ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


俺のヴァイクラン


ヨミ: オレノヴァイクラン
掲示板をミル!
54カキコ!

 

ガドル・ヴァイクラン!!

 

俺のヴァイクランとは、「第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ」に登場したハザル・ゴッツォ自慢の専用機である。


俺の概要


ゼ・バルマリ帝国にて建造された機動兵器。設計者はシヴァー・ゴッツォ
な念動者の搭乗が前提となっており、カルケリアパルスティルゲム(念動感知増幅装置)を搭載している。
武装にガン・スレイヴを持つことや、ベリアレディファーの演出がベルグバウアキシオンバスターと同じであることから、バルマー側が独自にアストラナガンの再生を論む計画の一環として建造されたものと思われる。

…のだが、一体どこで何を間違ったのだろう。合体ロボが欲しくて仕方がないハザル坊ちゃん上に駄々を捏ねた結果、随伴機ディバリウムとの合体機構や合体時の必殺技アルス・マグナ・フルヴァン実装されたり、合体時にはいちいち「ガドル・ヴァイクラン!!」の掛けが入るなど、機体のコンセプトは明後日の方向に走り出してしまった。制作スタッフが狙ったかどうかは定かではないが、搭乗者であるハザル共々ユーザーから好評を博している(ネタ的な意味で)。

設定上は「スパロボOGシリーズに登場したエアロゲイターの指揮官用機ヴァイクルの上位互換機となっているが、「αシリーズにはヴァイクルは登場していないので実質的には裏設定に留まっている。見たヴァイクルよりもアンティノラやジュデッカに近い。また、当初はディス・レヴを搭載する予定だったが、開発が難航したため見送られている。良かったね坊ちゃん

あとどうでもいいが、バルマー帝国との決戦エイスが乗り込んでくるヴァイクランはハザルが乗っていた機体よりも一回りHPが上昇しているのだが、それに伴い機体のコストまでいじったのか、何と量産型のディバリウムを同じ小隊に2機も組み込んでいる(ヴァイクランとディバリウムの機体コストは共に3である)。ハザルとの決戦時にヴァイクランとディバリウム小隊を組むならともかく、こちらでは小隊編成コストを4もオーバーしているのだが、機体の小隊編成コストを解消するくらいシヴァーにとっては造作もいという事なのだろうか。

ちなみにこの自慢のヴァイクランだが、ゲームの進め方によっては最終話でディバリウムズフィルード共々、ザコ敵扱いで大量発生するのもキツい。


俺のヴァイクランの武装・必殺技


前述の通りネタ要素には事欠かないボス機体であるが、いざ戦闘となると「バルマー帝国軍総」の肩書きは伊達ではなく、使用する武器の大半が全体攻撃となっている。さらには搭乗者であるハザルが特殊技「集束攻撃」を持っているため、小隊長のみならず小隊全員精神コマンドなどで防御策を講じないと、命中率&クリティカルアップ小隊と合わせて中々に手こずらされる事だろう。


中の人



ハザル・ゴッツォ


ゼ・バルマリ帝国軍の総で、宰相シヴァー・ゴッツォドラ息子CV吉野裕行
専用BGMは「CLOWN MASTER」で、シヴァーの専用BGM「ZEST SEVEN」のアレンジ

序盤にて、SRXをいとも容易く打ち破るというインパクトのある登場で中ボスとしての貫を見せ付けた。
その後は霊帝ルアフ・ガンエデンへの反逆を企てるシヴァーの命を受け、地球の戦の接収と地球側のガンエデン神子イルイ捕獲のために第1艦隊と特殊部隊ラー・ゴレムを率いて行動する。
しかし中盤になると、自分のを過信するような態度や感情的に行動する短慮な面が立つようになり、器量の小ささ・無能さを露呈し始める。シヴァーが彼を通さず副官のエイスに直接示を出していたり、部下である孫におちょくられたりなど、指揮官としても人望がないことが明らかになっていく。
また、父親に認められたいがために戦功をを上げようと必死になり、次第に追いつめられて暴走する姿は、αナンバーズの面々にも同情されることとなった。
ジュデッカ・ゴッツォシリーズバルシェシリーズなどの人造人間を「人形」と呼び蔑んでいたが、この手の作品のお約束として自分自身もまたシヴァーが造り出した人形に過ぎず、人為的にサイコドライバーを生み出す実験体(ハイブリッドヒューマンタイプPD)であったことを知らされ、「人形ではないィィィ」と錯乱状態に陥ったところを「失敗作」としてエイスに討たれた。

なお、エイス自身もハザルと同の人造人間であり、これらは感情を持つハザルと感情を否定するエイスのどちらがサイコドライバーとなり得るかを較するためのものであった。

巫女アルマナルリアとは幼少時には姉弟のような間柄だったが、現在では彼女のような振る舞いに苛立ちを見せ、またシヴァーの叛意に気付き始めた アルマナの処遇を巡って対立する。かつてはシヴァーの親友でもある武将バラン・ドバンの子でもあったが、粗暴さゆえに師関係を解消させられている。
要するに、

等、憎まれ役でありながら(ある意味萌え要素が多いキャラでもあり、味方化という救済措置がありそうでなかった惜しさも相まってプレイヤーにもされているキャラである。
ちなみに本作ではリュウセイライバルキャラとなっており、互いにロボオタにしてマザコンorファザコンという共通点を持つ。もうR-3にハザル乗せようぜ、R-2はテンザンで。

※1 しかもバンプレイオスの登場で立場がいよいよ逆転し始める
 調子に乗って「地球人の虐殺」を宣言したのがそもそもマズかった。発言には気を付けましょう
※2 トウマ編のみ。100対1の戦闘というスパロボなら驚愕ものの戦況でありながら、無双ゲーのザコ敵同然になぎ倒された
※3
鋼鉄ジーグからも「お前父親操り人形かよ!」と突っ込まれる。お前が言うな
※4
リュウセイ病の患者はバルマーにもいた! これはつまり地球バルマーとの関係を示す重要な鍵…なワケはない
※5 竜馬さん合体というものを勘違いしている」 豹馬さん真似野郎」

 

また、ハザルとはヘブライ語で「帰る」を意味し、ユーゼス、シヴァー(ヘブライ語で「7」を意味する)に続く三番のゴッツォ人間であることから、帰ってきたウルトラマンに当て嵌められる。 また後述するエイスは、そのまんまAに該当するため、シヴァー息子であるハザルタロウも兼ねているのではないかとも言われているまあ、ボンボンだし…。

ちなみに、ゴッツォの中では彼だけが仮面を付けていない。顔の造形は「スーパーヒーロー作戦」のユーゼス改造前)とほぼ同じ。髪型も似ている。もこっちウルトラマンマニアじゃなく合体ロボマニアだけどな。


エイス・ゴッツォ


ザルの副官。乗機はディバリウム。ハザルの死後はヴァイクランに搭乗する。
設定上はハザルと同じだが、戦闘時はAI等と同様で一切喋らないために専用の台詞はない。
専用BGMはハザルと同じく「CLOWN MASTER」。

幼少時より仮面を被っており、にも素顔を見せたことがなかった。これはハザルと同じ顔であることを隠すための措置でもあったが、彼の死後も仮面は外していない。だって顔グラパターン増やさなくて済むんだもの。

ヴァーからの示を直接受けることも少なくはなく、指揮官としてのはハザルよりも評価されていたようである。ハザルと同ハイブリッドヒューマンだが、こちらは感情豊かに育つよう仕向けられたハザルを傍らで見続けることでそれを「茶番」と規定し、感情の非生産さを学ぶよう育成されている。本人は自身を「感情を否定し、機械的に任務をこなすだけの人形」としているが、その一方でハザルに対しては嫉妬と侮蔑の念が垣間見え、最期まで「ハザルとは違う」ことに固執し続けた。
バルマーでの決戦時はハザルから奪ったヴァイクランに搭乗してくるが、周囲にディバリウムらせている。戦闘では論、上述の合体攻撃を言のまま淡々と使用してくるが、強合体攻撃が使用できる点についてはエイスはどう思っているのだろうか。
最終的にαナンバーズに敗れ去るが、本人は己の死をあくまで(ハザルとは逆に)淡々と受け入れた。ハザルとは違うのだよハザルとは!

ちなみにエイスとハザルが同一の存在である事を示すヒントとして、ハザルエイスが2人とも出撃しているステージで両者のステータス画面を見べると・・・?


俺の関連動画



■sm511105[ニコ動]

■sm5757405[ニコ動]
■sm3890468[ニコ動]


俺の関連商品


■azB000FA3GHO
■azB000ALJ1P4
■azB001GHD22E


俺のコミュニティ


■co323


俺の関連記事



次へ»
最終更新日: 18/10/21 16:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ