ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


先導アイチ


ヨミ: センドウアイチ
掲示板をミル!
926カキコ!

 [画像を見る]

先導アイチとは、TVアニメカードファイト!! ヴァンガードシリーズヒロイン主人公である。

担当声優は、代永翼日本語版) / James Beach英語版)。
 

[画像を見る]

この記事にはアニメネタバレが含まれています。
閲覧には注意してください。

 

概要

この物語主人公。気が弱く、おどおどしがちだが優しい心の持ち
いじめられっ子だったが「ヴァンガード」と出会ったことで前向きになり、人間としても成長していく。
櫂のことを尊敬していて、櫂と戦い、認められることを一番の標にしている。

TVアニメ「カードファイト!! ヴァンガード」公式サイト[外部]より引用

後江(ひつえ)中学校に通う中学3年生。誕生日6月6日双子座で、血液型B型先導エミがいる。
幼少期から気が弱く、通っていた宮地学園初等部ではイジーメに遭い、学校の中でも外でもいつもボロボロだった(その後、見かねたの勧めで別の学校へ転校する)。そのころ櫂トシキと出会い『ブラスター・ブレード』を貰い受け、強い自分をイメージするよう諭される。しかし、その4年後である物語本編でもクラス雑兵呼ばわりされたり、カードカツアゲされたりとあまり変わっていない様子。

櫂から『ブラスター・ブレード』を受け取った後、彼はすぐに引っ越してしまったが、その4年後のある日、森川カツミに奪われたブラスター・ブレードを取り戻すために向かったカードショップカードキャピタル」にて再会。その後、櫂とファイトすることを夢見て構築したデッキで彼にファイトを挑み、見事勝利を収めた。以降は森川たちともファイトするなど、良好な関係を維持している。

まるでひなが刷り込みで親にくっついて回るように、事あるごとに櫂の動向を気にする…というか、アイチがヴァンガードをやる、ほぼすべての理由が櫂に起因している。4年前に櫂からもらったカードを後生大事にとっておき授業中に眺めたり、櫂との初めてのファイト後に授業中で使用された島崎藤村の「初恋」だったり、そのあと公園で「」を眺めていたり…乙女すぎっぞ!

少し背伸びをした中学生らしい、痛々しさのある前口上で切り札を切ることに定評があり、視聴者からはよく、「いてててててて」とコメントされてしまう(通称「痛ライド」)。が、雑兵すぎる普段の姿とは裏強いプレイングでヴァンガードファイトをする姿はとても々しい。まるで男の子のようだ

もう一度言うが、ヒロインではない。主人公なのである。
だが、ラジオにてアイチ役の代永翼が直々に「ヒロインだから」と発言するなど、半ば認状態。仕方ないね

月刊ブシロード付録によれば、彼の下の名前に漢字を充てるならば「を智る」と書いて「智」と原作者がっている。

第3期「リンクジョーカー編」

[画像を見る]

第2期のVFサーキットから数ヵ後、高校生になり、戸倉ミサキと同じ宮地学園高等部に進学した。クラスは1年A組。
少し背が伸び、を切って男の子らしくなっている。だが、ヒロインは衰えておらず、むしろ上がっている。

進学校宮地学園ではヴァンガードを嗜む生徒は少なく、学園生活に染めていなかったアイチだが、充実した学園生活を送るため、「カードファイト部」という部活を立ち上げようと自ら動き始める。
転校してきた立凪コーリンや、ヴァンガード興味を持った石田ナオキ、アイチを尊敬する小茂井シンゴ、そしてチームメイトのミサキの4人を部員に加えてカードファイト部を設立し、生徒会の妨を乗り越えながら活動を開始する。もちろん部長はアイチ。こちらも参照 ⇒ アイチラ部

大会、PSYクオリアアジアサーキットなど、様々なことを経験したアイチは、以前のような気の弱さを感じさせず、自信に溢れ頼り甲斐のある姿へと成長している。
……が、ヴァンガード以外のことになると、少々頼りない一面を見せることも。

第4期「レギオンメイト編」

リンクジョーカー侵略を退けて世界平和が訪れた数日後、突如世界から然と姿を消してしまう。
単純な行方不明ではなく、『先導アイチ』の存在そのものが消え、アイチに関する記憶も櫂以外からは失われている。

その原因は、リンクジョーカー編において“虚無”に支配されていた立凪タクトを破った際、
虚無”から放たれた「シード」にあった。
シードリンクジョーカーであり、埋め込まれたファイターリンクジョーカーに取り込まれ、やがてタクト同様リンクジョーカー兵と化してしまう。
勝っても負けても闇堕ちという進退窮まった状態に陥り、アイチはシードを己ごと封印することで世界を守ろうとした。
親しい仲間を敢えて避け、選んだカトルナイツに己の封印を守護してもらおうと考えたのだが、ある思惑により解き放たれてしまい・・・。

最後の決着は、絶望の闇の中で「違う!」とめ続けたあの男に託されることになる。

つまり事実上のヒロインである。

劇場版「ネオンメサイア」

櫂トシキダブル主人公として参戦。
全招待制大会「スクランブル・メサイア」が開かれた中で、かつて櫂を導いた男・伊吹コウジとの遭遇。そしてやっぱり負ける消滅するブラスター・ブレード
アイチは襲い来る新たなリンクジョーカー「根絶者(デリーター)から地球を、惑星レイを守りきることができるのだろうか・・・!?

続編(第5期~)「ヴァンガードG」

G1期において、新主人公となる新導クロノと一だけすれ違った彼と思わしきシーンがある。
ずっと台詞はなかったが、葛木カムイの端末にて彼との通信記録が確認できる。

G2期「ギアースクライシス編」においてはアメリカに留学中(おそらくイェール大学と思われる)。伊吹との通話ながら遂に登場を果たす。
海外伊吹コウジの「Plan.G」に協しており、ラティ・カーティ原作者・伊藤彰ツイッター月刊ブシロード掲載のデザインで確定と待ち合わせていた。
そして「Plan.G」め「ギアースクライシス」の終盤に、ファイカを通じてストライドフォースを送り込む形で参戦。
共に居たラティだけでなく、かつてのQ4のメンバーや、協を仰いだと思われる清州アカネヴァンガードG」序盤の登場人物。この時点で海外に転勤している光定ケンジらと思われるライドイメージとともに、次世代のファイター達「チームトライスリー」に未来を託した。

そしてG4期「カードファイト!!ヴァンガードG NEXT」において、遂に本格出演することとなった。
宇宙学を専攻しており、そのためなかなか日本に帰ってこれなかったという。
1号店で現主人公である新導クロノと初めて顔合わせをし、伊吹の招集でクロノカムイ2号店に向かう際、過去擦れ違うだけだったの上で、過去の戦いで手に入れたカードクロノに託す。その後、伊吹ヴァンガード普及協会本部長仕事で遅れる中、クロノと初めてファイトを行う。

GNEXT以前の本編ではその行動はど描写されていなかったが、伊藤彰によるカトルナイツイメージボードにおいては、カトルナイツを裏切った経歴のあるラウルセラとの戦いが示唆されている。

漫画版

家族構成、宮地学園初等部→後江中学校宮地学園高等部という進学経歴、内向的で温厚な性格、初等部在籍時代にイジメに遭っていた過去、櫂と出会い『ブラスター・ブレード』を譲ってもらったこと、PSYクオリア覚醒する、高等部進学後にカードファイト部を設立しVF甲子園すことなど、基本的な部分の大半はアニメ版と共通している。

一方で、前の分け微妙に違う、が太い、赤面症の気があるのからめている描写が多い、ちゃんと男の子である主人公らしい、アニメ版よりも勝率が高い、PSYクオリア覚めたきっかけが違う、PSYクオリアが発動すると瞳の色がくなる、櫂が優しいためアイチが強くなることに固執してPSYクオリアに溺れることもない、チームQ4が結成されないためアジアサーキットには個人戦で出場している、コーリンウルトラレアや立凪タクトと知り合う時期がアジアサーキット式のタイミングである、三和のことを「三和さん」と呼ぶ……といった細かい違いも多く存在する。
また、アニメ版では進学校である宮地学園高等部に進学したという事実以外では特に言及されていなかったが、漫画版ではテスト95点を取るなど学業の成績が優れている描写が明確にされている。

カードファイト部としての活動中、立凪コーリンの失踪から彼の周辺の歯車が狂い出し、「PSYクオリアゾンビ」と化してしまった石田ナオキ敗北したことで自身も同様の症状に陥ってしまった。
しかし、伊吹コウジとの一戦で致命的な一撃と共に「デリート」を受けてしまうも、ダブルヒールトリガーにより敗北確定の窮地を脱したことで、己を保ったまま「PSYクオリアゾンビ」の支配から逃れることができた。

平和を取り戻した後は、アニメと違いVF甲子園を優勝。
しかし何か大事なことを忘れていたアイチたちだったが―――。

特徴的な台詞

デッキ構成

ユナテッドサンクチュアリの正規軍≪ロイヤルパラディン≫で統一されたデッキを使用。
ヴァンガードしゅしゅしゅだった序盤では、グレード3が1枚も入っていないようなセオリーも分からずに組んだデッキを使っていた。櫂トシキと4年ぶりに再会、そしてヴァンガードファイト勝利し『ブラスター・ブレード』を取り戻してから、アイチは多くのヴァンガードファイター、新しいカードと出会いながら成長し、今もデッキ良され続けている。
以下はに使用するカード

グレード0 ばーくがる グレード1 閃光の盾 イゾルデ
グレード0 ういんがる・ぶれいぶ グレード2 沈黙の騎士 ギャラティン
G0/クリティカル 幸運の運び手 エポナ グレード2 ブラスター・ブレード
G0/クリティカル 一般人未来の騎士 リュー グレード2 真理の騎士 ゴードン
G0/スタンド ふろうがる グレード2 ハイドッグブリーダー アカネ
G0/ヒール 世界樹巫女レイン グレード3 騎士王 アルフレッド
G0/ドロー まぁるがる グレード3 ソウルセイバー・ドラゴン
グレード1 小さな賢者 マロン グレード3 アルフレッド・アーリー
グレード1 ぽーんがる グレード3 マジェスティ・ロードブラスター
グレード1 ういんがる グレード3 爆炎の剣士 バロミデス
グレード1 若年のペガサスナイト グレード3 孤高の騎士 ガンスロッド

現在では『ブラスター・ブレード』をはじめ、『騎士王 アルフレッド』や『ソウルセイバー・ドラゴン』等がユニットになっている。切り札である騎士王 アルフレッドを最大限に活かすため、リアガード一杯コールし、手数とパワーで押す戦術をとる。この戦法はヴァンガードファイトの基本的な攻め方であり、勝ち方をわかりやすくイメージすることができる。


次へ»
最終更新日: 18/04/20 20:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ