ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


副露


ヨミ: フーロ
掲示板をミル!
6カキコ!

副露(フーロ)とは、麻雀のひとつで、他が打したを奪って面子を作ることである。副露することを「鳴く」「喰う」などという。


概要


原則として、麻雀でアガるためには14枚のを使って、4組の完成面子と1組の頭を作る必要がある。自で拾ってきただけでこの形をすのはなかなか大変なことだが、他が「これイラネ」と捨てたをもらうことで面子をその場で完成させ、アガリに近づくことができる。これが副露である。

このように、他の捨てたを利用して面子を作るので手の完成くすることができる副露だが、それ以外にも他立直直後に副露することで一発を防ぐことができる(いわゆる一発消し)というメリットもある。
しかし、もちろんメリットだけでなくデメリットもある。

こうしたメリットデメリットを踏まえた上で、適切なタイミングで副露を行うことは、麻雀の戦略上重要である。


副露の種類


副露には、チー)、ポン)、カン)の3種類がある。このうちカンに関しては、一般的に大明槓のみを副露と見なす。


チー


自分の手にある搭子が、上の打を組み入れることで順子になる場合、「チー」と宣言して上の打を取得することができる。チーしたあとは、完成した順子開する必要がある。

たとえば、5m[画像を見る]という搭子が手にある場合、[画像を見る][画像を見る]を新たに加えれば順子完成する状態である。もしここで、上がこのどちらかを打すれば、チーを宣言して打を取得し、順子をその場で完成させることが可だ。

チー完成させた順子す際は、 [画像を見る][画像を見る][画像を見る]のように、上から取得したを左側に置き、横向きにした状態にする。

一般的なルールの下では、チーは対面・下からの打に対して行うことはできない。また、三人麻雀ではチーができない。

確率的に順子は刻子よりも自完成させやすく、また順子系の役は副露すると数が下がったり消滅したりすることが多いので、チーの使いどころには十分注意する必要がある。


ポン


自分の手の中に対子があるときに、他が同じを打すれば、「ポン」と宣言してその打を取得し、刻子を完成させることができる。チーとは異なり、対面・下からの打に対して行うことも可

たとえば、[画像を見る][画像を見る]という対子が手にあるときに、他[画像を見る]を打すれば、ポンを宣言することで打を取得することができる。

ポンを行った後はチーの場合と同じく完成した刻子を開する必要があるが、どのプレイヤーの打を取得したかによってし方が変わってくる。
からの打ポンした場合: [画像を見る][画像を見る][画像を見る]のように左側のを横向きにしてす。
対面からの打ポンした場合: [画像を見る][画像を見る][画像を見る]のように中央のを横向きにしてす。
からの打ポンした場合: [画像を見る][画像を見る][画像を見る]のように右側のを横向きにしてす。


カン


カンには3つの方法があるが、そのうち一般的に副露と見なされるのは大明槓のみであることが多い。

詳細は大明槓の記事を参照。


役の消滅と喰い下がり


前述の通り、副露を一回でも使用すると、役によっては数が下がったり、消滅して狙えなくなったりする。


副露を使用すると消滅してしまう役のことを「門前役(めんぜんやく)」という。代表的な門前役には以下のようなものがある。


副露を使用すると数が下がってしまう役のことを「喰い下がり役」という。代表的な喰い下がり役には以下のようなものがある。


なお、役の消滅や喰い下がりは、その役の成立に関係のない面子を副露した場合も発生してしまうので注意が必要である。

[画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る]

このような手を例に挙げる。門前で一盃口の形が確定している一向聴の状態だ。ここで、上から[画像を見る]が打されたとしよう。

[画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る] [画像を見る][画像を見る][画像を見る]

これをチーすると、一盃口の形を構成する面子を副露したわけではないのに、一盃口が消滅してしまう。こうなると、アガるために他の役の成立をさなければならなくなってしまう。


関連コミュニティ


■co1068


関連項目



最終更新日: 16/08/24 21:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ