ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


六歌仙


ヨミ: ロッカセン
掲示板をミル!
6カキコ!

六歌仙とは、

  1. 紀貫之が列挙した、平安時代前期の歌壇を代表する6人の歌人の総称
  2. ゲームぷよぷよ通」に登場する第2ステージの対戦キャラクター(パノッティうろこさかなびとセリリ)、のほほ、ふたごのケットシーふふふマミー)の総称
  3. 西池袋焼肉店、新宿駅西口に隣接
  4. 山形県東根市の地

である。この記事では、1.について解説する。


概要


紀貫之、紀友則、河内躬恒、壬生忠岑が編纂した「古今和歌集」の仮名序で、紀貫之は六歌仙を「近き世にその名きこえたる人」と述べている。その顔ぶれは、僧正遍昭在原業平文屋康秀喜撰法師小野小町大友黒主である。

ところが、この6人に対して貫之の評価はなかなか厳しく、まず長所を挙げてはいるが、次に短所を痛批判している。具体的に挙げると、

と、一旦上げて落とすものばかりで、むしろけなしている印が強く残ってしまう。

どうしてこのようなマイナス評価が立ってしまうのかというと、貫之は「仮名序」で万葉集の時代の歌人である本人麻呂と山部人を「歌」と最高の絶賛をしており、この2人に対しては六歌仙でも遠く及ばないと相対的に低く評価しているからである。なお貫之は、他の同時期の歌人現在歌人はさらに酷評しているなど、古い時代の歌人なるほど高評価する傾向が強い。

一見共通点の見当たらないこの6人が選ばれた理由については諸説あるが、その中でも特に有名なのは、朝廷が祟りを恐れて彼らを祭り上げたという説である。菅原道真良親王と異なり、彼らが悲運の人生だったり不幸な最期を遂げたわけではないが、その鍵を握る人物として、文徳天皇の第一皇子・惟喬親王がいる。彼は・文徳天皇から皇太子に望まれていたが、当時の摂関の氏長者である藤原良房が、惟喬親王の異にして背良房の孫でもある惟仁親王(後の清和天皇)を皇太子にするよう圧をかけ、遂に即位できずに出したいう背景がある。そして、六歌仙のメンバーはこの不運な惟喬親王を中心とする、当時の天皇に何かしら関係する人物が多い。

遍昭は仁明天皇(文徳天皇)の崩御に伴い出小町は仁明天皇の更衣だったとも言われている。業は惟喬親王に仕えており、喜撰は惟喬親王の生兄弟だったという説がある。は応天門の変で失脚した伴氏(大伴氏)の縁者だったという説から、康秀は天皇とは特に関係がく、単に官位が低く不遇だったからなどと言われている。こうした彼らにスポットを当てて、惟喬親王の霊を慰めようとしたという、言わば縁起担ぎのような側面も見られている。こうした六歌仙鎮魂説を提唱したのは、梅沢猛・井沢元彦古代信仰に重点を置いた歴史学者の一である。但し、両者は活字史料を軽視する傾向がある上に、強引な解釈も多く、必ずしも学説の流ではないことに注意したい(歴史学界では異端ともされている)。

なお、大友黒主を除いた5人は、いずれも百人一首に歌が載せられている。


関連商品


■az4094020047


関連項目



最終更新日: 12/08/02 20:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ