ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


北条氏


ヨミ: ホウジョウシ
掲示板をミル!
6カキコ!

北条氏とは、日本史上有名な2つの氏族があるややこしい存在である。

  1. 鎌倉幕府で源頼朝の岳となった一族で、執権を務めていった
  2. 1にあやかって室町幕府官僚伊勢氏が東で名乗った、こちらはややこしいので後北条氏とも呼ばれる

北条(きたじょう)氏、という上杉謙信の越山絡みで有名な武将のもあるが、ややこしいのでパス!


1の概要


源頼朝の妻・北条政子とその父親北条時政に始まる一門である。以後の時代のほぼ全員の意識として、頼義にがせた直方の子孫だということになっているが、『吾妻』の虚構性だの、いくらなんでも悪魔の証明すぎるだろだの、色々あって、史実性はかなり怪しいという結論になった。とはいえ、野口実などによって桓武平氏の別の一門ではないかとは言われてはいる

この北条時政であるが、ぶっちゃけこれ以前はどんな存在か全くわかっていない。『吾妻』を批判に受容してきた反動でどこの馬の骨かわからない存在とまで言われるようになったが、今は伊豆守・吉田経房を支える在庁官人ではあり、京都にもある程度パイプのある存在だった、というところに落ち着いた。

とはいえ、とはいえなのだが、この北条時政。庶らしいのだ。つまり、ほぼほぼ源頼朝北条政子ぎ、その後の治承・寿永の乱であれよあれよという間にてっぺん取った結果として、躍り出た存在である。なお、北条時政自体は外交担当者であり、源義経更迭後に京都治安維持を任されて初めて表舞台に立ったようなものである。

以後、公式史料の『吾妻』どこまで信用できるんだよ問題もあるが、北条氏はネズミ算式に増えて、鎌倉幕府を実質っていく。

※以後、あまりにもやばいネズミ算なので、要なところ以外は省く
※以後、名字が何かややこしいので、北条で統一


1の北条氏のほんとにざっくりとした略系図


北条時政
<時房流>
北条宗時 北条義時 北条政子 北条時房 波局 北条政範
+
<名越流> <極楽寺流> <政村流> <金沢流> <具流>
北条泰時 北条朝時 北条重時 北条政村 北条実泰 北条有時
北条時氏
<流>
北条経時 北条時頼 北条時定
+
<宗政流> <桜田流>
北条時 北条時宗 北条宗政 北条時厳
北条貞時 北条師時
北条高時 北条泰家
北条邦時 北条時行

名越流北条氏


北条義時の本来の嫡男・北条朝時の子孫。企氏の母親だったため、嫡男から外れ、次第に冷遇された結果、将軍に与してさらに解体が進む。以後も反として雌伏の時を過ごした。


名越流北条氏のほんとにざっくりとした略系図



次へ»
最終更新日: 21/02/23 12:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ