ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


信長の野望・創造


ヨミ: ノブナガノヤボウソウゾウ
掲示板をミル!
144カキコ!

信長の野望・創造』(のぶながのやぼう・そうぞう)とは、コーエーテクモゲームスより2013年12月12日に発売されたゲームソフトである。「信長の野望シリーズの14作

2014年12月11日に発売された、『信長の野望・創造』の機・追加版である『信長の野望・創造 with パワーアップキット』についてもここに記述する。

『信長の野望・創造』シリーズ第3作信長の野望・創造 戦国立志伝について詳しくは「信長の野望・創造 戦国立志伝」のページを参照。

信長の野望シリーズ未経験者向けシリーズ未経験者にとっての『創造』クリックするとページ中ほどに移動)


概要


日本戦国時代テーマとした歴史シミュレーションゲーム信長の野望シリーズ30周年記念作品である。前作『信長の野望』発売以来、約4年3ヶぶりの新作(『PK』発売以来では約3年ぶりの新作)。

2013年12月12日Windows版とPlayStation 3版を発売。PC家庭用ゲーム機に同時にソフトが供給されたのはシリーズ初。

2014年12月11日現在、対応機種はWindowsPlayStation 4PlayStation 3PlayStation Vita、Gクラスタの5つ。『創造PK』はWindowsPlayStation 4PlayStation 3PlayStation Vitaの4つ。PlayStation Vita版『創造PK』初回特典は朝倉井伊直虎織田信忠下間頼廉豊臣秀吉成田甲斐細川藤孝村上義清母里太兵衛森長可の新規顔CG。ほかのハード向け版でも有料DLCで入手できる)。

テーマは「新時代の創造」。

過去シリーズ作品と同じく戦国大名の中から一人を選び、全国統一を果たす事が最終標。しかし、『創造』ではすべてのを支配下に置く場合以外に、政策「惣」を発した場合や他勢への従属状態で従属先勢が「惣」を発した場合もゲームクリアとなる。

『創造』は前々作『信長の野望革新』や前作『』と同じく3D1枚マップを採用しているが、ゲーム性は『革新』『』と大きく違う。

革新』『』が庭内政と数部隊を運用する戦術をに楽しむ作品とするならば、『創造』は有利な状況を作るための外交と『』『革新』のときよりはるかに多くの部隊を同時に運用する戦略、そしてその結果生まれる勢同士のぶつかり合いを楽しむ作品といえる。

同じシリーズであっても作品によってシステムが大きく違うのが「信長の野望シリーズの特徴であり、システムユーザーの相性もあるので、そこを理解した上で『創造』の購入・評価をするとよいだろう。


パワーアップキット


『創造』でもシリーズ恒例の「with パワーアップキット」を発売。『創造無印』未所有者向けの「with パワーアップキット」と既所有者向けの「パワーアップキット単体」が発売された。

内容についての詳細は下記リンク先の公式サイトメディア記事を参照。公式サイトでは新要素紹介プレイムービーを視聴できる。

それ以外の情報として、オープニングムービーリニューアル、徳毛利・北条長宗我部に専用BGM追加、「替え」機追加(替え後に位置を変えたくない大名を固定してそれ以外を替えすることも可)、がある。

Windows版『創造PK』のゲーム認証

Windows版『創造PK』は『創造無印』までの最近の作品と違い、ゲームプレイするたびにディスクを出し入れする必要がなくなった。認Steamを利用するためである。

初プレイ開始までの手間と時間が少々増えたが、ディスク出し入れの時間がいことで将来的に相殺できると考えると精衛生上良い。「信長の野望シリーズの作品にどっぷり浸かる時間にべれば初プレイ開始までの時間など微々たるものである。

インストールの際には説明書の「ゲーム開始」の項をよく読みインストールにつまずくときは公式サイトや有志によるWikiサイトの説明をよく読むとよいだろう。


追加機能


発売以降もユーザーの要望をもとに機強化・善が行われている。以下に発売以降のアップデートで『創造PK』に追加されたな機を記す。

これら以外については公式サイトを参照すべし。


戦国立志伝


2015年12月17日、『創造』の続編である『信長の野望・創造 戦国立志伝』が発売されることが発表された。発売予定は2016年3月24日

信長の野望シリーズで史上初めて全武将使用可の武将プレイ方式が採用され(『信長の野望蒼天録』でも武将個人プレイ方式はあったが部分的なものであった)、『信長の野望・創造』の世界の中で一家臣として大名から与えられた領地経営、中の出世競争、近隣領との抗争や婚姻と後継者作りなど「太閤立志伝シリーズ」に近いこともできるようになった。

また、システム自体も言ってしまえば「with PK」にさらに「with PK」したものとなり、戦や攻戦の追加、CG提供などを行った2016年NHK大河ドラマ真田丸』と連動する形で「大坂の陣大坂の役)」周りの補強と関連した200人以上の武将の追加が行われている。とはいえ作品タイトルが、『創造』のプロデューサー小笠原賢一が以前ほのめかした『信長の野望・創造 with パワーアップキット2』(『創造PK2』)でないことから、今作での最大の玉は武将個人プレイ方式の採用の点のようである。

なお、先に行われた武将人気投票の上位20人の顔グラフィックが変更される(正直ほぼ毎回顔グラ変わってる面子だけど)

『信長の野望・創造』シリーズ第3作『信長の野望・創造 戦国立志伝』について詳しくは「信長の野望・創造 戦国立志伝」のページを参照。


ダウンロードコンテンツ


信長の野望シリーズ30周年記念作品であるためか、ダウンロードコンテンツDLC)にかなりを入れているようである。PC版家庭用ゲーム機版ともに用意されている。

無料DLCの中には武将の顔CGを第11作『信長の野望下創世』・前々作『革新』・前作『』や同じくコーエーテクモゲームス作品である『戦国無双4』の顔CGに変更できるものがある。

また、ゲーム内で流れるBGMを第2作『信長の野望・全版』から前作『』までの歴代作品BGM2014年4月3日現在、計60曲)に変更できるものまである。

『創造PK』向けには、ヤングキングアワーズ漫画ドリフターズタイアップ武将データ島津豊久織田信長那須与一黒王土方歳三ジャンヌ安倍晴明の7名)や週刊ヤングマガジン漫画センゴクタイアップインゲームCG(18名)もある。また、『創造PK』発売直前ニコ生番組でアンケートにより追加が決まった「山内千代」「朝倉一玄」の武将データがある。

有料DLCとしては最近のシリーズ作品恒例の追加シナリオがある。追加シナリオの中でも、史実では1573年5月に没する武田信玄が上す仮想シナリオ1572年12月 信玄上」は歴史における“IF”を描く。


スタッフ



次へ»
最終更新日: 17/07/15 22:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ