ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


六代・桂文枝


ヨミ: ロクダイカツラブンシ
掲示板をミル!
3カキコ!

六代・桂文枝とは、大阪府堺市出身の落語家会者である。本名は河村 也。旧高座名は桂三枝。若き頃は「サニー」称で呼ばれていた。
五代桂文枝(旧:三代目小文枝)一門で、一番子に当たる。
桂文枝の六代に当たるが、上方落語で「六代」というと六代笑福亭松鶴すため、混同を避けるために「六代」としている。 

吉本興業所属タレントにおける重鎮の一人で、西川きよし笑福亭仁鶴と並ぶ三巨頭とも言われる。


来歴


大阪府堺市東区で生まれ、5歳大阪市に移住する。
関西大学間部に入学し、その際に三代目桂米朝落語を聞いて落語研究会に入部、アマチュア落語家としてラジオにも出演していた。
1966年プロ落語家そうと三代目小文枝に入門を志願するも、大学生子にする気がないと断られてしまう。しかしラジオ番組で知り合った松竹芸能(当時)の藤井康民が後見となることで子入りを許される。 

1967年深夜ラジオ番組「MBSヤングタウン」(MBSラジオ)のパーソナリティとなり、関西大人気となる。
さらにはその「ヤングタウン」のテレビ番組版として企画された「ヤングおー!おー!」(毎日放送)の会にも抜され、関西はもちろん全的な人気を獲得した。この番組には桂文珍明石家さんま島田紳助等がレギュラー出演しており、三枝を含めたメンバーの活躍により吉本興業が後に「笑いの総合商社」とまで呼ばれるようになる絶対的地位の基礎を築いた。
1971年には現在も続く大長寿番組新婚さんいらっしゃい!」(朝日放送)もスタート。当初月亭可女性アシスタントによる3人会であったが、3ヶ後に可選挙のために降し、女性アシスタント現在山瀬まみ)との2人会となり現在に至っている。

1970年代当時、まだまだ東京を中心とした関東大阪を中心とした関西ではウケるお笑いの差がしかった。そんな時代の中、関東テレビラジオ番組でもスターとして活躍することができた先駆者の一人として笑福亭鶴光らと並び称されている。

一方、落語においては自身の創作落語を数多く披露しており、その数は200作をえている。これは若手の頃古典落語染めなかったことや、くにタレントして売れたことで古典落語の稽古をあまり付けてもらえなかったなどの理由から、新作で勝負するスタンスを貫いたことによるものである。なお文枝は自分が作った落語を後世に残すつもりであるため、使い捨てイメージが強い「新作」という単を使わず、「創作落語」と称している。 

1990年代半ばから新婚さんいらっしゃい!」を除くレギュラー会は控え、落語中心の活動に切り替えている。
しかし一方で参議院議員選挙に出することも考えていたが、出表明後に家族などから反対を受け、示前に断念している。

2005年師匠の五代桂文枝1992年に襲名)が亡くなる。2011年には六代を名乗ることを発表、翌年7月に六代・桂文枝を襲名した。その後のタレント活動でも文枝の名で行っている。 


エピソード



主な弟子



主な出演番組



テレビ番組



ラジオ番組



関連動画



■sm11410697[ニコ動]

■sm342576[ニコ動]


関連商品


六代・桂文枝に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


六代・桂文枝に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 20/04/03 10:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ