ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


全日本空輸


ヨミ: ゼンニッポンクウユ
掲示板をミル!
66カキコ!

全日本空輸英:All Nippon Airways、会社登記上は"ぜんにほんくうゆ")とは、日本航空会社である。航空連合「スターアライアンスメンバー。通称は全日空またはANA(エーエヌエー)。近年は「ANA」を公式略称として利用する傾向が強い。 
IATA航空会社コードの「NH」は前身の「日本ヘリコプター輸送」に由来する。
ボーイングカスタマコードは81。


概要


全日空
全日本空輸
All Nippon Airways 
ICAOコード ANA
IATAコード NH
コールサイン All Nippon
アライアンス スターアライアンス
保有機材数 236
(2013/8現在
ハブ空港 東京/羽田
東京/成田
大阪/関西
大阪/伊丹
就航地 88都市

全日本空輸(ANA)は日本航空JAL)と共に日本最大規模の航空会社であり、内路線数は日本航空ぐ(なお2004年までは日本エアシステムJAS:日航に合併)と共に日本ビッグ3と呼ばれていた)。

コーポレートカラーはで、機体もトリトンブルーと呼ばれるカラーとなっている(1982年以前は2代目モヒカン塗装で有名であった)。

全日空は1952年12月27日に設立された日本ヘリコプター(日ペリ)と、同年12月26日に設立された極東航空1958年3月1日に合併して出来た会社である(称号は合併前年の1957年12月より利用)。
日ペリはその名の通り、ヘリコプターを用いた宣伝事業を行うため設立されたが、翌年には極東航空とともにデ・ハビランドDH-104ダブを用いて東京大阪間の航空輸送にも参入した。後には「日ペリ航空」を称として用いることになった。

日ペリと極東の合併は、策会社である日本航空に次ぐ大航空会社の誕生を意味した。この段階で札幌から鹿児島に至るまでの路線網を全日空は有していた。
両者の合併後の社名は全日航空とするであったが、日本航空株式会社法にある条文(日本航空以外にその称号利用を認めない)に抵触してしまう為、全日本空輸となった。合併後、全日空は日本航空のみが参入していた幹線への本格参入を図るようになる。

だが、全日本空輸となって間もない1958年8月下田DC-3機が墜落する事故(死者33名)を起こし、乗客が急減。これは航空行政のあり方をめる転機ともなり、全日空は日本航空と業務提携を行うこととなった。
1959年4月には同社から増資を受け、また役員の派遣も行われるなど、この業務提携はしばらく続くこととなった(なお日ペリの創設時より日本航空は全日空第2位の出資者であった)。1970年代まで日本航空は同社の上位として名前を連ねていた。

その後、全日空は1966年2月羽田(死者133名)、同年11月松山(死者50名)と年に2度も日本国内で墜落事故を発生させたこともある。しかしながら1971年石上における自衛隊機との衝突事故(死者162名)を最後に死者は一人も出ていない。

事故がありながらも航空客数は順調に各社増加。そんな中で当時の4大航空会社のうち東亜航空日本国航空が合併を選択(東亜航空、のちの日本エアシステム)したのを契機に1970~1972年には航空業界の新たな長期視野を論んだ政府針である「45/47体制」が形作られた。
これにより、際線は日本航空が原則として担い、全日空は内の幹線ローカル線の運行を担う会社と位置づけられることとなった。ただし際チャーター便の運航は認可されたため、中国方面を中心にこの体制発足後、チャーター便を多く飛ばしている。

1970年代後半にアメリカで始まった航空自由化の動きを受け、日本航空各社も次第に乗客需要の変化に対応できる自由航空体制をめるようになった。また日本航空のみが際線を担う状態は海外航空会社との競合において不利になると政府も判断したことにより、1985年に「45/47体制」は事実上終焉する。
全日空はこれにより際線への参入が可となり、1986年3月成田グアム線を皮切りに海外展開を開始、一気に規模を拡大していくことなる。

その後は日本航空とのサービス合戦、スカイマークの参入などを皮切りに現在に至るまでイメージ転換が行われており、ロゴと呼称を全日空からANAとし(元々は「全日空 All Nippon Airways」と言った塗装であったが、現在では「ANA」のロゴ尾翼カラーを模したマークを入れたロゴへと変更されている)、東京国際空港羽田空港)に新ターミナル(第2ターミナル)が完成した際に機を移転、EdySuicaとの提携、チケットレスサービス「Skip」の導入等、新しいサービスを発表している。

[画像][外部]フリート(機体)関係においても、新機材を多く取り入れ、ボーイング777を筆頭に納入が進んでいる(ジャンボ機として親しまれて来たB7472013年度までに退役)。また、ボーイングの新ボーイング787ローンカスタマー(開発メリットありと判断し発注をした最初の航空会社)でもあり、日本で初めてHUDヘッドアップディスプレイ)付きコクピットB737-700)を導入する等、こちらでも革新が行われている。

その他、内における特別塗装機の分け的会社であり、マリンジャンボポケモンジェット現在もおジャンボピカチュウジャンボを運用)、USJウッディー・ウッドペッカー等多塗装をした機体を飛行させている。

因みに新規航空会社であるAIR DO(エア・ドゥ:北海道航空)やスカイネットアジア航空(現・ソラシドエア)が経営再建状態に陥った際には一時期下状態に入っていた。現在でも搭乗等のシステム面で提携している。また、北九州に拠点を置く新航空会社スターフライヤー支援・提携、格安航空会社Peach Aviationやバニラ・エア(旧称:エアアジアジャパン)への出資も行っている。


その他


かつては「横浜フリューゲルス」というJリーグチームも所有していたが、共に出資していた会社が出資を取りやめた事から日産チームと合併した為チームが消滅。同社の割引サービスにも登場していたマスコットの「とび丸」も共にいなくなってしまった。

ドラマ映画にも登場する事がある。最近ではTBSドラマGOOD LUCK!!」など。このドラマ放送時に価が上がったという逸話も存在する。


関連動画



■sm3596120[ニコ動]

■sm15318603[ニコ動]


関連静画


■im974720(静画)
■im1454520(静画)


関連商品


■az4478560196
■azB000BGPO5O
■azB00187OTMY
■az475391867X


関連項目



最終更新日: 19/09/17 02:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ