ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します



ヨミ: ゾウ

とは、以下のことを表す。


漢字として


Unicode
U+50CF
JIS X 0213
1-33-92
部首
亻部
画数
14画
意味
類似した、見たイメージ、形、る、実物をって作った物、手本、規則、従う、という意味がある。〔説文解字・巻八(段注本)〕に「似るなり」とある。
字形
符は。なぜ像が形や規則という意味を持ったのかはよく分かっていない。段玉裁によると〔非子〕以前に像の使用例はないという。また、像は〔楚辞〕に使用する例が多く見られ、もと方言なのかもしれない。
音訓
読みショウ音)、ゾウ音)、訓読みは、かたち、かたどる、のり。〔説文解字〕には「みて養の若くす」とある。
名のりに、かた・すえ・み、などがある。
規格・区分
常用漢字であり、小学校5年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
像形・像讃・像似・像法

最終更新日: 12/03/24 11:03
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社