ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


信長包囲網


ヨミ: ノブナガホウイモウ
掲示板をミル!
49カキコ!

信長包囲網とは、織田信長政治的・宗教的・地政学的に対立した者達が、周辺勢や各地の諸大名と結託して織田による天下統一事業を阻んだ、大同盟連合(合従連衡)のことである。

一般的に、信長包囲網と呼ばれるものは大きく分けて三つある。

  1. 第一次包囲網・・・に畿内の諸大名(三好六角朝倉など)と宗教(本願寺、延暦寺)による、対織田同盟。後に、織田と同盟関係にあった浅井長政も加わる。時期的には、信長直後の1568年(永11年)から、の戦いを制した1570年(元元年)まで。
  2. 二次包囲網・・・織田信長護されていた足利義昭が、自身の待遇に不満を持ち、各地の大名や周辺勢と密かに誼を通じる。浅井朝倉三好といった従来の大名や本願寺教団に加え、東武田信玄をも加えた、第一次包囲網よりも広大にして強大な包囲網となった。
    時期的には、信長長島一向一揆を鎮圧した1571年(元2年)から、信玄が病死した1573年(元4年)までとされている。
  3. 三次包囲網・・・第二次包囲網の瓦解により追放された足利義昭が、毛利の領へと落ち延びて再決起を図った際の大包囲網。未だ強固な勢を誇る本願寺教団と、毛利上杉といった地方の強大名を多数抱え込んだ、史上最大規模の包囲網となった。
    時期的には、義昭が毛利へ落ち延びた1576年(正4年)から、信長明智光秀の謀反により本寺で死亡する1582年(正10年)までである。

推移



第一次包囲網(1568年~1570年)


織田信長足利義昭を奉じて、畿内への上を果たす。この際、信長は義昭の名代として各地に号を発し、諸大名の即時上を命じた。

だがこれに越前朝倉義景が応じず、信長朝倉へ制裁を加えるべく越前へ出兵。その途上で、それまで婚姻による同盟関係にあった北近江浅井長政が反逆。これに呼応して、三好三人衆六角義賢といった諸大名も相次いで反織田同盟への参加を決め、信長は苦しい戦いを強いられる。

1570年(元元年)のの戦いで、織田軍が浅井朝倉連合軍を破る。それを皮切りに、横島の戦いや野田福島の戦いも、織田軍が有利に事を進める。だが、織田軍の優位も長くは続かず、この一連の戦いに本願寺教団が反織田側として介入してきたことで、信長一気に苦しい局面に陥った。

織田信長浅井長政朝倉義景への決戦を志向するが、浅井朝倉両氏は信長の戦術采配を警し、拒否して比叡山に籠。さらに六角義賢伊勢長島の在地勢が挙兵し、特に長島衆は信長である織田を自させ、滝川一益を防戦一方にするなど、老若男女含む数の暴力織田軍をジリジリと圧迫した。

織田信長との直接対決を避け、信長の戦をできる限り削ぐ形となった「志賀」と言われるこの戦いは、織田軍劣勢が日増しに顕著になる。一応、南近江では羽柴秀吉丹羽長秀の奮闘もあり、また山岡の協もあってやや優勢ではあったものの、摂津伊勢、尾方面では戦線を支えきるのは難しい状況になりつつあった。また森可成坂井政尚、織田といった重臣一門の戦死者も出始め、暗が漂っていた。

このまま包囲網の中で戦っていても、ジリ貧なのは明だった。信長作戦を外交戦へと切り替えた。この時点で足利義昭はまだ信長と敵対する姿勢はなかったのか、幕府そして朝廷もこれを歓迎した。信長という支援者を失いたくなかった朝廷正親町天皇自ら和の差配を行う。こうなっては反信長連合もどうしようもなかった。また織田信長との長期戦を不安視するも出始めており、利一致となった。

信長六角義賢篠原長房と、次いで浅井長政朝倉義景とも和する。三好三人衆や本願寺・一向一揆衆は諸大名との和後もある程度の交戦を続けるが、六角浅井朝倉といった有が一時的に抜けたことで包囲網は勢を大きく損なった。織田信長が体裁上折れる形でメンツが保たれた反信長がひとまず兵を引くという形で戦いは終わり、信長はこの難局を乗り越えた。

虚実あるべし。(何かの間違いではないのか!?

朝倉への遠征途中、ヶ崎で織田信長が発した一言。盟友であり婿でもあった浅井長政が裏切ったと知らされ、信長しく狽しながらこう言ったとされる。
浅井長政織田を裏切ったという事実を、信長お市から贈られてきた小豆の袋によってい知ったとされている。布袋の両端を紐で縛ってあった小豆袋を見て、信長は自身がこの袋の中の小豆であることを察し、上記の一言を発した。それは、旧時代を一掃しようという野心溢れる男の、永き戦いのほんの端緒でもあった。


第二次包囲網(1571年~1573年)


信長の権握によって室町幕府は一時的に再したが、当の将軍である足利義昭は、後見人である信長の所業について疑義を抱き始めていた。義昭が信長に『副将軍』の地位を用意しても受けようとせず、また信長は『殿中御掟』を制定して義昭の行動を暗に制限しようとした。

特に『殿中御掟』の制定について、義昭の怒りは甚だしかったようで、以後の彼は信長を敵視し始める。
義昭は以前にも信長包囲網を形成した浅井朝倉六角といった畿内大名衆や、本願寺や延暦寺といった宗教や一衆、更には東の強として知られていた武田信玄に御内書を送り、密通する。(当初、義昭は西の安芸毛利にも包囲網参加を要請していたが、毛利元就はこれを明確に断っている。)

これに対して、信長は義昭の関与を疑いつつも果敢に攻撃。1571年(元2年)には磯野員昌を降伏させて佐和山を落とし、長島一向一揆では織田を失ったが、苛に攻め立てて一衆を封じ込めた。また、同年には延暦寺を焼き討ちしている。

1572年(元3年)には、北近江浅井長政に対して本格的な攻勢を開始。小谷を包囲したことで美濃と畿内を結ぶ兵站線が安定したため、戦況はますます織田側へ有利に傾いていった。途中で松永久秀が反旗を翻したが、信長は各方面に対して冷静に対応した。反信長連合はいよいよ追い詰められ、味方となった甲斐武田信玄にほぼ希望を託す形へとなっていた。

1573年(元4年)4月、西上作戦中だった武田信玄が病死したことで、包囲網は大きくを損なった。信長の上以来、反織田姿勢を貫いていた三好三人衆も、中心人物だった岩成友通7月に戦死したことにより、営としては崩壊する。(後に、その構成員の一人だった三好政康大坂夏の陣豊臣方として参戦しており、真田十勇士の一人である三好モデルともなった。何年潜伏してたんだアンタは・・・
信玄の死に勢いを得た信長は、その年の8月朝倉義景浅井久政を、9月には久政の子・長政を討つことに成功。これにより包囲網事実上瓦解することになる。

また包囲網形成の黒幕だった足利義昭は、1573年7月に槇で挙兵したが、既に時勢を得ていた信長には敵わずに槇を追われてしまっていた。(当時、義昭は最大の同盟相手だった信玄の死を知らなかったと言われているが、もしそれが事実だとしたら実に滑稽な話である。)


 第三次包囲網(1576年~1582年)


織田信長によって畿内を追われた足利義昭は、なおも幕府復信長への復讐を諦めきれず、護先の毛利を中心とした新たな信長包囲網の構築を論んでいた。

だが、頼みの綱だった甲斐武田は、信玄の跡を継いだ武田勝頼長篠の戦い織田信長徳川家康に大敗して以降はその勢も下火となっており、畿内にはもはや織田に対抗し得る有大名はいなかった。そこで義昭は、未だに根強い抵抗を続けていた本願寺教団と、武田と並ぶ強である越後の上杉謙信、更には瀬戸内海海賊衆にも参加をめた。また足利義昭上杉謙信武田勝頼北条氏政の三者協調を説き、一貫して信長とあたるようもくろんでいたと言われている。

こうして、本願寺、毛利上杉武田らを始めとする、史上最大規模の大信長包囲網が出来上がった。(毛利は当初、元就の方針により信長包囲網への参加には否定的だったが、元就死後は方針を転換した。)
毛利瀬戸内海賊衆と協して、当時重包囲下に置かれていた本願寺(石山御坊)への路での兵糧補給を行い、これを成功させる。(その時、毛利軍と海賊衆が織田・九軍との間で大規模な戦を行っているが、毛利軍がこれに勝利した。1576年の第一次木川口の戦いである。)

また、北陸では上杉謙信が義昭のめに応じて、加賀能登への侵入を開始。翌年の1577年(正5年)には、畿内で再び松永久秀が反逆するに及び、に反信長連合が勢を盛り返し、織田信長はその対応におわれることとなった。これに信長は各個撃破戦術で対応し、紀州雑賀衆を紀州征伐で破り、また加賀一向一揆も重鎮の柴田勝家派遣することで収束へと向かわせた。

また翌1578年(正6年)には、手取の戦いで柴田軍が上杉軍に敗北したものの、その直後に上杉謙信が病死する。また上杉はその後、後継者争いにより御館の乱が勃発して外征どころではなくなったため、事実包囲網から脱落した。また、御館の乱に伴い、武田勝頼北条氏政が対立し、北条氏政織田信長に味方した。結果、足利義昭論んだ上杉北条武田の三者協調路線は、ここに破綻することになる

北陸の脅威が消え失せ、信長は再び畿内を注視。反逆した松永久秀には嫡男の信忠をあたらせ、丹波の波多野秀治赤井直正には明智光秀をあたらせ、これも順繰りに撃破していった。

だが一方、中国地方の戦況は芳しくなく、毛利軍の東進により播磨や丹後などが脅かされていた。これに信長織田信忠羽柴秀吉らをあたらせて毛利との戦いに従事させるが、戦局着や播磨の別所長治の離反に伴い、対毛利の駒として用意していた尼子勝久山中鹿介を見捨てることとなり、二人は上の戦いで戦死(勝久は自鹿介は捕縛後殺)してしまっていた。

またこの頃、摂津では荒木村重が本願寺・毛利方に寝返っていた。また、本願寺も毛利軍による上補給を受けて勢を盛り返しており、予断を許さない状況にあった。これに信長は、新たに開発した甲船を投入して再び上封鎖を実施。毛利軍と瀬戸内海賊衆を撃破し、本願寺の糧全に断つことに成功した。(第二次川口の戦い)

1579年(正7年)、寝返った荒木村重別所長治織田軍に包囲されて孤立し、丹波では波多野秀治が降伏。またその年の暮れには、備前の宇喜多直家毛利下を抜け出して信長に与したため、中国地方の戦況も徐々に織田軍有利な形勢へと傾き始めていた。

1580年(正8年)、反織田同盟の最右翼だった本願寺教団が、法顕如石山御坊退去によって事実上降伏し、10年近く続いた石山合戦が終結する。本願寺に協調していた雑賀衆も、雑賀孫市鈴木孫一)を中心とする親信長土橋守重(土橋若太夫)を中心とする反信長に分裂することとなる

その後、信長1582年(正10年)には東の脅威だった武田勝頼を攻め滅ぼし、北陸甲信越を制圧して上杉景勝を窮地に追いやる。関東では北条氏政織田信長との連携を強めてはいるが、事実上その体制に組み込まれつつあった。また、中国地方では毛利の要衝である備中高松秀吉攻めにしており、毛利氏の背後にいる大友宗麟信長に味方して毛利氏を圧迫するなど、もはや包囲網瓦解も時間の問題となっていた。

ところが、その1582年(正10年)の6月に、織田信長明智光秀の謀反によって横死。その後の織田の内乱などもあり、信長包囲網は、最大の敵であった信長が死んだこと、その後の政情混乱などもあり、その意義すらも徐々に薄れ消え行くものとなっていった。


包囲網関係者達のその後


織田は、中心人物だった織田信長だけでなく、嫡男の織田信忠や、有臣だった村井貞勝らを失ってしまったことで急速に弱体化していき、織田信雄織田信孝の権争いや羽柴秀吉の台頭によって次第に勢を衰退させていくことになる。その後、秀吉豊臣政権を打ち立て、織田秀信を始めとする織田までもが豊臣氏に臣従すると、織田信長織田を巡った信長包囲網は全に的を失った。

そのため、外交体制の一新が行われていき、反織田の最先鋒として対立していた毛利上杉は、羽柴秀吉と結ぶことでその後の豊臣政権下で重要なポストとなり、秀吉下取りを支えていくことになる。

一方、包囲網形成の導者であった足利義昭は、秀吉から山に1万石の領地を与えられた。その後、将軍職を辞して受、出して余生を過ごした。(朝鮮出兵の際には、肥前まで名したりしている。)


次へ»
最終更新日: 20/01/25 17:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ