品


■azB000SIYDMU
■azB00005GYFK
■dw175471


関連コミュニティ


■co1756


関連項目



最終更新日: 17/10/01 22:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ