ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


冷やし中華


ヨミ: ヒヤシチュウカ
掲示板をミル!
60カキコ!

冷やし中華とは、茹でた中華麺をや氷で冷やして具材を上にのせた麺料理の一つである。


概要


冷やし中華

冷やし中華はによく食べられる料理で、ラーメン屋に店先に「冷やし中華始めました」の字が躍り始めると、の訪れを感じさせる。

茹でた中華麺をや氷で冷やしお好みでトッピングする。そこにタレをかけて食べる。販品も多く出ており、庭で手軽に作れるのも魅タレだけで売っている場合もある。

トッピングはキュウリ錦糸(半熟ゆで卵の場合も)、ハムが定番だが、メンマカニカマツナ缶、もやし、焼、蒸、蒸した海老やほぐし椎茸なども美味しい。お好みにマヨネーズを入れるのも良い。また、栄養バランスのためトマトを入れる場合もあるが、これは賛否分かれている(勝手に入れるんじゃねえ)

タレ醤油を合わせた「しょうゆだれ」と、芝麻醤をベースにした「ごまだれ」の二大勢に分かれており、販品も、ほぼこのいずれかであったが、近年は「だれ」や担々麺ベースにした「辛味噌だれ」、ざるそばめんつゆで食す「和風だれ」も出てきているなど、味も多様化しつつある。

発祥は色々あるが、戦前には既に雑誌のレシピとして冷やし中華らしき料理が記載されていたという。しかしながらそれは現在でいえば冷やした麺類にサラダが乗ったようなものであった。現在スタイル確立したのは仙台市の「亭」であり、仙台七夕観光客に振る舞うよう、具材を短冊に見立てたものであり、これが今日の冷やし中華のスタンダードとして全に広まった。今日でも、仙台市の名物料理の一つとなっており、年中提供されているのも特徴。また、ごまだれ京都にある中華料理の名店、「中華のサカイ」が発祥という説もある(販のごまだれより味は強め)。いずれにしても中国発祥の料理ではく、日本で独自に発展した和製中華である(中国にもジャージャー麺など汁なしの麺料理はあるが、熱々で食べるのが基本)。

即席麺市場インスタントが多くを占め、チルド麺はシェアを大きく減らしたが、逆に冷やし中華は即席麺の辛さがネックとなるため、未だチルド麺が根強い人気を誇っており、場の焼きとともに業界の屋台となっている。

ちなみに、関西では冷やし中華を冷麺と呼ぶことが多い。そのため、他地方の人と話が噛み合わなくなることがあるので注意(関東以北で冷麺と言った場合は盛岡冷麺などの韓国料理す)。また、名古屋初め中京圏では冷やし中華には必ずマヨネーズが添えられている。

日本では類似商品に冷やしうどんがある。

 

また、冷やし中華と言えば「冷やし中華始めました」という定句が有名である。


関連動画



■sm696477[ニコ動]

■sm13163417[ニコ動]
■sm13166330[ニコ動]
■sm14892341[ニコ動]
■sm13540224[ニコ動]
■sm3831248[ニコ動]


関連商品


■azB0053X53S8
■azB06XKV863F
■ysfujimuraya_m0050


関連項目



最終更新日: 19/04/13 16:01
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ