ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


北斗晶


ヨミ: ホクトアキラ
掲示板をミル!
12カキコ!

北斗晶とは、株式会社健介オフィスの代表取締役社長ファイティングマネージャーを務めるタレントで、元女子プロレスラー、そして、佐々木健介にとって大切な鬼嫁である。


概要


十数代続く農家の出で、本名は佐々木久子(旧姓:宇野)。二児の現在も夫のセコンドを勤める。意外に思われるかもしれないが料理上手であり、洋・雑貨店を勤められたほど手先が器用。鬼嫁で売っているがエプロンではブリにおびえるなど、乙女の一面を覗かせることも。そんな彼女は『ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜』がフェイバリット・ソングである。

神田女学園中学校卒業⇒同校併設高校中退。これは女子プロへのへ進むためであった。そして、信じられないことにものすごいお嬢様挨拶を学友と交わしていたという。1985年6月全日女子プロレスより宇野久子(当時の本名)でプロレスラーデビュー1986年3月には全日ジュニア王座を奪取。だが、1987年の試合にて首のを折り長期欠場を余儀なくされる。医者からは引退勧告をされたが、プロレスへの想いとファンの後押しにより復帰。1988年には現在の芸名でもある北斗晶に名。1990年代に入ると後輩先輩らとしいバトルを繰り広げ、女子プロレスの質を高めることに成功。その過程で神取忍と血みどろの抗争を繰り広げ、デンジラスクイーンと呼ばれるようになる。「レイナ・フブキ」のリングネームメキシコEMLLでも活動したがWWWA世界シングル王座には届かなかった。

そんな最中、北朝鮮催のスポーツ平和の祭典に参加した彼女に運命のが咲く。夫・健介との出会いであったのだ。に落ちた二人は1995年10月1日結婚北斗フリーWCWを経てGAEA JAPANに入団。さすがに長男出産前後は試合を控えたが子育てが一段楽したときにはリングに復帰。日本では初めてとなるママさんレスラーとなった。女子プロレスシーンに新たなが吹き込むかと思われた矢先である。彼女の友人の中に自身と同じく幼い子を持つ女性がいたのだが、その人物が亡くなったのだ。これをきっかけに彼女2002年4月7日、里村明衣子パートナーにした長与千種・浜田文子組戦を持って引退した。

引退直後は主婦業に専念していたが、WJプロレス退団後苦労する夫健介を支えるべく、健介のマネージャー役としてプロレス界に復帰を果たす。そして、2004年に健介を中心としたプロレス団体である健介officeを設立。「埼玉主婦の喧」と称して全日本プロレスで試合をすることもあるのでキャラは要注意。同時にタレント活動も開始、バラエティ番組に出演。2005年11月15日には健介office株式会社化(2012年からはプロレス団体としての事業をダイヤモンドリング称、健介オフィスマネジメント事務所となった)、代表取締役に就任する。鬼嫁、時々乙女となる北斗ときめ男性がいるとかいないとか。だが、彼女は健介のだ。


怪我と北斗


なぜか怪に縁があった現役時代。事実、万全の体制で試合に臨んだ姿が少なく、そんな姿で懸命に相手と対峙する姿に感動を覚えたファンもいるのではないだろうか。やはり、クラッシュギャルズがいなくなった後を支えたいという思いがあったからかもしれない。以下、彼女の怪にまつわるエピソード


関連動画



■sm2040417[ニコ動]

■sm8286459[ニコ動]
■sm4069820[ニコ動]
■sm6934121[ニコ動]


関連商品


■azB000S6LHQW
■az4528014157
■azB000FBG30K
■az4594062733


関連コミュニティ


北斗晶に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 12/08/14 16:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ