ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


信長の野望・天翔記


ヨミ: ノブナガノヤボウテンショウキ
掲示板をミル!
86カキコ!

『信長の野望・天翔記』とは、光栄(現コーエー)の歴史シミュレーションゲームである。
本記事は、基本的にWindows 95で発売されたパワーアップキット版(以下、PK版)を基にして記述する。


概要…ですな…


日本戦国時代舞台としている『信長の野望シリーズ』の第6作テーマは、「武将の成長」。音楽は、菅野よう子が担当している。1994年12月PC-98で発売された後、様々なゲーム機移植された。登場武将数は1300、数は214であり、発売当時としては、シリーズ最大であった。1年のターン数は、単位の12ターンから、季節単位の4ターンに変更された。

プレイヤーは、その時代の勢(大名)の中から1~8つを選び、ゲーム上に存在する全てのの支配(天下統一)をす。本作は、武統一のみ可であり、前作『覇王伝』や次作『将星録』にある同盟統一は存在しない。数の増加に加え、本と支の区別が撤されたため、選択できる勢は増加した。本作では、戸沢、二本秋月などが、独立した勢として登場する。

は、第一軍団の軍団長である大名を中心とする1~8つの軍団で構成され、ゲーム進行のメインとなる戦略コマンドは、軍団毎に実行される。戦略コマンドを実行する上で、必要となる行動は、軍団長の各によって決まる。そのため、大名自身が成長することと優秀な人材を軍団長に抜することが重要となる。

本作の特徴的なシステムは、軍団制と教育システムである。軍団制により、歴史シミュレーションゲームにありがちな終盤の作業感が軽減され、教育システムにより、育成ゲームとしても楽しめるようになった。


発売された主な機種


シリーズで初めてWindowsに対応した。スーパーファミコン版の詳細については、『信長の野望 天翔記@Wiki』[外部]を参照。

発売年 機種 備考
1994年12月 PC-98 を2つ(PC-9801-26K / 86)から選択できる。
1995年 Windows 3.1 98版を元に高解像度化、CDサウンドPCMによるSEに対応
1995年9月 セガサターン 音楽に関しては、出来が良い。
1995年12月 Windows 95 PK付属。3.1版よりイベントムービー、特殊効果追加。解像度が低い。
1996年1月 スーパーファミコン 戦争システムが大幅に違う。武将数などが減少している。
1996年3月 Playstation PK版には、「信玄上」という独自のシナリオがある。
2002年6月 Windows XP Windows 95版を復刻したもの。PKが付属している。
2005年9月 PSP PKは付属していない。
2015年11月予定 PS VITASteam PK付属、HD化。パッケージ版・DL版同時発売予定。

※その他:Machintosh、FM-TOWNSIBM-PC/AT互換機DOS/V)


わしは評価が得意です


難易度と娯楽性の高さにより、シリーズ最高傑作との呼びが高い。プレイヤーからの高い評価を裏付けるような言も存在する。本作の欠点としては、500人という登場武将数の制限と汎用顔グラの多さが挙げられる。
有志が作成した『信長の野望 天翔記@Wiki』は、情報が非常に充実しており、根強いファンが多くいると思われる。

コーエースタッフの証言

下記の引用文のソフトとは、次々作『烈風伝』を担当したソフトウェア1部課長(当時)のことである。

ソフト たとえば、『天翔記』という作品の評判はいいんですけど、これはなぜかというと、コンピューターが強いからなんです。シリーズ中の多くの作品においては、プレイヤーの領が広がっていったあとの中盤以降になると緊感に欠けるということが摘されていたんですが、その点が解消されたわけなんですね。コンピューターが強くなっているから、中盤以降もうかうかしていられない、と。

宝島社文庫『戦国武将』(1999年)P69より引用

ソフト 『覇王伝』という作品では七十のが出てきたんですが、それらのをすべて攻略するのはいかにもしんどい。(中略)それでいながら、次の『天翔記』ではさらにを増やしたんですけど、そのときには「軍団制」というシステムを導入して「委任」という示を出せるようにしたことで、自分ですべての戦争揮する必要がなくなったんです。そのシステムは好評だったんですが、さらにその次の『将星録』では、システムガラリと変えたこともあって、の数を減らして軍団制も取り入れなかった。そうすると、プレイヤーの皆さんにしてみれば、「どうしての数が減ったんだ!」と前作との差を感じてしまうことになるわけです。

前出『戦国武将』P66、67より引用


特徴を解説した後に飲む茶もまた格別…



高難易度、軍事偏向


CPUが非常に好戦的で、序盤からプレイヤーを本気で殺しにかかってくるため、難易度は高い。十河姉小路といった弱小勢を選択した場合、ターンが回ってくる前に滅ぼされることがある。CPUの拡大速度と武将の成長速度はかなり速く、強であっても内政に時間をかけていると圧倒されてしまう。じっくりと内政に取り組んでいては、天下統一どころか生き残ることすらままならない。

内政より戦争数を増やした方が、収入面でも武将の育成面でも効率が良く、プレイヤーが行うコマンドは、徴兵や戦争などの軍事コマンドに著しく偏ることになる。領民から、人を搾取して、戦争と暗殺に明け暮れるのが、大名のあるべき姿であり、領民を大切にする善政は滅亡へのである。


娯楽性重視


史実を再現することより、娯楽性を重視した作りとなっている。


軍団制


第一軍団以外の第二~第八軍団に対しては、直接コマンドを出すことができず、CPUの軍団長に戦略コマンドを任せることになる。CPUの軍団長に対しては、評定により、戦略の方針や特定コマンドの禁止などを示することができる。

団長が謀反を起こして独立した場合、その軍団に与えた、武将などは、全て独立した軍団長のものとなるため、ギリワンギリニといった連中を軍団長に任命してはならない。

CPUの軍団長は、頭が悪い頼りないので、勢が拮抗した状況での戦争には向いていない。較的向いているは、安全地帯での内政か、下の趨勢が決した後の消化試合的な戦争である。

謀反(軍団独立)

団長の「忠」が「野望」の半分以下になると、謀反を起こして独立する可性が出てくる。普通にプレイしている限りはそのような値にまで忠が落ちる事はまずいが、大名の代替わり時には忠が変動しやすいので注意が必要。逆にわざと独立させたいのであれば、宝を与えて即取り上げるのが手っ取りいだろう。

ただし例外的に、野望が極端に高く、義理が極端に低い武将は忠値に関係なく、いつでも謀反を起こす可性がある。代表例は松永久秀宇喜多直家津軽為信など。よって彼らは絶対に軍団長にしてはいけないのだが、野望が高い=有能な軍団長であるため、CPUはよく彼らを軍団長に任命しては謀反を起こされる。これもまた、天翔記の読めない展開を演出するのに一役買っていると言える


武将の個性化


武将のを表す項に、4つの兵科と8つの技が加わり、武将が個性化した。個性化により、恩恵を受けたのが、一芸に秀でた武将達である。稲富祐直九鬼嘉隆などは、前作まで庸な武将に過ぎなかったが、本作では、軍の兵科が非常に優秀であり、状況次第では圧倒的な活躍が可である。戦闘が低い武将であっても、暗殺、挑発といった強な技が使えれば、戦争での(限定的な)活躍が期待できる。

各武将には、個性に合わせた口調(全8種類)が設定されており、同じ台詞であっても口調により微妙に変化するようになった。口調が高今川氏真は、台詞おじゃる口調に、粗暴の柿崎景家は、山賊のような口調になっている。また、台詞の種類が大幅に増え、相手や状況に応じて使い分けるようになった。


教育システム


本作の武将の政治戦闘、智謀)は、現時点での実である実行と、実行限界値である才とに分離された。そのため、武将の育成が非常に重要な要素となった。実行は、各に対応するコマンドを実行するか、教育コマンドの講義と披露により上昇する。講義の種類はかなり多く、実行だけではなく、兵科の上昇、技の取得も行える。

どれだけ才のある武将でも、実行が不足していると、才を発揮することはできない。逆に、才があまりい武将でも、実戦や教育で鍛え上げることで、最後まで活躍させることができる。鍛え抜かれた上杉憲政であれば、(鍛えていない)北条氏康フルボッコにすることが可である。


多勢力が入り乱れる戦争


戦争を仕掛けた場合、攻撃標のだけではなく、そのの周辺のも巻き込むことになる。戦場となるのは、最大で9。状況次第では、3~6の勢が一度に争うこともある。戦争に巻き込まれた勢は、攻撃側、守備側、中立、不戦、の4つから立場を決める。中立を選んだ場合、戦況が有利な方に途中から味方し、漁夫の利を占めることができる。戦争時の攻撃側と守備側の区別は曖昧であり、守備側が逆襲して攻撃側のを奪ったりすることもしくない。


隆慶一郎の影響


隆慶一郎小説作品から、様々な影を受けている。そのことを裏付けるような言も存在する。

影響を受けた作品と本作への影響

括弧内の数字は、最大値を100とした場合の数字である。

影武者徳川家康
徳川秀忠の変貌。前作では、政治73智謀49野望52凡将であった。本作では、政治162(81)智謀172(86)野望87、暗殺の技も持っており、野心溢れる悪役らしいとなった。
柳生宗矩の変貌。前作では、政治49戦闘88智謀37野望67剣豪であった。本作では、政治152(76)戦闘15075)智謀174(87)野望86、暗殺と焼討の技も持っており、忍者に近くなった。
島勝猛(左近)の大幅な強化。前作の戦闘77智謀55から値が大幅に上昇し、本作では戦闘18492)智謀166(88)となった。本作の勝猛は、兵科も高くトップクラスの強さである。
『捨て童子・松平忠輝
主人公松平忠輝が、本作で初めて登場した。本作の忠は、政治15477戦闘17085)智謀132(66)であり、かなり優秀な武将となっている。
『死ぬことと見つけたり』
PK版で、龍造寺鍋島の武将と原の乱に関わった武将が大量に追加された。鍋島元茂、鍋島高澄、鍋島茂、龍造寺龍造寺高房、松平信綱天草四郎松倉重政倉勝板倉は、本作が初登場。天草四郎松倉重政を除く他8名は、シリーズの他作では滅多に見ることができないレアな武将である。さすがに自重したのか、斎藤杢之助と中野は登場しない。
『見知らぬへ』
主人公向井正綱が、本作で初めて登場した。本作の正綱は、戦闘154B軍Aであり、九鬼嘉隆戦闘152D軍S)より優秀である。

コーエースタッフの証言

下記の引用文のデータとは、ゲームで使用するデータをまとめるデザイナー(当時)のことである。

ソフト 前田慶次に関して言えば、実際、『花の慶次』がスッタフルーム置いてあって、みんなが読んでますからね。それにデータを作成している彼が戦国好きで、とくに隆慶一郎ファンなんです。
データ 基本的には、まっとうな歴史史料から武将を選んでますし、小説漫画を読んで新たに登場させた武将というのはほとんどいません。……ただ、一度だけ、『天翔記』のときに、隆慶一郎の『死ぬことと見つけたり』を読んで、龍造寺の武将をいっぱい登場させたことはありました。そのせいで、『天翔記辞典』という本の中で「シブサワ・コウ隆慶一郎ファンなのか?」って書かれてしまったんですけどね(苦笑)。

前出『戦国武将』P62より引用


シナリオの妙わし自ら教えてしんぜよう


シナリオの番号は、編集者が便宜的に付けたものである。

シナリオ1 信長の誕生 1534年


次へ»
最終更新日: 15/12/27 02:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ