ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


児雷也豪傑譚


ヨミ: ジライヤゴウケツモノガタリ
掲示板をミル!
3カキコ!

児雷也豪傑譚(じらいやごうけつものがたり)』とは、現代の多くの創作に影を与えたフィクション物語である。


概要


文化3年に刊行された説話集『自来也説話』を基に、保10年から明治元年にかけて刊行された合巻(それまでの基準で複数冊に相当するような多いページ数を、合わせて一冊にした娯楽本)で、主人公の盗賊・忍者自来也(じらいや)」ヒロイン「綱手(つなで)」自来也の宿敵大蛇丸おろちまる)」メインに据えた物語が展開される。

最初の作者は美図垣笑顔で、その後は一筆人、下亭種員、亭種清が順に執筆を引き継いでいる。美図垣笑顔作者代表として挙げられることも多いが、美図垣笑顔が書いたのは最初の5編のみ。最も多く執筆しているのは下亭種員で、全43編中28編と3分の2以上を下亭種員が担当している。この下亭種員は全ての合巻中で最長の人気作品「縫譚(しらぬいものがたり)」の初代作者でもあり、人気の戯作者だった。

挿絵は歌貞・歌・歌盛・二代貞・歌川国芳・歌芳房・歌芳幾と、浮世絵で有名な歌一門の絵師が担当している。

このように人気作者絵師たちによって約30年もの長期にわたり書き継がれた優れた作品である。しかし「人気があったからやや強引に継続した」感もあるようで、作者の交替も影してか作や設定が一貫していないという評価が与えられることもある。

なお最終の第43編で物語大団円を迎えたわけではなく、幕末明治維新の際の社会混乱のためか未完のままで刊行が途絶えた形となっている。

本作を基にした歌舞伎狂言『児雷也豪傑譚話』現在でも演されている。


ストーリー


の再す義賊・自来也は、を召喚・使役する妖術を用いて各地で妖怪悪人を懲らしめるなど活躍する。その後、蛞蝓を使役する妖術を使う絶世の美女・綱手を娶り、を操る極悪人大蛇丸との対決を繰り広げる。

日本では「が苦手、蛞蝓が苦手、蛞蝓が苦手」という俗説があり、要登場人物三名はこれらを元にした三すくみの関係になっている。


NARUTO疾風伝 #133(353)「自来也豪傑物語」


タイトルこそ『児雷也~』と同じであるが、内容は全く異なる。原作アニメともに屈の名エピソードであり、隠れの里を舞台に、・ペイン六道による九尾捕獲を食い止めるため、自来也は単身隠れの里で決死の戦いに挑む。


関連商品


■az4336059233


関連項目



最終更新日: 18/04/15 22:47
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ