ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


剣士(ファイアーエムブレム)


ヨミ: ケンシ
掲示板をミル!
123カキコ!

剣士(ファイアーエムブレム)とは、こそを極めし者である。


概要


ゲームファイアーエムブレムシリーズにおける歩兵クラスの一つ。
紋章の謎までは歩兵傭兵だったのだが、聖戦の系譜以降は技と速さに偏重したものが「士」として別クラスに分離された。
類稀なる技と驚異的な神速を誇る反面、と守備が低い偏ったクラスである。
元々紋章の謎の強キャラの一人で人気も高い傭兵ナバールイメージからできたものとも言われている。
そのため、後の作品でもナバールを思わせる設定のユニットが登場することがあるがほとんどが士であり、後のリメイク作品ではナバール自身のクラスも「士」になった。
また士というクラスができあがると、や雇用によって動く傭兵とは違い純を極めようとするタイプ士、特に女士が多く登場するようになり、士というクラスキャラ的な分化がさらに進んだ。
聖戦の系譜では「5回連続攻撃する」という圧倒的な攻撃を持つスキル流星」が登場、以降の作品でもGBAの必殺モーションが5回敵をりつけるというものであったり、炎以降でも「流星」として調整されつつもスキルとして採用されており、士の徴の一つになっている。

とにかく速さと技を生かした戦い方をするクラスで、必殺や2回攻撃で攻撃を稼ぎ、敵の攻撃を回避して守備を補うことでかなりの強さを発揮する。ただ、が偏っているためゲームバランスの影を物凄く受け、避けゲーなら文句なしの最強クラス、受けゲーになると若干不遇ということになる。
上級職はソードマスタークラスチェンジ後もしか使用できないが、何らかの(大抵は必殺率に)ボーナスがついている場合が多い。このボーナス加減でもかなり強さが変化する。
近年は回避率への補正や回避率上昇のスキルも多く割り振られており、「受けゲー気味のバランスでも何とかして避けゲーをしようとするクラス」という立ち位置になっており、命中率の低いに対して特に有利に立ち回れる。
ポジション的に強キャラが割り振られやすいため、悲惨という事例は多くない。 

敵として対峙する際は、ドラゴンナイトやアーマーナイトをぶつけるとほとんどダメージを受けずにすむ。
また、しか使用しないため遠距離から攻撃するのが有効。


強さの変遷


強さは受けゲー避けゲーのバランスの影を免れないが、人気は高い。


暗黒竜と光の剣


まだ士というクラスはなく、当のナバール自身も裸でどっちかというとだったため、まだ士という概念自体がなかったと言える。


外伝


Lv.3 Lv.7 Lv.10 Lv.10
むらびと ようへい けんし ませんし むらびと(以下ループ)

ようへいからクラスチェンジするとなれる。
詳しくはこちらで⇒傭兵(ファイアーエムブレム)


紋章の謎


第一部、第二部どちらにおいても仲間になる傭兵ナバールが、これ以降の「士」のイメージの元になった。
寡黙である、イメージカラーシスター系を助ける、開始時に敵、キルソードを持っているなどの特徴を持つ士がこの後の作品でも登場することになる。


聖戦の系譜


下級 CC 上級
ソードファイター(A スキル「追撃」) ソードマスター(A スキル「追撃」「連続」)
フォーレスト(剣A スキル「追撃」)

この作品から傭兵系と士系が分かれることになった。ただし、下級職はみなソードファイター
マップがだだっ広いため歩兵という時点で運用にマイナスが付きかねない本作であるが、ラインナップが充実しているを操れるためそこまでひどくはない。
また、フォーレストと違いソードマスターは技・速さが最大の30まで伸びる上、兵種スキルの「連続」がつくのでその中でもやや優位。

第一部ではイザークの王女アイラが、第二部ではアイララクチェと、甥でイザーク王子シャナンが加入する。


トラキア776


下級 CC 上級
ソードファイター() ソードマスター( スキル「連続」)
マーシナリー(剣・斧)

今作から同一系統のフォーレストがマーシナリーとなり、を装備できるユニットとなった。ゆえに技・スピード特化で兵種スキルとして連続スキルを持つソードマスターと汎用性重視のマーシナリーとでを分けることになる。
マーシナリーもしくはマーシナリーになるユニットの記述は傭兵の記事に譲る。

本作ではフィアナ村領エーヴェル士シヴァ、エーヴェルマリータダンディライオントルード、イザーク王子シャナンのそっくりさんシャナムが加入する。


封印の剣


下級 CC 上級
士() ソードマスター( 必殺+30)

元々今回は避けゲーであるため回避が伸びやすい士に有利なのだが、その上に必殺+30というとんでもない補正がついているため最規格外の強さ。特にキルソードを持たせたら大抵必殺が70以上になる。
また、エレブ大陸東部の草原の国「サカ」(最大の都市ブルガルルトガーの故郷でもある)地方として「倭」という武器も登場。こちらは士系専用かつキルソードよりも威は低いが、必殺40という破格の性

序盤にベルンへ恨みを持つルトガー、中盤に修行のため各地をするフィル、終盤でフィル伯父の「カレル仲間になる。


烈火の剣


下級 CC 上級
士() ソードマスター( 必殺+15)

前作で必殺+30チートすぎると反したのか、必殺補正が+15(の武器レベルがSになると更に+5)に抑えられたため前作ほど強ではないが、根幹システムは封印と同様避けゲーであるため、結局強い。
ただし、それまでカモであったが命中の善に始まり、三すくみ反転させるバスター武器の三すくみ補正が2倍になる、三すくみ反転かつ士、傭兵系に特効を持つ「ソードキラー」が登場といったテコ入れが加えられたため、油断は禁物。

本作では少年ギィ、上級加入で「魔」カレルとそのカアラ仲間になる。
また、主人公の一人リンロードではあるが、倭を使える、傾向もほぼ士と限りなく士に近い。

敵としては、い牙の幹部「四牙」の一人『ロイドが中盤・終盤にかなりの強敵として立ちはだかる。
さらに終章でモルフとして復活した際には、最強ガルブレイドを携えライナス支援Aで向かってくるため苦戦は必至。


聖魔の光石


下級 CC 上級
士() ソードマスター( 必殺+15)
アサシン(剣 解錠(要「盗賊の鍵」)、視界確保、罠解除、スキル「瞬殺」)

必殺補正は烈火と同じだが、今作ではクラスチェンジアサシンにもなれるようになった。
アサシンは前作同様盗賊の鍵を用いた解錠、視界確保といった盗賊が持つスキルに加え、必殺時50%で敵を一撃で倒す「殺」が使えるようになる。

本作では賭け事が好きな風来坊傭兵ヨシュアと、ジスト傭兵団の一員の『緋マリカ仲間になる。
また、クリア後のフリーマップで条件を満たすとジャハナの『砂の女王』イシュメアを使えるようになる。

封印・烈火で猛威を振るった倭は、世界観の変更から、砂漠シャムシール」として登場。案の定キルソード以上の必殺補正を持つ。


蒼炎の軌跡


下級 CC 上級
士() ソードマスター()

次へ»
最終更新日: 19/08/27 23:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ