ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


冬戦争


ヨミ: フユセンソウ
掲示板をミル!
4カキコ!

冬戦争とは、1939年11月30日から1940年3月13日にかけて行われた、フィンランドソ連戦争である。寡兵ながらフィンランド軍が善戦した事から「中の奇跡」と呼ばれている。


経緯


時に1939年ドイツ軍によるポーランド侵攻により第二次世界大戦が勃発していたが、当時はまだ不活発で「まやかし戦争」と呼ばれるほどのんびりとしたものだった。そんな中、北欧では大変な事が起きていた。バルトと東ポーランドを併合し、勢いに乗っていたソ連は自から独立したばかりのフィンランドを向ける。フィンランドの工業地帯であるカレリア地方を獲得しようと、領土交換を持ちかけた。しかしソ連の要は理不尽なものだった。重要なカレリア地方を手放す代わりに得られる領土とは、原生が広がる何有の未開拓地だったからだ。不等な要に当然フィンランドは拒否。するとソ連フィンランド全土を占領しようと、大部隊を差し向けてきた。そしてフィンランドから撃を受けたとでっち上げ、1939年11月30日に領内へ侵攻した。これが冬戦争の始まりである。

人口約1億7000万のソ連vs350万のフィンランドという、が見てもフィンランド不利の戦況。周辺諸一週間で勝負が決するだろうと小国の運命を哀れんだ。


雪中の奇跡


フィンランド軍は戦争に備え、あらかじめ歩兵を19万人に増員。装備や兵器えていたが、その大半が第一次世界大戦のものと旧式化が著しかった。内訳は対戦車120門、ヴィッカー戦車約20輌、機関銃4500丁、航空機160機。このうち一線級と呼べるのは36機のフォッカーD21のみであった。対するソ連軍は45万人を動員。装備や兵器の数はフィンランド軍を大きく上回り、そして新式だった。内訳は1900門、戦車2400門、航空機670機。絶望的な戦差であった。このためソ連軍内では楽勝ムードが漂い、3日で決着が着くと考えていた。ゆえに外套すら支給しなかったとか。

だがフィンランドの気と地形はソ連軍を頑強に拒んだ。深いが多い領土内はあまり道路が整備されておらず、戦車の進軍を遅延させた。また12月上旬は妙に気温が高く、薄い氷しからなかったので上を通ることも出来なかった。さらに大小2万の沼がソ連軍の足元を絡め取り、歩の如き進軍しか出来なかった。ソ連兵の多くはキルギスウズベクなどの温暖な地方出身で、など一度も見た事がい者が大半を占めた。彼らは寒さ対策の術を知らず、そして厳寒に弱かった。

迎撃するフィンランド軍は正面衝突ではなく巧みなゲリラ戦を展開。ソ連軍の休憩所となりそうな建物は焼き払い、通り魔的な攻撃でソ連兵を疲弊させた。また官のカール・グスタス・マンネルヘイム元帥の名から取られた「マンネルヘイム線」と呼ばれる防衛ラインを展開し、ソ連軍が鹵獲しそうな物には爆弾が仕掛けられた。更に12月下旬になると記録的な寒波が襲い、ソ連兵の凍死者が続出。戦車オイル凍結するなど、より進撃に遅れが生じ始める。一方、ソ連航空部隊はフィンランドから敵を偵察していたのだが、フィンランド軍は巧みに地を偽装していて上からは見えないようになっていた。

フィンランド軍は地の利を最大限に活かし、狙撃兵スキー部隊を配置。かの有名なシモ・ヘイヘはこの時に大戦果を挙げて一躍有名となった。撤退したソ連軍から兵器や物資を奪いつつ、継戦。焚き火の周りに集まるソ連兵を、森林の死から一斉射撃して薙ぎ倒す。生き残ったソ連兵が撃ち返そうとするが、オイル凍結していて有効に反撃できなかったという。テストも兼ねてソ連軍はT-28T-35、T-100など多種多様な戦車を投入してきたが、フィンランド軍は手榴弾火炎瓶を投げてこれらを撃破した。自慢の戦車薄攻撃に弱い事を察知したソ連軍は歩兵に側面を守らせたが、狙撃兵の餌食になった。残された戦車フィンランド軍に鹵獲され、のちの継続戦争で使用される事になる。

フィンランド軍は「モッティ」と呼ばれる戦法を好んだ。これは長の列をなすソ連軍部隊の最前列と最後尾を撃破し、動けなくなった中央の敵部隊を包囲するというものだった。補給を断たれた敵の中央を始末するのはフィンランド兵ではなく、-40℃の極寒であった。この戦法が最もいたのはソ連軍の第163、第44機械狙撃師団を攻囲した時だった。いつまで経っても占領できない事に苛立ちを見せたスターリンは、撤退を認めない命を下す。これが余計にソ連軍の損を拡大させた。フィンランド軍にを封鎖され、身動きが取れない部隊や軍8kmに渡って凍死したのである。

予想以上にり強く戦うフィンランド際世論は味方し、ソ連際連盟から追放された。補給物資も続々と寄せられたが、ソ連との関係悪化を懸念したノルウェースウェーデンが中立化したため、肝心の物資が届かない事態に陥る。一応、供与された武器は届いたものの大半が旧式で、戦況を好転させるには至らなかった。このためフィンランド軍は鹵獲した兵器を中心に反撃を続けた。困窮したフィンランドに救いの手を差し伸べたのは、ナチスドイツであった。これがきっかけでフィンランドドイツに接近していく事になる。


戦後処理


約4ヶ間戦い、全土の占領を許さなかったフィンランド軍。しかし最フィンランドに継戦く、膝を折らざるを得なかった。同時期、フランスイギリスが援軍を送り込もうとしていたためソ連側も戦闘中止を決断し、和交渉の席に座った。

交渉の結果、1940年3月6日に停戦協定が締結。ソ連軍の戦死者は12万名以上に上り、ありえない大損をこうむった。対するフィンランド軍も2万6000名の犠牲を出した。同13日にソ連モスクワ講和条約を結び、冬戦争は終結した。かろうじて併合は避けられたが、非常に厳しい講和条件を突きつけられる形となった。カレリア地方フィンランド湾東部諸の割譲、ハンコ岬の30年間貸与を言い渡され、土の1割を取り上げられる。カレリアに住んでいた42万の住民は転居を余儀なくされ、加えてハンコ岬にソ連軍の鉄道を通す事を強いられた。不当に奪われたカレリア地方を奪還すべく、フィンランドの戦いは「継続戦争」へと続いていくのだった。

ちなみに小国フィンランド相手に苦戦するソ連軍を見て、内部の腐敗が深刻だと判断したドイツソ連侵攻に踏み切ったとされている。


関連動画



■sm29022448[ニコ動]


関連商品


■az4863208324
■azB0771W7DR7


関連項目



最終更新日: 19/10/19 23:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ