ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


刑法(日本)


ヨミ: ケイホウ
掲示板をミル!
14カキコ!
曖昧さ回避 これは曖昧さ回避です
  1. 刑事法についての学問上・一般的義 →刑法
  2. 日本国において1908年に施行された法典→当項で解説

日本刑法では、日本国の現行刑法典ある法令番号明治四十年四月二十四日法律第四十五号の法律について記す。刑法の一般的義、他の刑法典については「刑法」を参照。


概要


日本国刑法典として1907年に制定された。犯罪に関する総則及び刑罰について規定している。日本の六法を構成する基本的な法令である。刑事特別法や特別刑法銃刀法等)と区別するため「刑法典」とも呼ばれる。


第一編 総則


一般原則の規定である。第一章から第十三章まで存在する。

場所的適用範囲において日本刑法は第1条で属地義を採用している。このため原則として属人義はとられないが、犯罪の累計により補的に用いられる。

時間的適用範囲においては憲法39条において遡及処罰の禁止が定められており、刑法でも第6条に規定がある。

刑の類として生命刑、身体刑、自由刑、追放刑、名誉刑、財産刑が存在するが、日本刑法では生命刑、自由刑、財産刑が用いられ、身体刑、追放刑、名誉刑はい。

具体的に採用されている刑罰は生命刑が死刑自由刑が懲役と禁錮と拘留、財産刑が罰と科料と没収である。

ニコニコ大百科内にある刑法典第一編の記事


第二編 罪


具体的な罪に関する編である。第一章から第四十章(七三条から二六四条)まで存在するが、第一章皇室に対する罪(七三条から七六条)は削除されている。日本国憲法が法の下の等を掲げているためである。

刑法犯は、通常その保護法益により分類される。通説は 、㈠国家に関する法益に対する罪(第二章から第七章)、㈡社会に関する法益に対する罪(第八章から第二十四章)、㈢個人的な法益に関する罪(第二十六章から第四十章)に分ける三分説である。㈢は更に、殺人、傷等の生命・身体等に対する罪、監禁や誘拐等の自由に対する罪、名誉毀損や業務妨などの名誉・信用に対する罪、窃盗、強盗詐欺等の財産に対する罪。㈡は放火や往来妨等の社会秩序に対する罪、広い意味の取引手段を保護する偽造の罪、然わいせつや賭博等の風俗秩序に対する罪に分けられる。

ニコニコ大百科内にある刑法典第二編の記事


関連動画



■sm11156842[ニコ動]

■sm11153452[ニコ動]


関連商品


■az4641042950
■az4809012735


関連項目



最終更新日: 19/04/29 18:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ