ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


初音僧正


ヨミ: ハツネノソウジョウ

初音僧正(はつねのそうじょう)は、平安時代実在した坊歌P(御詠歌・和讃・和歌)。

 近年のさとり教育による坊歌ロイド盛に伴い、検索ヒットする機会が増えっている。
 初音ミク坊歌ロイドを掛けたネタと勘違いされがちだが、ガチ実在僧侶である。

 きっとこれはの教を坊歌ロイドを依代として説法する、現代坊歌P達の創作加護し、布いては数多のニコ厨
きらめく浄土へ導かんが為の、初音僧正の御遺志なのかもしれない。
 初音僧正のプロデュース遺徳)を追憶することで、きっと歌合の場での護となるやも。


概要


法名:永縁(ようえん、えいえん 10481125)の通称。(2015年890遠忌を迎える
初音僧正」 とも記される。

安後期の僧侶歌人であり、興福寺の権僧正(No.4)まで上り詰めた人物。
作詞に優れた才を発揮し、歌集「永縁奈良房歌合」(えいえんならぼううたあわせ)は重文に定されている。

通称のはつねは代表作に由来する。

”聞くたびにめづらしければホトトギス)いつも初音の心地こそすれ”(葉和歌集
※現代はカッコウであるが、中世ホトトギスしている。古典の授業で習ったよね?

その他プロデュース作品
首(河院御時首和歌)」
「権僧正永縁院歌合」


関連項目



最終更新日: 17/05/14 23:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ