ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


則本昂大


ヨミ: ノリモトタカヒロ
掲示板をミル!
193カキコ!

則本昂大(のりもと たかひろ1990年12月17日-)とは、滋賀県出身のプロ野球選手投手)である。現在東北楽天ゴールデンイーグルスに所属。

概要

東北楽天ゴールデンイーグルス #14
則本昂大
基本情報
日本日本
出身地 滋賀県多賀町
生年 1990年12月17日
身長
体重
178cm
81kg
選手情報
投球・打撃 右投左打
守備位置 投手
プロ入り 2012年ドラフト2位
経歴
際大会
代表チーム [画像を見る]日本
プレミア12 2015年
WBC 2017年
プロ野球選手テンプレート

小学校から野球を始める。

八幡商業高校時代は2年次からエースとなるが、県大会ベスト4が最高で甲子園出場はなかった。

三重中京大学に進学後、2年から投手となり、大学通算33勝0敗、防御率0.56という成績を残す。4年次の大学選手権1回戦で大阪体育大学相手に延長10回で20奪三振参考記録ながら、大隣憲司藤岡貴裕の持つ19奪三振の記録を上回る)という快投を見せ、スカウトからも注を集めた。

2012年ドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルス2位名され入団。背番号14三重中京大学2012年度限りで閉校が決まっており、則本らは最後の卒業生だった。名時には「大学はなくなってしまうが、名前を残すことができた」とコメント

楽天時代

2013年キャンプから高い評価を集め、オープン戦でも5試合で3勝0敗、防御率1.44と結果を残した。WBCに参加した田中将大が疲労を考慮して開幕戦を回避したため、なんとルーキーにして開幕投手に抜されることになった。新人の開幕投手は、パ・リーグでは1958年杉浦忠南海)以来55年ぶり、セ・リーグを含めても1984年高野ヤクルト)以来29年ぶりである。
開幕戦では7回途中4失点で敗戦投手となったが、2戦千葉ロッテマリーンズ戦でプロ勝利を挙げると、その後は1年間ローテーションを守り、終わってみれば15勝8敗防御率3.34という好成績を残し、田中将大先発2本柱としてチームの初優勝に大きく貢献、新人王タイトルを獲得した。パ・リーグの新人投手が15勝を挙げたのは1999年松坂大輔以来。
読売ジャイアンツとの日本シリーズでは開幕1戦登板(新人のシリーズ開幕登板61年ぶり)、好投しながら敗戦投手となったが、続く5戦に2番手で登板して自ら延長戦で勝ち越しのホームを踏み勝利投手に。さらに第7戦では美馬学のあとを受けて2番手で登板失点に抑えて田中将大へ繋ぎ、チーム日本一に貢献した。


2014年2年連続の開幕投手を務め、開幕戦でプロ勝利を挙げた。その後もチーム先発の柱として奮闘。セ・パ交流戦4完封(新記録)や、28と2/3回失点等の記録を残す。7月は勝ちに恵まれず、8月には中継ぎに配置換えされるなど2桁勝利手前で足踏みしファンをやきもきさせるが、先発復帰登板で10勝、2年連続2桁勝利を達成。奪三振マシーンと化し、リーグ全出場野手から三振を奪った。
最終成績は30登板14勝10敗防御率3.02でエースとして定着。また、9投7完封リーグ最多完封・最多投を達成し、204奪三振奪三振タイトルを獲得した。


2015年、なんと新人から3年連続で開幕投手に選ばれ、2リーグ制となった1950年以降では1958~1960年杉浦忠以来2人の快挙を達成。開幕戦では北海道日本ハムファイターズ大谷翔平と投げ合い、5回途中までは完全試合ペースだったものの、味方のエラーもあり6回3失点(自責点0)で敗戦投手となっている。その後もシーズン中は援護点がなかなか得られず、6月には無援護の試合が2試合続くなどして大きく負け越す。7月以降も相変わらず援護と勝ちには恵まれずにいたが、それでも先発ローテーションを一人で守り続け、この年の楽天投手ではただ一人規定投球回に達し、自己最多となる215奪三振で2度奪三振王を獲得したが、10勝11敗、防御率2.91プロ入りして初めて負け越した。
オフプレミア12日本代表に選出された。開幕の韓国戦において自己最多の157km/hをマークしたが、準決勝の韓国戦で4失点を喫し、敗戦投手となった。


2016年2リーグ制以降では初となる4年連続の開幕投手となり、その開幕戦では前年王者の福岡ソフトバンクホークス相手に7回3失点11奪三振投で勝利をもぎ取った。8月6日埼玉西武ライオンズ戦にてシーズン10勝を挙げて4年連続二桁勝利を達成するも、ここから調子を落として5連敗を喫してしまう。シーズン最後の登板となったソフトバンク戦では6回失点で勝利をおさめたが最終成績は11勝11敗に終わり、一部では「暗エースのようだ」というも上がってきている。またこの年は216奪三振を記録し、3年連続で奪三振王にいた


2017年WBC日本代表に選出される。2戦に登板したがいずれも中継ぎで、4失点防御率9.82イマイチだった。レギュラーシーズンでは開幕投手を譲ったが開幕を一軍で迎える。4月19日西武戦から5月25日オリックス・バファローズ戦まで、野茂英雄以来となる6戦連続二桁奪三振を記録。6月1日巨人戦でNPB新記録となる7戦二桁奪三振を記録した。その後メジャー記録の8戦まで記録を伸ばしたが、6月15日東京ヤクルトスワローズ戦では7回6失点8奪三振乱調のまま降し、二桁連続奪三振記録は8で止まった。同年のオールスターゲームでは2戦先発登板し、自己最速となる158km/hを計測した。8月からチームが9連敗を喫し3位に転落した中、9月3日ソフトバンク戦に先発登板。8回失点と好投したが、援護がないまま9回裏に志願してマウンドに上がる。ところがランナーをためてアルフレド・デスパイネサヨナラタイムリーを打たれ、マウンド上で泣き崩れた。


2018年は開幕投手を務める。4月6日ソフトバンク戦で通算1000奪三振5月19日日本ハム戦で通算1000投球回を達成した。27試合の登板で10勝11敗と負け越したが、5年連続で最多奪三振タイトルを獲得した。


2019年3月に右肘のクリーニング手術を受けリハビリを重ね、7月9日オリックス戦で復帰。6回失点でシーズン勝利を挙げた。12試合の登板で5勝5敗だった。
クライマックスシリーズ1stステージではソフトバンクエース千賀滉大と投げ合い、ポストシーズン5試合登板にして初勝利を挙げた。

人物・プレースタイル

尊敬する選手は「炎のストッパー津田恒実背番号14も津田と同じ番号を希望して付けている。

最速158km/hのストレートフォークスライダーといった変化球を投げ分け、高い奪三振を誇る。反面チームの救援が弱いためか、投球回・球数共に多くなりやすく、場合によっては1試合で150球近く投げることもある。

成績

年度別投手成績

年度 球団 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
2013年 楽天 27 25 3 0 15 8 0 0 .652 170.0 51 134 65 63 3.34
2014年 30 28 9 7 14 10 0 0 .583 202.2 39 204 73 68 3.02
2015年 28 28 3 1 10 11 0 0 .476 194.2 48 215 68 63 2.91
2016年 28 28 2 0 11 11 0 0 .500 195.0 50 216 87 63 2.91
2017年 25 25 8 2 15 7 0 0 .682 185.2 48 222 63 53 2.57
2018年 27 26 4 1 10 11 0 0 .476 180.1 51 187 78 74 3.67
2019年 12 12 0 0 5 5 0 0 .500 68.0 10 67 27 21 2.78
NPB:7年 177 172 29 11 80 63 0 0 .559 1196.1 297 1245 461 405 3.06

タイトル・表彰・その他

タイトル
最多奪三振 4回 2014年-2017年
新人王 - 2013年
セ・パ交流戦優秀選手賞 1回 2014年
MVP 2回 2014年6月2017年5月
ジョージア魂賞 2回 2013年2014年
その他
オールスターゲーム出場 3回 2014年2016年2017年
8戦連続二桁奪三振 1回 2017年

関連動画


■sm24682661[ニコ動]

■sm27490254[ニコ動]
■sm29783013[ニコ動]
■sm32157577[ニコ動]

関連コミュニティ

■co2134

関連項目

外部リンク


最終更新日: 19/10/16 19:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ