ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


力道山


ヨミ: リキドウザン
掲示板をミル!
42カキコ!

力道山とは、日本プロレスと称せられる元大相撲力士、元プロレスラーである。本名は浩。

身長176、体重116㎏。息子はともにプロレスラー田義浩(故人)、百田光雄(今なお現役であり、引退を経験していないレスラーとしてはキャリア最長)。孫(雄の長男)のもまたプロレスラーである。

インディーマット界の台頭でやや崩れつつあるところもあるが、日本プロレス界の新子育成システム・上下関係・隠語などが大相撲の影を強く受けているのは、力士出身の力道山が日本プロレス界を形作ったからだと言われている。


概要


1924年11月24日長崎県大村市に生まれる。二所ノ関部屋の力士として1940年5月場所で初土俵を踏み、1946年11月幕内へ昇進する。1947年6月場所では、羽黒山、前田山、東富士といった横綱と並んで優勝決定戦に出場(優勝は羽黒山)。1948年5月場所では殊勲賞にき、翌年の5月場所では関脇に昇進する。だが、1950年9月場所前に自分でまげを切って引退。通算成績は13582敗15休。

引退後は、力士時代から後援者だった新田新作が経営する新田建設に入るが、ナイトクラブでの喧がもとでプロレスラーハロルド坂田と知り合い、プロレス興味を持った力道山は坂田の勧めでプロレスに転向する。シュラナイダー・クラブフリーメイソン系慈善団体)でプロレスラーとしての導を受けた後、1952年に渡し、ハワイでの識名による猛特訓を受け、その後サン・フランシスコを中心としたサーキット300戦以上をこなして大活躍を収める。
翌年帰すると政財界の大物を訪ねて日本プロレス協会(団体としては日本プロレス)を設立。1954年世界タッグ王者のシャープ兄弟を招聘し、木村政彦とのタッグ2月19日から3月7日まで全14ヶ所を連戦した行は、テレビ放送によって全に広まり、民の支持を受けて大ブームとなった。このブームたるやすさまじく、テレビ日本に普及したのは、力道山の試合が観たかったからだとも言われている。事実日本テレビが設置したテレビを群衆が十重二十重に囲み、テレビを設置していた飲食店や理店に人が群がり、挙句の果てには人の重みに耐えかねてビルの床が抜けたという。当時は「総理大臣の名前は知らなくても、力道山の名前は知っている」とまで言われたほどであった。

力道山以前にも各地でプロレス団体が勃し、行も行なわれていたが、テレビという新たなメディアを味方につけた力道山の日本プロレスが、しだいに全を統一していった。


昭和の巌流島


力道山とのタッグで活躍した木村政彦だったが、力道山と袂を分かち合ってプロレス団を設立する。しかし、行ははかばかしくなく、やがて木村朝日新聞に「力道山のプロレスはジェスチャーの多いショーだ。真剣勝負なら負けない」とし、挑戦をぶち上げた。
これを受けた力道山は、1954年12月22日に蔵前技館で日本プロレス選手権試合を開催。木村シングルマッチ突した。「昭和」と称されるこの試合は、木村急所蹴りに激怒した力道山が右拳のストレートパンチを放ち、そのまチョップの連打で木村KOに追い込んだ。当時は勝った力道山が宮本武蔵、負けた木村佐々木小次郎になぞらえられ、勝った力道山はさらなる民的スターへと登り詰めた。

なお、この試合の直後に木村と慕う大山倍達が力道山に挑戦を表明するが、視されている。このエピソード梶原一騎の「空手バカ一代」や「男の星座」でも紹介されている。


海外の強豪との戦い


昭和以降、プロレスブームは一時的に下火となるが、1950年キングコングを破ってアジアヘビー級王座に、1958年にはNWA世界ヘビー級王者として知られるルー・テーズを破ってインターナショナルヘビー級王座を獲得した。このように内制圧後は、日本プロレス界の代表として海外から有名レスラーを招聘したのである。そうした中には、ザ・デストロイヤーフレッドブラシーといった有名外国人も数多くいた。
1963年5月24日東京体育館で行なわれたザ・デストロイヤーとのWWA世界ヘビー級選手権試合は、均視聴率64を記録した。体的には衰えも見え始め、ケガも多くなってきたが、それでもまだその威は衰えていなかった。

またプロレスラーだけではなく、実業としても成功し、赤坂に高級アパートリキ・マンション、ナイトクラブのクラブリキ、高級マンションのリキ・マンション、さらに渋谷プロレス常設会場「リキパレス」を建設した。さらにはボクシングジムゴルフ場を中心としたリゾート開発などにも乗り出していた。


力道山の弟子たち


力道山には数多くの子がいるが、その中でも有名なのはジャイアント馬場アントニオ猪木大木金太郎の若手三羽だろう。プロ野球出身という知名度に加え、恵まれた体格を誇る馬場デビュー当初からスター扱いされ、当時は出世のパスポートと言われていた海外修行にもっ先に出された。
一方、付き人だった猪木には「靴べらで顔を殴る」「飼い犬のしつけの実験台にする」「意味もく、ゴルフクラブで頭を殴る」「皿を投げつける」など、冷酷な態度をとり続け、猪木自身も本気で殺意を抱いたことは一度だけではないとっていた。海外修行も力道山の生前には行けずじまいの猪木だったが、その山師的な性格やサイドビジネスへの野心など、ある意味一番、力道山の血を受け継いでいるとも言えよう(下手すると、実の息子ちよりも)。
第三の男、大木金太郎こと一(キム・イル)は、力道山を慕って韓国から密入するも、横浜逮捕される。そんな彼を自身の後見人である自民党大野政治を利用して釈放させ、大木金太郎の名前で門下生として入門させたのが力道山であった。……と書くと一が力道山が朝鮮人であることを知っていたかのように思えるが、この密入騒動も力道山伝説同様にである。実のところ、横浜で働いていたが「日本人レスラー力道山に子入りしたのであった。が力道山を「同胞」であると知ったのは入門後、桔梗話題で理解できなかったに対し、力道山が他に人のいないトイレで「トラジのことだ!」と教えたからだという。数多い力道山の子の中でもっともかわいがられ、かつ力道山信者として心酔していたのは大木であったと言われている。


力道山の死


1963年12月8日赤坂のナイトクラブ「ニューラテンクォーター」で暴力団員と喧になり、登山ナイフで刺された。病院の発表では全治2週間とされていたが、事件から1週間経った12月15日に容態が急変し、穿孔性化膿性膜炎で死去した。

力道山の死後、日本プロレスナンバー2だった豊登エース日本プロレス社長とした集団導体制を作るが、豊登りはギャンブルが原因で放逐される。その後、力道山がブラジルで見出したアントニオ猪木独立騒動に関わって追放され、新日本プロレスを旗揚げする。日本プロレスジャイアント馬場エースとする新体制が敷かれたが、馬場日本テレビと図って全日本プロレスを旗揚げする。ここにおいて日本プロレス坂口征二エースとするも、これまたNET現在テレビ朝日)の働きかけで坂口らが新日本プロレスに移籍するとついに尽きる。力道山を追いかけてきた大木日本プロレス亡き後全日本プロレスを経て新日本プロレスへ転戦し、既に旗揚げされていたプロレスと合わせて三団体時代が到来したのであった。

力道山の墓は池上本願寺にあり、命日にはしばしば有名プロレスラーが墓参に参る。また、大村市にあるの墓所にも分されている。


メディアの影響


戦後を代表するスーパースターであり、生前には28本の映画に出演。そのうち8作品は映画である。
漫画では梶原一騎原作吉田作画の「チャンピオン太」があり、これは実写による連続ドラマも作られている。デビュー前のアントニオ猪木が「死神酋長」というインディアンレスラーの役で出ており、実際のリングネームもその名前になりかけたというのは、古いプロレスファンの間では有名な話。

なお、梶原一騎と力道山の出会いは東京中日新聞の連載「力道山浩」がきっかけである。

梶原一騎以降も、プロレス界のレジェンドとして実名やオマージュを問わず漫画小説ゲームなどでチートクラスの猛者として登場している。「餓狼伝」では王山として松尾山と戦い、「グラップラー刃牙」では剛山としてマウント斗羽のエピソードに登場。夢枕獏小説「仰平成元年空手チョップ」では一命を取り留めた力道山が冷凍睡眠で平成日本に復活し、前田日明東京ドームで戦うというストーリーが展開された。


得意技


力道山の代表的な技である空手チョップ空手打ちとも)は、正確には空手のものではなく、相撲時代から得意としていたり手の応用であるが、その強体から繰り出されるチョップは見たにも分かりやすく、威も絶大だった。逆りといったチョップ攻撃は今も、プロレス要打撃技として多くの使い手を産んでいる。
セーバーチョップ? いやあ、あれは……。


力道山とプロレスの虚実


さて、ここまで力道山の来歴を述べてきたが、これは力道山の「自伝」(実はゴーストライターの作)などによる、いわゆる「オフシャルストーリー」「正伝」であり、実のところ上記の内容には「」、あるいは今となっては解明できないが数多く存在する。

そもそもの出自に関して、「プロレスラー力道山」は長崎県大村市出身の日本人とされていたが、現在では周知のとおり現在北朝鮮)出身の朝鮮人である。力道山が卒業したとスポーツ誌に掲載されていた「大村第二小学校」なる学校大村市には実在しない。帰化して戸籍上でも浩となるのは大相撲業した1951年2月のことで、自分を見出して日本に連れ帰った之助の長男となったのである。ただし、大相撲の番付には朝鮮半島出身であることが書かれていたため、力道山が朝鮮半島出身者であったことは相撲ファンなら周知の事実であっただろうし、それを知らずとも「浩」という「本名」から朝鮮半島ルーツを持つことを読み取った者もいたようである。いずれにせよ、プロレスラーとなってからは帰化人である旨のマスコミ報道はされず、韓国渡航したことすらオフレコとされたほどである。家族に関する「真実」としては、義雄・兄弟とは別に北朝鮮がおり、連絡船上であったことを突き止めたとする書籍もある一方、その信憑性に疑問を投げかける者もいる。


次へ»
最終更新日: 15/01/09 19:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ