ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


刑法


ヨミ: ケイホウ
掲示板をミル!
59カキコ!
曖昧さ回避 これは曖昧さ回避です
  1. 刑事法についての学問上・一般的義→当項で解説
  2. 日本国において1908年に施行された法典→刑法(日本)

刑法とは、犯罪と刑罰に関する法律である(実質的意味の刑法)。

ここでは、「刑法」という名前の法律(形式的意味の刑法、通常の会話で用いられる刑法の意)について紹介する。

通常の会話で用いられる一般的義や学問ではなく、日本国の現行刑法典の詳細な内容については日本の刑法を参照の事。


概要


法令番号は明治四十年四月二十四日法律第四十五号。明治404月24日布、明治4110月1日に施行された。布後度重なる正を経て今に至る。

六法の一つ(その他は日本国憲法民法、商法、民事訴訟法、刑事訴訟法)で、扱う内容は犯罪と刑罰に関する。

懲役刑・罰刑・執行猶予など容疑者の処理も刑法で定められており、罪状(殺人罪や窃盗罪など)、情状(故意か否か、反はあるかなど)と照らし合わせ、最終的な懲罰を確定するというシステムになっている。

法律自体は13章からなる「第一編 総則」と40章からなる「第二編 罪」からなり、前者は刑の定義や適用範囲、処罰の方法、後者は各種犯罪の処罰の規定に関して記されている。

 なお、刑に関する法律は刑法以外にも多数存在する(道路交通法、軽犯罪法、麻薬取締法など)が、それらはまとめて「特別刑法」と総称される。


学問としての刑法


「第一編 総則」について学ぶ「刑法総論」と、「第二編 罪」について学ぶ「刑法各論」に分かれる。


学説の対立


刑法は、ほかの法律べても学説の対立がしい傾向にあり、特に「違法性」の実質を何ととらえるかにより

とに分かれている。ただし現在では純な行為価値論はほとんど採られておらず、結果価値論と行為価値論の双方に違法性の実質をめる説(二元論)を行為価値論と呼び、結果価値論(結果価値のみに違法性の実質をめる説)と対立するものとして位置づけることが多い。
この両者の対立は、特に総論において顕著であるが、総論・各論問わず刑法論点の各所において現れる。学説が対立したときに、片方の説を結果価値論者ばかりが、もう片方を行為価値論者ばかりが支持している、というのは刑法にはよくあることである。

判例・実務は、行為価値論であるといわれている。もっとも、近時は、学説では結果価値論が多数説といえる状態になっている。


主な刑法学者


より詳しくは関連リンク参照。

行為価値論者 結果価値論者

刑法改正への動き


現行刑法は、明治40年に制定されたものを少しずつ正(現代化、量刑引き上げetc)しながら運用されている。なので、戦後日本では、未だに根本的に刑法が正されたことはない。

こうした背景から、1974年昭和49年)には、正刑法の案が日本法制審議会総会で決定され、刑法正に向け前進したかに思われた。しかし、上述のように、結果価値・行為価値の対立がかなりしかったこともあり、正は見送られることとなった。


関連動画



■sm5038868[ニコ動]

■sm6994626[ニコ動]

 


関連商品


■az4641042144
■az4641114897
■azB001G8XXNG
■azB000NMRWX8

 


関連項目



関連リンク



最終更新日: 19/09/04 13:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ