ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


北島マヤ


ヨミ: キタジママヤ
掲示板をミル!
10カキコ!

北島マヤとは、漫画ガラスの仮面」の演劇キチガイ主人公である。元祖恐ろしい子

アニメでのCV勝生真沙子1984年版)、緒方恵美OVA版)、小林沙苗2005年版)。


概要


普段はおっちょこちょいチビで勉強もできず、手先も不器用な十人並みの女の子。顔も父親がいないこともあって貧しい方で、苦労の多い幼年期を送っていた。しかし、こと演劇に関しては類希なる才を持っており、その賦を月影に見いだされ演劇を進むことになる。不幸人生に定評があり、物語中にを背けたくなるような様々な苦難に遭遇するのだが、マヤは持ち前の明るさと前向きさでそれらを乗り越えていく。

彼女演劇の才には、豊かな感受性や優れた記憶(ただし演劇に限る)などもあるのだが、それ以上に演劇に対するひた向きさと努の要素が大きい。どんな劇のどんな役に対しても全身全霊をもって臨み、半ば狂ったような演劇練習をすることもマヤの特徴の一つだ。その余りに大きな演劇への情熱は、一般人はおろかプロ俳優でも理解し難いこともあり、時にはそれがイジメや干される原因にもなっている。

自分のパトロンになってくれた紫のバラの人に対しては好意以上のものをもっており、その正体が明らかになるにつれそれは心へと変化していった。

余談ではあるが、アンサイクロペディアには「エクストリームガラスの仮面」という項がある。これはスポーツの一種であるのだが、その内容は、

ある活動や、競技において、ありとあらゆる理不尽な嫌がらせを仕掛けてその心を折ろうとする、ろくでもない連中に囲まれた劣悪な環境下で、自分の才をどこまで一つの芸術品として昇させることができるかを競い合う競技

これだけ見てもマヤの悲惨な人生環境が伺えるだろう。

しかし、マヤの心は折れない。


関連動画



■sm10528372[ニコ動]


関連商品


■azB0046HA4RW


関連項目



最終更新日: 13/04/11 02:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ