ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


公爵


ヨミ: コウシャク
掲示板をミル!
22カキコ!

公爵は爵位の一つ。とも。


概要


戦前日本および古代中国における五等爵の最高位で、王を爵位に含めた爵制では王に次ぐ爵位であった。欧州プリンス英:Prince)やデューク(英:Duke)やクニャージ(露:Князь)などの訳としても使われる。日本王や公爵はプリンスと訳される。ドイツ語ではさらに、プリンスに相当する言葉がプリンツ(独:Prinz)とゲルマン由来のフュルスト(独:Fürst)に分かれている。なお、フュルストは本来は諸侯の意味であり、侯爵と訳される場合もある。欧州の公爵は日本平安時代でいうと当初は皇族で後に摂関も含んだ、江戸時代でいうと当初は親藩大名でのちに有な譜代大名も含んだ状態に相当すると考えるとわかりやすい。

独立の君である場合はと呼ぶのが普通であるが、希に大公、俗に王と訳す事がある。女性で公爵位についた場合は女・女公爵・公爵夫人などと訳され、公爵の配偶者の場合は妃・公爵妃・公爵夫人と訳される。

プリンスローマ導者、つまりローマ皇帝プリンケプス(羅:Princeps)に由来し、君す言葉である。例えば、プリンス・オブ・ウェールズは「ウェールズの君」という意味である。そのため独立・半独立の君・諸侯であるは基本的にプリンスの訳である。この場合のプリンスドイツ語ではフュルストに相当する。

また、プリンス皇族・王族・公爵以上の上位貴族の一族男子の一部をすこともある。この場合は意味に応じて王子・親王・子などと訳す場合が多い。女性形であるプリンセス英:princess)も、この場合は意味に応じて王女王子妃・女・などと訳す場合が多い。こちらの場合のプリンスドイツ語ではプリンツに相当する。

デュークはラテン語導者を意味するドゥクス(羅:Dux)に由来し、軍団の導者として使われていたのが属州の最高指揮官の意味に変わり、ローマ帝国滅亡後に行政官を意味する言葉として残ったものである。故にイギリスフランスなどでは実質的にプリンスより格が下に扱われるが、ドイツでは古くからデュークに相当するヘルツォーク(独:Herzog)を使用しており、近代になってからプリンスに相当するフュルストを使い始めたため、ヘルツォークはイギリスフランスデュークとは異なりるフュルストよりも格が上に扱われている。これはデンマークなども同様である。そのため日本語では、ヘルツォークを大公と訳したり、フュルストを侯爵と訳したりする場合もある。

クニャージ現在英語におけるプリンス相当の地位として扱われている。古くは最上級の国王)を表す、英語キングKing)やドイツ語のケーニヒ(König)と同じを持ったであったが、後に「複数の民族と複数の国家を統べる王の中の王」(≒皇帝)としてヴェリーキー・クニャージの称号が現れ、そのヴェリーキー・クニャージがモンゴル帝国の勢下で「大公」と位置づけられた経緯を経て、おおよそ現在の地位に落ち着いた。

が治めるは、当然ながら英:principality)である。モナコ公国リヒテンシュタイン公国シーランド公国が現存するほか、将来的にジオン公国が誕生する予定。アンドラ公国フランス大統領スペインウルヘル教が共同大公英:Co-prince)として納めている。なお、過去にはデュークが治める英:duchy)も存在した。


主な公爵



架空の公爵



関連項目



最終更新日: 19/08/24 15:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ