ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


円城塔


ヨミ: エンジョウトウ
掲示板をミル!
52カキコ!



円城塔。全ての可文字列にそれは含まれる。


概要:あるいは円城さんのこと


円城さん一般の性質について 

円城塔(以下、円さん)が生起したのは、2007年数学アルフレッド・レフラーがレフラー球の定理撃する記念すべき日から実に35年も前のことである。

キャサリンAの報告に依れば、円さんが生成する文字系列は文脈自由文法の一種[1]に含まれ、これは現在の時間束では一般に「小説」と呼ばれている。しかしながらこれらはトメさん[2]が提唱する自己消失オートマトンの一種「プロトタイプⅠ」であると考えられ、仮に解釈が可であったとしてもその内容を保持することは巨大知性体でもい限り困難だろう。生成される文章が「日本文字[3]」という未知の言であることも困難に拍を掛ける要因となっている。少なくとも、滅多矢とおにかかれる文章でないことは間違いない。

円城さんの被読[4]の性質について

さんは可読性の他に特殊な性質を備えると広く知られる。

例えばあたなが、面でも木簡でも石盤でもPCモニターでも構わない、円さんから出された文字列をにしたとしよう。文字列はあなたの眼球と自身の間に円さんを生成する。読まれることで生み出され、ぷかりと宙に浮かぶ円さんは、眼を介してあなたにハックし、あなたのジャックする。このとき内で特殊な反応が起こり、目眩とも酩酊ともいえぬ妙な心持ちになる[5]読者の意見が一致する。

反応は個人差が論生じ、快不快も当然分かれる[6]。中にはあの読後感を再び味わおうと何遍も繰り返して読む者もいる。読むと睡魔が襲ってくるのであれば、ひとまず横になることを勧めたい。

円城さんと良い夜の性質について

去る2012年1月17日
さんは自ら生成した小説道化師』で第146芥川龍之介賞[7]を受賞する。

受賞者記者会見の様子はニコニコ生放送ネット中継され、人の円さんを撃したと多数報告を受けている。円さんを架の存在や自動書記プログラムの一種と見做す一部の学者は然とし、コメント欄は視聴者の祝福ので埋まり、当の本人は受賞の喜びを粛々と述べていた。

ここで特筆すべきなのは、会見中に円さんの口から極秘計画・通称「Project Itoh[8]」についてられたことだ。中断されていた「Project Itoh」のうちのひとつが実は面下で進行していたこと、自身が3年前からそれを推し進めてきたこと、そしてそれ[9]はもう少しで実行に移されようとしていること……。

良いを持っていた[10]


脚注:あるいは紛れ込む作者の紹介


1【文脈自由文法の一種】
DFAε-NFAよりも表現が高いことで知られている。
「まるきり何にも拘束されていないのならば、ものを書くことなどはできないだろうし、そもそも何かを話す気にもなれないだろう。(中略)わたしの筆跡は、わたし自身が真似しやすいようにできている。書かれるものが駄作となったり、多少は見よいものになったりするはずはないのだ。書くという行為が真実存在しているのなら」
『これはペンです』(新潮社)円城塔。

2トメさん
先日事に定年を迎えられた大学教授彼女が合計4タイプの自己消失オートマトンを提唱し、それらが文書<*1>のを解明したことは記憶に新しい。
そんな記憶はないと反論する方もいると思うが、それは彼女の研究テーマに沿っているし、その記憶がなかったところで実生活に不都合が生じない<*2>。

<*1>
の像などに刻まれた文章<*1-1>のこと。時が経つとともに消滅する。

<*2>
例えば、マカロニペンギンは二つのを産み、大きいほうだけが孵化するという情報を手に入れたところで人生が劇的に好転する人は少ない。そういった情報にこれは属する。
マカロニペンギンの件は『魔法陣グルグル』(スクウェアエニックス衛藤ヒロユキを参照。

3日本文字
現在までに120億字ほどが見付かっている文字群のこと。漢字漢字漢字平仮名片仮名片仮名、片平仮名……と大まかなカテゴリに分けることは可だが、これはあくまで暫定的なもので、今後の研究如何によっては抜本的な見直しもありうる。
近年、日本文字ひらがなカタカナ漢字の三種類の文字からなる「日本語」であるという新説が生まれ、学者たちを震撼させている。とは謂うものの、それぞれの文字種が変わる規則性がそもそも発見されていないため疑問のも多い。

4【被読】
[名・自他サ変]物事が読まれること、読み出されること<*1>。そして、今わたしがあなたにされていること。

<*1>
だ<*1-1>。論。

<*1-1>
ではあるものの、検索をかけるとちらほらヒットするし、「被書間」という題の小説には対義が入っていることだし、ここはひとつ大に見てもらえないだろうか。
尚、先に挙げた小説は『戦闘妖精・雪風解析マニュアル』及び神林長平敵は海賊・短篇版』に収録<*1-1-1>。どちらも早川書房から刊行。

<*1-1-1>
こういった情報こそ脚注で済ませる事柄ではないかとのが聞こえる。こうなると脚注脚注が欲しいが、あったらあったで困ってしまう。

5【妙な心持ちになる】
これをして「よくわからない」という。

6【快不快も当然分かれる】
よくわからないから面いと感じる人もいれば、つまらないと感じる人もいる。逆もまた然り。こういったむつかしい事柄はトラファドール的観点で捉えれば「そういうものだ」の一言で済む。

7【第146芥川龍之介賞
この回は円城塔『道化師』と田中慎弥『共喰い』(五十音順)が同時受賞。
『共喰い』にべると『道化師』は随分と選考に時間が掛かったようで、ここらでその経緯について一席打つのも吝かでない。しかし、そんなことを言ったが最期、権者(あるいはその取り巻き)の逆鱗に触れ大炎上などという事態は御免被りたい。意気地のないわたしをどうか許して頂きたい。こちらからは「芥川賞」「道化師」「怒って」「退席」で検索してくれと言うのが精一杯である。

8Project Itoh
小説家伊藤計劃。詳しくは該当記事を参照。
円城塔とは同時期にデビューし、お互いを認め合う仲<*1>。

<*1>
有り体に謂えば「いっそ自分たちで『伊藤計劃×円城塔本』を書きませんか」と自らをネタにして冗談を言い合うくらいの仲。リバーシブルはどうなのか。それは注者の知るところでない。
二人の初めての共同作業について知りたい方は『ディファレンス・エンジン』(ハヤカワ文庫SFウィリアム・ギブスン、ブルーススターリング丸尚訳の解説文<*1-1>を参照されたし。

<*1-1>
伊藤計劃記録』(早川書房伊藤計劃早川書房編集部編にも収録。

9【それ】
題を『屍者の帝国』という。伊藤計劃が遺した30枚の原稿をもとに書き継ぐ長篇小説。発売日2012年8月24日
プロジェクトは続く。

10【良いを持っていた】
テキストはここで途切れている。


参考文献:あるいは著書紹介



関連動画



■nm4004623[ニコ動]

■sm12563443[ニコ動]

■sm16724774[ニコ動]
■sm16807628[ニコ動]
■sm16847504[ニコ動]


関連生放送


lv76739590


関連商品



単行本


■az4152088214
■az4152088907

■az4163267301
■az4062159333

■az4152091002
■az4103311614

■az4062175614
■az4152092904

■az4309021263


文庫本


■az415030985X
■az4150310203

■az4150310629
■az4167834014


関連項目



最終更新日: 19/01/24 06:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ