ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


先崎学


ヨミ: センザキマナブ
掲示板をミル!
34カキコ!

先崎学とは、将棋棋士および随筆である。米長邦雄永世棋聖門下。


概要


いわゆる「羽生世代」の一人であり、タイトル獲得実績はいものの、順位戦A級在籍やNHK杯将棋トーナメント優勝などの経験がある。

十代のころから弁も筆も立つ才気煥発な人柄で知られ、将棋においても天才肌であったが、熟ゆえに様々な遊びを覚えてしまい、結果的に羽生内らに後れを取る結果となってしまった。

雑誌で「『元』天才」と紹介されてしまい、その悔しさから発奮。2000年順位戦A級に上り詰め(この規定により八段に昇段)、「元」の汚名を返上することに成功した。

2017年度途中よりすべての対局を1年間休場する旨が日本将棋連盟によりアナウンスされた。当時は休場理由を「一身上の都合」としか説明されなかったため、様々な憶測が飛び交った。
後に休場理由が「鬱病を患ったため」と本人の口から明かされた。

公式戦復帰後、第4期叡王戦の段位別予選に登場。この対局はニコニコ生放送ネット中継され、高橋道雄九段との対局に勝利。復帰後初勝利を生中継で大勢の将棋ファン祝福された。

2019年現在順位戦はC級1組、竜王戦は4組である。解説者としても定評がある


随筆家として


週刊文春で「先ちゃんの浮いたり沈んだり」を12年間連載するなど数々の作品を残している。最近では3月のライオンの監修を行っている。

前述の鬱病による休場に際し、公式戦復帰後に「うつ病九段 プロ棋士将棋を失くした一年間」を出版。闘病生活を記している。

第76期名人戦(2018年開催)にて「昇る落日」というエッセイを寄稿。その一部が名人戦公式プロモーションビデオにて紹介され、衰え知らずの文才を披露した。


将棋棋士として


1970年生まれ。九段。棋士番号185
A級2期
竜王戦1組6期

1991年40NHK杯テレビ将棋トーナメント優勝
1995年 第8期竜王戦挑戦者決定戦に出場。佐藤康光に1-2で敗れる。
1999年 順位戦A級に昇級。(2年間在籍)
2005年46王位戦挑戦者決定戦に出場。佐藤康光に敗れる。

1995年竜王戦2組で優勝して1組に昇級するが、この時点で順位戦はC級2組と言うしい記録を保持している(に失言が原因)。


その他表彰歴やエピソードなど


第一回麻雀トラアスロン決定戦 準優勝

将棋ボクシング 対井 6RKO負け

一部のネット将棋で採用されているトライルール(相手玉の初期位置へ入玉したら勝ちというルール)の提唱者の一人

羽生善治とは若手時代からの大親友で、タイトル戦の番勝負の後に同じ部屋に泊めて貰ったこともある。

佐藤康光が「モテミツ」と呼ばれるようになったのは、先崎がコラムでそう紹介したためである。


関連動画



■sm6014122[ニコ動]

■sm33035730[ニコ動]


関連生放送


lv128795886 lv314383541


関連商品


■az4839944768
■az4839942609
■az4140162023
■az4839940800
■az4861917964
■az4140161841
■az4819702513
■az4163908935


関連項目



関連リンク



最終更新日: 19/03/18 22:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ