ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


僧正(とある魔術の禁書目録)


ヨミ: ソウジョウ
掲示板をミル!
28カキコ!

僧正(そうじょう、魔神僧正)とは、ライトノベル新約とある魔術の禁書目録』に登場するキャラクターである。

初登場:新約10巻 デザイン画はこちら[外部]


概要


異世界・別位相「隠世」に住む魔術魔神」の一柱。

人が“死”に臨んだ姿のなれの果て「即身」。その条件を満たしたの成り損ないである。
※ここでいう死とは、死を以て生を永遠とする考え。

起源について考察

安初期、弘法大師空海が当時の正統仏教を学ぶため唐へ渡った。空海は旧態依然とした日本仏教革命をもたらし、日本仏教は独自の仏教観を得て大きく進化した。
その後、空海は「真言宗」を開いた。真言宗とは密教(秘密仏教)であり、純密の本尊「大日如来」を自然宇宙の真理そのものとする教えのことである。言密教とも呼ばれる。

とあるシリーズ僧正も恐らくこの真言宗仏教政治が密接な関係だった時代の高僧とされている。

即身仏

この身、このままで-仏陀-になる」と謂う言密教には、当時の日本仏教でも革新的な「入定」という観念が背景にあった。これは真言宗修行の中でも究極の修行法である。よく混同されがちだが即身と即身成仏とでは意味が異なる。どれくらい違うかと言うと「裕福と幸福」くらい違う。

人に尽くした徳の高い僧が、衆生救済の厳しい修行の末、現世の身のままで涅槃解脱)を得て六道の環を外れ、一代で自身がとなる。そんな高僧の成れの果てを即身と呼ぶ。

土を掘り、僧が地下に潜ると埋める。五穀を断ち、絶命するまでを鳴らしながら経を唱え続ける。
時が経ち僧の死体は「ミイラ」となる。そして人の手で掘り出されてられる。
衆生を本気で救う為の、現代の見解としては「自殺」に他ならない行為に及ぶ信心深い僧である。

壮絶な修練を終えてとなり、現世には木乃伊として姿を現す。これにより本来ならば、教義のもと一種の信仰対と見做されるわけだが……。


魔神「僧正」


魔神僧正」も元は入滅した高僧の一人だった。

即身という方法はとても回りくどく、他人の協いと決して「」と認められないやり方である。
(具体的に言えば「ミイラ」として死体の保存に成功した時点で即身は成立するのだが、それを掘り出して「」としてり上げるのは生きている人間でなければ出来ない。つまりとして生かすか殺すかの判断が第三者に丸投げされているという、極めて面倒なシステム

僧正は即身の要件を一つを除きすべて満たしていた。その一つとは「信仰面」である。彼は運悪く仏教間の対立に巻き込まれ、最後の最後に信仰だけが得られず即身としてられなかった。
僧正に即身と成って欲しくない者達が、不動明王モチーフにした爛な副葬品を死後に身に付けさせ、それを欲にまみれたなどと悪印に仕立て上げて信仰を得られなくしたのである。

しかし、彼は必要な手順を全て終えていた。
ただひたすら衆生を救うためだけに、全てを理解してあらゆる行程を成し遂げ、そして結論づける。

なるほどのう。衆生の救済には新たなに座を与える必要もなかった。いやはや、流石の儂も考えが及ばなかったわい』

『であれば儂がその役を買って出よう。あさはかな欲を捨てられなかった未熟者にして、完成を待たずして死に絶えた惨めな破僧。となっても座を与えられず、となっても役割を与えられず、ただ大なを持ち彷徨うモノの一つに』

『儂はなるぞ。おらが望んだ通りの ただ僧正、ただ迷いに』

こうして魔神僧正」が誕生した。
僧正を貶めたある者は彼に泣いて許しを乞い、ある者は媚び、ある者はりかかり…。
もはや周囲の手での座を剥奪されの座に収まらない彼は、「衆生」に望まれた「救済」のためと信じ、自儘に血まみれの牙を振るった。

僧正過去と思想は狂気に満ちており、自らが受けた仕打ちを衆生の望むもの(救済)と解釈し、「役割のない」として動く事が衆生の救済に繋がると信じている。

オティヌスと違い狂気を感じられないと言った上条も、この事を聞いた際に動揺を隠せなかった。

性格

後述するが、かなり陽気な性格で冗談も通じる。
「好々爺」…と言うとちょっと弊があるがニュアンスとしては間違ってないはず。

可哀想な過去は別として、共に現世に入ったエジプト中国女神様からの評価がかなり低い。

ネフテュス僧正。だから方は悟れないのよ? いい加減に気づいたら?

娘々ジジイ、男の泥棒猫とか最悪過ぎね? そりゃ木乃伊になるまで自己を貫いたのにからも信仰を得られない訳だわ

 
魔神僧正」は頭に血が昇ると発言の内容が5前と180度変わる神様と言われている。この性質ゆえ周囲の評価は推して知るべしと言ったところか。

容姿

新約10巻の魔神「娘々」の発言から、木乃伊である事は判明していた。

娘々:ジージーィー、木乃伊になって物忘れしくなってる? ゾンビ少女キメラちゃんもみーんなここにいるって。
ただ髪の毛一本分の隙間が限の距離に広がるここじゃ、巡り合えるのは運任せだけどねー

 
のように多い皺、焦色の肌。の法衣を身にい、の装飾品、純金を持つ。
この格好は大日如来の化身「不動明王」がモチーフとなっているようだ。

ミイラである彼は元からなのかは不明だがが生えてない。デザイン定したハゲと呼ばれている。

はいむら的デザインモチーフ高橋留美子漫画犬夜叉』に登場する即身心上人」。


能力


元は人の身でありながら魔術を究めた末に、神の領域に辿りついた魔術師を「魔神」と呼ぶ。

数字どころか「限」と表現するしかない程の大なを有し、世界を望むままに操る。
しかし、世界に一歩でも入れば世界の方が魔神という限の容量を持つ存在に耐えられず、粉々となってしまう。そのため魔神異世界隠世に隠居している。

新約13巻では弱体化した影で位相のは使えなくなっていたが、そんな僧正でも上条達の相手は務まる。というか充分過ぎるほど強かった。

土属性

土を。府を。自らをした餓死の間を引きずり、操る……そんな『魔神

神道において死とは「穢れ」。
死体を土中に埋葬する葬法「土葬」は穢れを隠す側面をもつ。日本では仏教と共に火葬が伝来するまでは土葬流だった。これは日本各地に根付いた土着信仰、神道習が背景にある。
『とあるシリーズ』だと「神仏習合」の結果、混ざりに混ざった土中入定と穢れの概念が、僧正の存在に影を与えたという設定になっている。
ミイラ化で僧正の体から出たものと「土」が一体化し、関連付けられたらしい)

巨大な「泥の腕」を地面から生やす、その腕で20階建てのビルを振り回す、土砂を起こすなど割とやりたい放題やって学園都市に多大な被害をもたらした。
これでもフルスペック魔神のスケールを考えると微妙と言わざるを得ない。

そもそも世界を壊さず手足を動かしている時点で相当な弱体化を受けているのだから仕方ない。

耐久性

摂氏1000度のマグマを浴びても然としている。
また、マスドライバー宇宙に吹っ飛ばされても普通に過ごしてもいた。
というか宇宙を伝搬させたり、アローヘッド彗星に乗り(取り込んで?)地球に戻って来ようとした。

つまり弱体化した状態でさえ、普通の方法では死ぬことはないと考えていい。


鏡合わせの分割


ブードゥー教の魔神「ゾンビ少女」が生み出した魔神用の術式。

魔神とはく“限”のを保有する存在だが、現世つまり上条達の居る「世界」はその“限”の存在を受け入れるほどのキャパシティには至ってない。
魔神が現世に足を踏み入れようものなら「世界」はステンドグラスのように粉々になってしまう。

そこでゾンビ少女が提唱した、限の存在(魔神)を限に分割し、「世界」のキャパシティ限界まで魔神の容量を下げた上で、自己と重ね合わせて「世界」を騙す、という理論が重宝されている。

限と呼べるわたし達の限に等分する事で、この世界で許容可なギリギリのレベルに自己を留める。 ……でもこれ、見方によっては最悪の変容じゃないかなあ? 何しろこれ、殺しても殺してもキリがない。 マトリョーシカタマネギみたいに、わたし達を全に殺すには永遠に等しい戦闘を繰り返さなくちゃならなくなったんだから

新約とある魔術の禁書目録12巻 魔神「娘々」の発言を抜


つまり現世に入る為に「レベル」を「レベル99999999999999999(ry」に下げたようなもの。しかしそれを限に近い回数分倒さないと魔神は殺せない。

合わせの分割』を適用した僧正娘々ネフテュスは現世に入ったが、実はそれはアレイスター=クロウリーによって竄された魔神弱体化用の「偽の術式」だった。
僧正たちはアレイスターに何らかのパラメーターを撃ち込まれ、殺せる状態になってしまった。


新約13巻


そーじょちゃん

そーじょちゃんとは、新約13巻随一の萌えキャラである。

上条さんラブレターを出す。
「うほほーい」と、コミカルを上げながら時速60kmかそこらのアクロバイクに追い付く。
マグマを浴びて裸になる。
宇宙に放り出されてもコミカルな掛けを忘れない。

に書くと僧正上条に「魔神達の運命論に対する採点者」とならせるためラブレター手紙を書き、その手紙を受け取った上条が「そーじょ」と読んで女と勘違いしたのだが、本当に僧正が「そーじょ」と書いたかまでは不明。

運命論

魔神達は何もしなくても世界の運命をめる。
詳しい説明は「魔神(とある魔術の禁書目録)」の記事に譲るとして、魔神達は自分たちが創る運命やら世界やらへの採点者に上条当麻を欲したのだが、オティヌス戦を経た上条は自らが世界の操縦者に与することをすぐさま拒否し、交渉は決裂した。

戦闘

上条は途中で会った御坂を連れてアクロバイクで僧正から逃避行を続ける。
僧正も「うほほーい」等とコミカルをあげながら、電動自転車から離されないくらいの速度で追う。中、学園都市治安維持部隊と出くわし攻撃を仕掛けられる。僧正も仕方なしに応戦。当然ながら攻撃が僧正に通用するはずもなく学園都市側は多大な被害を出すこととなった。

上条達は「右方のフィアンマ」の協を得た。フィアンマ僧正妖精化しようとアレンジした術式で立ち向かうが僧正フィアンマを一で難なくKO病院送りにした。窮地に陥った上条達も、マグマを浴びせたりマスドライバー僧正宇宙に吹っ飛ばしたりしたのだが、策もむなしく僧正然としていた。

最期

宇宙に放り出された僧正は「アローヘッド彗星」を取り込んで地球へ帰還しようとした。つまりこれは大質量の彗星衝突であり、下手をすれば被害学園都市に留まらなかった。

だが対魔術式駆動鎧を起動しマッハ20で突っ込んできたイヌ種:ゴールデンレトリバー)に、何らかの法則ドリルと共にねじ込まれて消滅した。
ちなみにこの対魔術式駆動鎧ロケットブースタードリルで構成される巨大ユニットである。

ゴールデンレトリバーこと木原幹は、僧正の消滅直前に「とある男」からの言葉を伝えた。

『覚えているか。……世界をより良くしたい、人類を余さず救ってみたい。そんな幼稚な歯車ですり潰されるようにして運命論に命を奪われた、私の娘の名を』

しかし僧正に答えられる時間は残されていなかった。
結局その男…アレイスター=クロウリー

『済まなかったな』

という一言は伝えられなかった。
僧正は最期の間、魔神に成らずに人間であり続けたアレイスターを思い出しながら微笑を浮かべた。

上条が敵対した者達の中でもしい、明確に「退場してしまった」描写が存在するキャラクターでもある。
見ての通り僧正尾上条達との鬼ごっこじており、結局っ当にを据えて会話をする機会は最後まで訪れなかった。
つまり、僧正の悪性だけがあまりにも強調されてしまったのである。

かつて上条はその手で多くの者達を「殺すことなく」救い出しており、オティヌスからも「人間としての理性」として大きく評価されている。
本当に僧正との対話の余地はかったのか。
もしも話が出来ていれば、また違った結末も有り得たのではいのか。
最後にお様がドリルをぶち込む様をを咥えて見ているしかかったのか。
今となってはにも分からず、肝心の僧正も消し飛ばされてしまった。

最後に上条の心に残ったのは、「僧正という人をもっと知っておけば良かった」という1つの後悔だった。

余談

余談だが彗星を見た美琴は恐怖に浸った。だがそれ以上に恐怖を抱いた対は、上条と右腕からピシピシと割れるような音をかせた『何か』である。
弱体化した『魔神』に追い詰められた上条だが、はたして勝ちかったのか。お様がマッハ20で突っ込まなければ僧正上条の対決はどうなっていたのか気になるところである。

ゾンビ少女僧正以外の魔神は「理想送り」によって新地へと飛ばされている。現世から追放されただけで生きてはいるので、結局ゾンビ少女僧正は名有り魔神で数少ない犠牲者ということに…。

アレイスター僧正に伝えた「の命を奪った運命論」は新約18巻で判明する。これまでの会話を見るに魔神側も事情は知っていたものと思われる。
アレイスター=クロウリー

上条の通う高校僧正にぶっ壊された為、上条たちは校舎が直るまで別の高校を共同で使わせてもらっている。その高校には魔神敵「理想送り」の所持者の上里翔流も在籍していた。
仮に僧正が校舎を破壊しなかった場合、もしかすると上里上条は特に親交を深めることなく違うストーリー展開になっていたかもしれない。


元ネタ解説


即身成仏義

次へ»
最終更新日: 18/07/29 00:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ