ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


内野手


ヨミ: ナイヤシュ
掲示板をミル!
4カキコ!

内野手とは、野球ソフトボールにおいて内野を守る選手のこと。

通常、捕手から見て右から一塁手二塁手遊撃手三塁手の4人が配置される。捕手は内野手には含まれない。


概要


基本的に、一塁手三塁手はそれぞれベースの近くを、二塁手は一塁と二塁の間、遊撃手は二塁と三塁の間を守る。古くは二塁手がその名の通りもっと二塁ベースの近くについており、遊撃手投手二塁手の間を守っていた。遊撃手英語で「ショートストップ」と表記されるのはその名残と言われる。

一括りにされることが多い外野手と違い、内野ベストナインゴールデンラブ賞、オールスター投票などがポジションごとに設定されており、各ポジションごとの専門性はそれなりに高い。そのため、内野全てを守れるようなユーティリティ選手は小回りの利く選手として重宝される。が、それ故に特にプロでは決定的な武器のない内野手はユーティリティすという事情や、二軍では様々なポジションを試されるという理由から、実際のところは「二、三、遊を兼任する守備と足はそれなりの選手」はたいていどの球団にも何人か存在している(Wikipediaポジションが「内野手」と書かれているのは大抵こういう選手)。

一塁手以外は、守る際に左投げは不利とされている。これは右投げなら捕球した体勢のまま一塁に送球できるが、左投げでは身体の向きが逆になるため、送球が遅くなるという事情から。そのため左投げの二塁手三塁手遊撃手は一定以上のレベルにおいては皆無と言っていい。また、そもそもこれらのポジション用のグラブの購入が困難であるという問題もある。

打球を処理する機会が外野とべても圧倒的に多いため、普通は外野よりも内野の方が失策数が多くなる。どれほどの名手であっても、シーズンフルに出場し続けて失策というのはほぼ不可能なことである(立浪和義93年から94年にかけて、二塁手としてほぼ1年間失策を続けたという例はある)。

特殊な例として、内野5人シフトというものが存在する。プロ野球においては、広島東洋カープ東北楽天ゴールデンイーグルス監督マーティー・レオ・ブラウンが好んで用いる戦術。詳しくは内野5人シフトの項を参照。


関連項目



最終更新日: 16/08/19 23:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ