ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


前田敦子


ヨミ: マエダアツコ
掲示板をミル!
576カキコ!

前田敦子とは、元AKB48メンバー、現女優である。太田プロダクション所属。1991年7月10日生まれ。


略歴



人物



AKB48におけるエピソード


前田敦子はAKB48オープニングメンバーとしてデビュー。それ以前はもともと立つ事が苦手で、内気な性格のごく普通女の子であった。「女優になってお芝居をしたい」という動機でAKBオーディションを受けたものの、オーディション時はそれほど注を受けていた存在ではなかった。しかしデビュー前のレッスン~デビュー直後になると、彼女な性格や意識の高さがスタッフを中心に評価され、大所帯であるグループ内においてトップクラス人気を擁するようになる。秋元康は、そんな彼女を「AKB48エース」として名し、以来6年半にわたってAKB48センターとして活動を続けた。

2006年には劇場演において、AKB48史上初の(事実上の)ソロ曲を任される。しかし彼女は「一人だけ立つのは嫌だ」とレコーディングを拒否し、大泣きしたという。今となってはAKB内のグループ格差は当然とされているが、メンバー間の待遇にそれほど差がなかった当時はメンバーにとってもファンにとっても衝撃の出来事だったのだ。しかし彼女は持ち前の明るさと摯さを武器にソロとしての役割を果たし、AKB人気の向上に貢献した。

その後のメジャーデビューにおいても彼女は中心メンバーとして活躍する一方、劇場以外の仕事女優仕事も受け持つようになり、その甲斐あってかAKB48の存在は徐々に世間に知られるようになる。しかしAKB48グループ全体ではなく、「個人」を応援する潮が強いグループ。これといった歌唱ダンスがなく、芸活動の経験も乏しい前田は、(他のメンバーファンを中心に)多くのバッシングをうけることとなった。この傾向はAKB48の知名度向上とともにさらに顕著になり、週刊誌スポーツ新聞、さらにはコピペブログを中心をしたネットニュースなどにおいて彼女批判記事が多く書かれることとなった。

それでも、彼女ステージ上では笑顔を絶やさず、ひとつひとつの仕事を精一杯こなし続けた。自分をうまく表現することができなくても、応援してくれる人への思いは人一倍強かったのだ。そんな彼女の苦労の積み重ねもあって、AKB48シングルCDランキングの年間TOP5を独占し、「民的アイドル」と呼ばれるにふさわしいグループとなった。そして彼女自身も第3回の総選挙では約13万票を獲得しての1位ソロシングルも10万枚以上を売り上げるなど大ヒットとなった。それは彼女批判するものが多くいる一方で、純彼女に対して憧れや期待を寄せているもの、また彼女の、自分をうまく表現できない「不器用さ」も含めて応援している者が(アンチ以上に)沢山いることの明だろう。

秋元康google+上で、前田敦子に関して次のようなコメントを寄せている。

前田敦子はストイックです。
なあなあな関係が嫌いで自分を追い込みます。
孤独です。
自分への苛立ちが、時に誤解される“不機嫌さ”です。
でも、みんなが自分に気を遣ってくれることもつらかったようです。
このままAKBの心地いい環境にいたら、もっとわがままになってしまう自分が怖かったのかもしれません。
だから、敢えて厳しい世界に飛び込もうと思ったのでしょう。(以下略

-秋元康google+より-

AKB卒業し、今後は女優業に専念することを宣言した前田敦子。舞台の場を通して彼女の成長した姿をおにかかれる日はそう遠くはないであろう。


関連動画



■1261723214[ニコ動]


関連生放送


lv104873214 lv105374342


関連商品


■azB001TJWSCO
■azB003OACIA8
■azB0039XJGZK
■azB004774X2I
■azB003YJFES2
■az4087805565
■az4087805557
■az4087805611
■azB000UO6JNI
■azB00165SDUM
■azB003Q49G3E
■azB000UTDR3I


関連項目



関連チャンネル


■ch480
■ch106


外部リンク



最終更新日: 13/01/01 19:15
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ