ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


信長の野望・創造 戦国立志伝


ヨミ: ノブナガノヤボウソウゾウセンゴクリッシデン
掲示板をミル!
82カキコ!

信長の野望・創造 戦国立志伝』(のぶながのやぼう・そうぞう せんごくりっしでん)とは、コーエーテクモゲームスより2016年3月24日に発売されたゲームソフトである。「信長の野望シリーズの第14作『信長の野望・創造』、この『創造シリーズの第3作。


概要


日本戦国時代テーマとした歴史シミュレーションゲーム信長の野望シリーズ30周年記念作品である『信長の野望・創造』。この『創造無印』の約1年後に機・追加版として発売された『信長の野望・創造 with パワーアップキット』(『創造PK』)の続編である。

後述する玉となる追加要素に加え、大坂の陣周りの200人近い武将の追加、グラフィックの向上なども行われる。なお基本的にPKまでの武将やシナリオDLCのも含めてすべて収録されている。

対応機種はWindowsPlayStation 4PlayStation 3PlayStation Vitaの4機種を予定している。

なお、この『信長の野望・創造 戦国立志伝』について公式ツイッターは「『創造シリーズの集大成である」とっている。信長の野望・創造 @nobunaga_souzou によるツイート[外部]

少なくとも現時点ではPKを出さないと明言されている。完成発表会において『戦国立志伝』で『創造シリーズ完結すると発表された。

なおトレジャーボックスに入っている架の1615年シナリオ「戦乱止まず」は今後配信される予定はないとのことである


「武将プレイ」と「攻城戦」「海戦」


今作の最大の特徴は「信長の野望シリーズ初の「武将プレイ」である。

通常「信長の野望シリーズナンバリングタイトルでは戦国時代の一大名となって天下統一をすることがゲームにおける最終標である。しかし、今作では大名だけでなく、一家臣といった異なる身分や立場で戦国の世を体験できる。身分に応じて与えられる領地に対する「箱庭内政」、一人の武将として手勢を率いて戦場で戦う合戦などの、「武将プレイ」が実装されたことによる新要素も追加されている。

また、完成発表会にて、「信長の野望シリーズ初の「天下統一さなくともよい」というゲーム内容になったと発表された。

内政

基本的には自分の領地のみを経営できる一番下の段階から、を任される代、複数を任され軍団を動かせる、さらに大名から半独立状態になって敵の領地も切り取り次第になる軍団長、そして最上位の大名という複数の段階をステップアップしていくこととなる。

基本的に一番上の大名以外は定期的に大名から方針が伝達されて、それを満たしていくことで勲功を増していくこととなる。しかし、例えば大名が侵攻予定先に実際に向かうのは自分のタイミングで勝手に行うので、視しようと思えば視することもできる(その場合しばらく干されるが)。また上の身分になると発言を高めることで、所有したいを選べたり与として新たな臣を手に入れたりすることができる。ただし外交方針に関しては大名にならないとあまり突っ込むことはできないらしい。

領地経営はノブシティ全に経営SLGといった趣で施設などもある程度計画的に建設していく必要がある。また前作までにあった資も数値化され、それらも何らかの行動を行う際一定数確保していく必要がある。後久しぶりに漑が復活した。
こちらも大名の下で勲功を重ねていくとどんどん進出していき範囲を広げることができるが、敵の大名のみならず中の同じ武将たちとも土地の取り合いをすることになるようだ。

になると今までのように土地開発などはできなくなり、創造の内政と同じものになるが、例えば方針を定めることで分野ごとに強化することもできる。また配下の武将たちに役職を与えることでパラメーターの変化などを行うこともできる。

基本的に謀反や独立、寝返りは自由にはできないが、できないわけではなく一定の条件の際今までの大名の下から離脱するかどうかを自分で選択することとなる。その場合今までの領地開発はある程度引き継がれるが、発言を使って大名から与えられた臣の忠減するなどのペナルティもある。

軍事

軍事に関しても軍団の兵科をある程度自由に選択できたり、戦法に加えて、特殊、形、戦術といったコマンドが追加されたり、と大分様相が変わることとなった(そして討死した兵の体も残るようになった)。また中録としてミニクエストが発生する場合もある。

創造PK』までには存在しなかった本格的な「攻戦」と「戦」も楽しむことができるようである。「攻戦」に関してはすでに動画でも開されているが、順に門を破っていき守を攻略すれば勝ちといったものになっている。


「大坂の陣」と『真田丸』


創造無印』と『創造PK』で1534年「信長誕生」から1600年「関ヶ原の戦い」まで描かれたが、今作ではついに実質的な戦国時代終了を告げる「大坂の陣」が描かれる。

大坂の陣シナリオが登場するのは2001年発売のシリーズ第9作『信長の野望世記』以来であり、ナンバリング作品としては『創造』で2作である。「信長の野望シリーズにおいて江戸幕府が開かれた1603年以降を描くシナリオはほとんどが仮想のものであったことを考えると実に重である。

大坂の陣追加ということもあって、最末期の武将の増加、顔グラ変更、パラメーター調整などが行われている(もっともパラメーターに関しては小早川秀秋など逆補正のかかっていた武将に関しても行われるそうだが)。またシナリオマルチエンディングが用意されるなどかなり気合の入ったものになっている。

ちなみに、今作中で使用される大坂城モデル2016年大河ドラマである『真田丸』用に制作されたモデルベースとして作られるということである。ドラマ真田丸』にコーエーテクモゲームスが技術提供をしていて、『真田丸』OPで「3D地図監修 シブサワ・コウ」とクレジットされている。


徳川家康と真田幸村


大坂の陣シナリオ玉の一つであるだけに、商品パッケージPVでは二人の戦国武将がフィーチャーされている。

一人は、豊臣との因縁に決着をつけるために人生最後の戦に挑む江戸幕府初代征夷大将軍であり「下人」、『創造PK』での「晩年」グラフィックよりさらに老いた姿で描かれた徳川家康

もう一人は、『信長の野望・創造 戦国立志伝』が発売される2016年から約400年前の1615年、「大坂夏の陣」での決死の突撃で徳川本にまで突入して真田の因縁の敵である家康自害を覚悟させたという逸話も残る「真田日本一の兵」、を生やした相貌で描かれた真田幸村真田信繁)である。

ゲーム作品などでは真田を大名として選べる1582年「本能寺の変シナリオから1600年「関ヶ原の戦いシナリオあたりの年代を基準として青年(時には少年グラフィックで描かれることが多い幸村が壮年グラフィックで描かれるのはしく、「信長の野望シリーズとしても久しぶりである。

また、フィクションでは備えとで戦う姿を描かれることが非常に多い真田幸村が、今作のパッケージではを構えた姿で描かれていてこれも2016年現在希少である。「大坂の陣」で幸村が使ったといわれる「上宿許筒」が2014年開されたことと関係がありそうである。

さらに、織田BGM、徳BGMと並んで真田BGMとは別の真田幸村BGM(評定曲・出曲の2曲)まで用意される優遇っぷりである。

大坂の陣」に関連する武将の顔グラフィックも新たに描き下されるほか、戦国時代末期に活躍した武将が約200名追加される予定である。さらに、2015年に行なわれた「信長の野望」武将人気投票上位20名の顔グラフィックの新規描き下ろしも決定している。


「太閤立志伝」と『戦国立志伝』


今作はタイトルに「立志伝」を含み「武将プレイ」が可であるために、同じコーエーテクモゲームスの「太閤立志伝シリーズファンからも注されている。

しかし、『信長の野望・創造 戦国立志伝』はあくまでも『信長の野望・創造』の続編である。そのため、「太閤立志伝シリーズではなく、大名以外でもプレイすることができたシリーズ第10作『信長の野望蒼天録』や武将個人プレイ制をできる「三國志シリーズ作品に近いものになるのではないかという意見がネット上に存在している。



アップデート


『信長の野望・創造 戦国立志伝』完成発表会にて、「アップデート三段撃ち!!」と称した計3回の大規模アップデートが行われることが発表された。時期は2016年4月末、5月末、6月末を予定している。

おおよそ、4月アップデートゲーム内の選択の広がりを、5月アップデートで編集機を、6月アップデートゲーム自由度を増す良がくわえられ、例えばの外交方針への口出し、転封の時の開発リセット、謀反の自由化など一度生放送で会った要望はすべて反映されていた。6月末のアップデートでは「イベントエディタ」の実装も明言されており、メディアでも「一生遊べるものくらいのボリュームになる」と報道されている。


発表までの流れ


2004年コーエー(現・コーエーテクモゲームス)からシミュレーションゲーム太閤立志伝シリーズの第5作であるWindows版『太閤立志伝V』が発売された。「太閤立志伝シリーズは武将個人プレイを楽しむ作品で、『太閤立志伝V』もその流れをくむ作品である。その後、『太閤立志伝V』は他機種に移植されはしたが、「太閤立志伝シリーズの第6作となる作品は発売されていない。

2013年に『信長の野望・創造』、2014年に『信長の野望・創造 with パワーアップキット』が発売される。

創造PK』発売以降、ユーザーの要望をもとに機強化・善が2015年5月まで行なわれた。そのアップデート継続されているさなか、『信長の野望・創造プロデューサー小笠原賢一がFacebook2015年1月27日付けの記事に以下のような内容を書いた。

これまでいただいたご要望のうち、配下武将の階層化については、ゲームシステムと密接にリンクさせた形で表現すべきものだと考えてますので、アップデートという形で実現することはありません。ご容赦を…。
論、個人的には非常にやりたい要素なんですけどね。
代も本当は分けたかったし…。
この辺りは、次の「信長」になるか、『創造PK2』(あるのか?)になるか、はたまた『立志伝』系になるかわかりませんが、いずれ必ずしっかり実現したいと野望をふくらませています。

また、Facebook2015年5月28日記事には以下のような内容をやはり小笠原プロデューサーが書いた。

それと、『創造』の次の動きについてですが…実は始まってます!
こちらは発表までしばらく時間がかかると思うので、ゆるりとお待ちください。

その後、「『創造』の次の動き」に関してしばらく音沙汰はなかったが、2015年12月17日正式に「信長の野望シリーズ最新作『信長の野望・創造 戦国立志伝』」が発表された(ちなみにこの正式発表の少し前にネット上では今作の発表が近々あるだろうと言われていた)。


スタッフ



次へ»
最終更新日: 19/09/08 04:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ