ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


刈谷市


ヨミ: カリヤシ
掲示板をミル!
24カキコ!

刈谷市とは、愛知県の西三河地方にあるである。

概要


地理


刈谷市(2018年10月1日時点)
面積 50Km2
人口 約15.2万人
カキツバタ
の木 クスノキ 




豊田市知立市安城市、高
大府豊明市みよし市
愛知:東郷町
知多:東

(刈谷市、安城市、高知立市碧南市)の一つ。

南北に長く、西のにかつての尾と三河のとなる内を二つの)が流れる。
この内を流れる界に丘陵地で農業作・果)が盛んな北部、沿いに低地が広がり商業が盛んな中部、三河湾まで続く平原水田と住宅地が広がる南部に別れる。
また都市全域に豊田自動織機やアイシン精機、デンソーといったトヨタ系列各社本社を始め多くの工場が点在する。

平成の大合併が全で行われていたころ、旧の5で合併する計画も存在したが、各都市の財政格差がネックとなって計画は消滅した。
(実現していれば人口では約50万7千人で名古屋市に次いで愛知県2位、一般会計歳入では約1兆85億円で豊田市豊橋市に次いで第3位。人口は平成19年度、歳入は平成18年データに基づく)
内心ホッとした刈谷市民多数。


歴史


昔、衣湾が現在の北部あたりまで入り込んでいたこともあり石器時代の貝塚が多く発掘されている。
以来この地には多くのコミュニティーが存在し、古墳古墳)や1300年以上の歴史を持つ神社市原稲荷野田八幡宮など)などが存在する。

戦国時代文2年(1533年)、である刈谷に3層の櫓を持つ刈谷)が水野氏の手により築され、以降軍事的にも重要な下町として発展していく。
また水野忠正の大の方が岡崎松平広忠のもとにぎ、竹千代徳川家康)を生んでいる。
大の方が生まれたのは水野忠正が居める前の現在の東町緒であり、刈谷ぐ前と松平広忠の死後離縁させられた時に一時出戻り生活をした地に当たる。
時折刈谷市民と東町民との間で「大の方の本家はどちらか?」と論争が起きるのはこれに起因する)

明治時代、1889年に刈谷村(現中部の一部)が刈谷町に移行。1906年に現在中部一帯が刈谷町に吸収。
1926年、現在豊田町にトヨタグループの始祖である「豊田自動織機製作所(現在豊田自動織機)」が開業。
1929年、依佐美村(現南部)に第1次世界大戦の賠償を元手にドイツの技術をもって作られた日本初の対欧州線施設「依佐美送信所」が運用開始。
蛇足だが、珠残攻撃決定を伝える「ニイタカヤマノボレ一二〇八」がこの送信所から送信されたという説があり、地元の人間の何割かはこの説を頑なに信じている。通説では機動艦隊へは船送信所より発信)
また東海道本線刈谷1888年、三河鉄道現在名鉄三河線)が1912年に開業。江戸時代から続く窒業・業を含め愛知県の工業・商業・交通の要所として発展していく。

戦中、大きな戦災を逃れた刈谷1950年制に移行。1955年には富士松村現在の北部)と依佐美村を吸収して現在の形となる。

そのほか、特に記述するまでもないこととして刈谷舞台に下記のような事件・事故・事がある。

(そのほか随時追加してください)


特色



交通


鉄道

JR東海 東海道本線太字快速
 (至 名古屋方面 大府)==妻==刈谷名鉄三河線併設)==野田新町==東刈谷==(至 豊橋方面 三河安東海道新幹線併設))
 ※刈谷構内に貨物が存在したが、1986年止)

名鉄 三河線(優等列車なし)
 (至 知立方面 重原)--刈谷JR併設 すれ違い待機)==刈谷市--小垣江--(至 南方面 吉
同  名古屋本線太字急行 特急
 (至 名古屋方面 豊明)==富士==一ツ木==(至 豊橋方面 知立三河線接続))

道路

関連動画

刈谷車窓から


■sm5690353[ニコ動]

■sm2442760[ニコ動]

刈谷祭り

■sm5096275[ニコ動]
■sm4319556[ニコ動]
■sm1348823[ニコ動]

刈谷道路事情

■sm3168022[ニコ動]

よくわかんないけど刈谷

■sm1657138[ニコ動]

関連項目


最終更新日: 18/12/31 09:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ