ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


北海道新幹線


ヨミ: ホッカイドウシンカンセン
掲示板をミル!
197カキコ!

北海道新幹線とは、JR北海道運営する新幹線である。
なお、便宜上「北海道南回り新幹線」に関しても触れている。


概要


北海道新幹線
基本情報
日本
経由地 青森県北海道
種類 高速鉄道新幹線
起点 新青森駅
終点 新函館北斗駅
4(営業中)
5
開業 2016年03月26日
開業予定 2031年
所有者 鉄道建設・運輸施設整備支援機構
運営 北海道旅客鉄道
車両基地 函館新幹線総合車両所
使用車両 H5系、E5系
路線諸元
路線総延長 360.3(うち開業区間148.8)km
線路数 複線
軌間 1,435mm
電圧 25,000
50HZ(架電車方式(交流))
最小半径 2,500m
最大勾配 20.8‰[外部]
閉塞方式 内信号式
保安装置 DS-ATC
最高速 260km/h

元々は全新幹線鉄道整備法に基づき、起点青森市・経由函館市付近及び札幌市終点旭川市と定められた路線。2002年新青森駅札幌駅間の区間において工事実施の認可を申請し、2005年新青森駅新函館北斗駅間で認可を受け鉄道・運輸機構により着工された(但し、共用区間はJRに委託)。

工事にあたり、津軽海峡を通過する青函トンネルをはじめとする一部区間(海峡線の約82キロ)は、三線軌条化した上で在来線との共用区間となっている。在来線ダイヤを調整した上で深夜に電化設備修などの工事が行われている。なお、北海道新幹線開業後、共用区間は貨物列車が走行する。関門峡のように新幹線専用に新たにトンネルを掘るには距離が長すぎる事や、青函トンネル自体が新幹線の複線運行に対応しているため共用となった。ただし、新幹線在来線(特に貨物列車)という、速度の大きく異なる列車がひとつのトンネルを共用することとなると、ダイヤを組む上で大きな障となるため、貨物列車新幹線規格の車輌に積んで運べるようにする技術(トレイン・オン・トレイン)が研究されている。

2014年10月に北海道新幹線用の車両となるH5系の搬入が行われ、同年12月から頃にかけて走行試験が行われた(3月までは津軽いまべつ~新函館北斗間、4月8月新青森新函館北斗間)。走行試験が終了後、8月22日より深夜時間帯に3往復程度乗務員の訓練運転が実施されている。

なお、前述の共用区間があることから、在来線の貨物機関車が正常に運行できるかの試験も行わなければならないため、2015年1月1日事前確認を行い、2015年3月22日システム切り替えを行った。

新青森駅新函館北斗間は2016年3月26日に先行開業。車両函館新幹線総合車両所所属となるH5系JR東日本E5系が使用されている。


函館以北について


2012年8月25日新函館北斗駅札幌駅間が着工された。但し、建設費の関係から通常より工期が延びて24年程度となる為、札幌延伸は当初予定(2019年度~2020年開業)より大幅に遅れ2030年度に開業予定。

もともとは2035年度であったが、あまりにも工期が長いため地元からは期開業をめるがあり、正式に前倒しとなった。

札幌駅まで開業すると新青森駅東北新幹線と接続して直通運転を行う事で東京駅札幌駅間が3時間57分で結べるとされている(大宮駅札幌駅間を360キロで運転した場合整備新幹線においては最高時速は260キロと定められており(根拠法が不明瞭なのだが)、それ以上の速度を出す場合は事業者が新幹線の線路保有者である鉄道建設・運輸施設整備支援機構に支払う「貸付料」の額に高速化が影を与えかねない。その為整備新幹線において260キロ以上での運転を行っている路線は現在存在しない。また、東京駅大宮駅間は都心部を走る為騒音に配慮しており、高速化は出来ない(もちろん本数が多い事やカーブも多い他、埼玉県南部の地質が悪くトンネル化も出来ないため騒音抜きにしても高速化が困難ではあるが)。 )。

また、札幌旭川間については基本計画のみで今のところ具体的な動きはない。


速度と所要時間


青函トンネルでの貨物列車ネックとなり、部分開業時点では海峡線の共用区間(新中小国信号場木古内駅間)において速度在来線特急並に抑えられ最高速度は140km/hとなっている。

開業前のシミュレーションでは、東京駅新函館北斗駅間の最短所要時間は4時間10分となってしまい、航空機との競争に不利とされ(一般的には4時間をえると不利とされる)、地元自治体から短縮を要望するが出ていたことから停を減らすことで4時間を切る列車を開業時から運行することを検討していたが、最終的に見送られることになり、開業時の所要時間は最短で4時間2分となった。

当初は開業2年後を処に新幹線専用時間帯を設けた上で1日1往復に限り時速200km/h以上で運行される予定であったが延期された(新幹線単独区間は最高速260km/h)。

ちなみに新函館北斗駅から函館駅まで列車で向かう時間は、函館空港からバス函館市中心部に向かう時間と大して変わらない。


列車名・駅名


運行する列車名については実質東北新幹線の延長であることから、新青森駅新函館北斗駅間開業時は「はやぶさ」「はやて」を使用し、札幌延伸時に列車名を募する。

また、当面の終着となる新函館北斗駅函館駅の間はアクセス列車はこだてライナー」を運行する(詳細は新函館北斗駅を参照)。

名については2014年6月11日に発表され、「奥津軽いまべつ駅」「木古内駅」「新函館北斗駅」の3が設置されることとなった。


南回りルート


現在建設が進められている小樽経由のルートのほかに、長万部から室蘭本線千歳線に並行して札幌に至るルートが「北海道南回り新幹線」として別に基本計画線となっている。

沿線の人口、人口密度ともに現在ではこの南回りのほうが高く、函館札幌間の長距離輸送のメインルートとなっているが、こちらのルートは沿線に有珠山などの活発な火山を抱え、在来線も何度か火山の噴火によって不通となった経験がある。

また北回りの小樽ルートの方が札幌への所要時間も短く、且つ当初の整備計画での終着地・旭川への延伸に適していた事からこちらの方が優先され、南回りのルートは建設のための調も行われていない。
この関係から、札幌駅延伸時は南回り方面へは長万部駅室蘭本線列車乗り換えることになるとみられる。


テーマソング


北海道新幹線開業をPRするテーマソングは、函館市出身のロックバンドGLAY」のTAKUROが「Supernova Express 2016」を書き下ろしており、北海道CMで使用されている。

これは北海道などがGLAY製作を依頼し、GLAY側が承諾したものである。


新幹線による特例


開業前には蟹田駅木古内駅間で特急列車自由席に限り乗車券のみで乗できる特例があった(同区間は2002年普通列車止されたことから、特急列車でしか乗降できないため)。これは青春18きっぷ北海道&東日本パスにも適用されていた。

しかし、北海道新幹線木古内駅新函館北斗駅間開業後は、海峡線を通過する在来線列車は全し(三線軌条化した上で、貨物列車は引き続き海峡線を通過する。また、津軽線については運営会社が異なることから並行在来線扱いせず、そのままJR東日本運営している)、江差線木古内駅五稜郭駅間)は道南いさりび鉄道に転換された。

当然ながらこの特例は止となり、以下のように変更となった。


青春18きっぷ


青春18きっぷ北海道新幹線オプション券[外部]」を別途購入すれば、奥津軽いまべつ駅木古内駅間の新幹線の立席(内のいている席)及び道南いさりび鉄道線木古内駅五稜郭駅間に乗することができる。

また、奥津軽いまべつ駅JR東日本津軽線津軽二股駅と隣接しているため、そこから乗り換えとなる。

ただし、木古内駅五稜郭駅以外ので下した場合は別途運賃が必要になってくる上に、津軽二股駅が存在する津軽線三厩駅蟹田駅間の列車は1日5往復しかないので、程を組む際は注意が必要である。


北海道&東日本パス


新青森駅新函館北斗駅間を相互発着の場合に限り特定特急を支払えば新幹線の立席(内のいている席)に乗することができる。


運行体系


2014年11月20日列車名が発表された。なお、北海道新幹線を運行する定期列車の本数は2015年9月16日に13往復(東京駅発着は10往復)と発表された。


駅・信号場一覧


2016年3月26日新青森駅新函館北斗駅間開業時に江差線道南いさりび鉄道に移行。2035年度の新函館北斗駅札幌駅間開業時には函館本線小樽駅函館駅間)が第三セクターに移行する予定(引き続き道南いさりび鉄道に譲渡されるのか、新会社が設立されるのかは不明)。


2016年3月26日開通区間


乗り換え路線は2016年3月26日の開業時点としている。

は停は一部停、|は通過。東北新幹線内の停は「東北新幹線」参照。


次へ»
最終更新日: 18/06/09 01:01
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ