ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


内藤大助


ヨミ: ナイトウダイスケ
掲示板をミル!
62カキコ!

内藤大助(ないとうだいすけ)とは、北海道出身の元プロボクサー、タレントである。元WBC世界フライ級チャンピオン
1974年8月30日北海道町生まれ。


概要


生まれる前に両親が離婚し、母親の手で育っている。
中学2年生の時に虐めにあい、潰瘍を患うなどの深刻なレベルに合ったが、学校側では気づかれるまま卒業を迎えた。
高校時代はいじめから開放されていた。高校卒業後は進学せずに調理師になる予定であったが、卒業前の研修でトラブルとなり、内定取り消しをされてしまった。

ニート状態にあった中で母親から叱されて状況、実のいる工務店で働いていたが、1年後にボクシングの本を見つけたことがきっかけで宮田ジム入門、地元に帰っても、中学時代のいじめっこに対抗できるためというのが動機だったらしい。

1996年デビューし、いきなり1RKOを果たし、1998年日本フライ級新人王を獲得、順当に実績を積み重ねていった。
2002年タイ世界フライ級選王者だったポンサックレック・シンワンチャー(ウォンジョンカム)とタイトル戦に挑むも1RでKO負け。
しかし復帰後は再びKOを積み重ね、2004年日本フライ級王者にく。2005年に再びポンサックレックに挑むも7Rで負傷判定負けを喫する。
2006年にはOPBF東洋太平洋フライ級タイトルも獲得し、日本王者との二冠を達成した。その後怪の理由などで両方の王座を返上している。

2007年7月ポンサックレックと三度世界タイトル戦へ挑戦、12Rまで戦い、判定の末に勝利32にしてついに念願の世界フライ級選手権チャンピオンいた。

同年10月には、亀田3兄弟の次男、亀田大毅と最初の防衛戦に挑んだ。大毅は試合中にサミングやローブローを行い、最後には内藤を投げ飛ばすというルール視の行為が続くも、3-0の判定で勝利した。
この試合がきっかけでブレイクし、全名前くようになった。

その後王座を6度防衛するも、2009年11月に、亀田3兄弟長男で元WBAライトフライ級王者の亀田毅と対戦、0-3の判定負けを喫して王座から陥落した。

その後も現役を続けていたものの、怪と年齢の問題によって2011年に現役を引退した。

引退後はボクシング中継の解説をする傍ら、タレントとしてバラエティ番組やテレビCMに出演している。


トリビア



関連動画



■sm5324472[ニコ動]

■sm1218562[ニコ動]
■sm5637502[ニコ動]
■sm2955164[ニコ動]
■sm1261394[ニコ動]
■sm5742849[ニコ動]


関連商品 


■az4062145480


関連コミュニティ


■community

関連項目



最終更新日: 15/11/23 16:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ