ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


北近畿(列車)


ヨミ: キタキンキ
掲示板をミル!
2カキコ!

近畿とは、国鉄JR西日本で運行されていた列車名である。


概要


福知山線宝塚~福知山間と山陰本線福知山~崎間が電化された事に伴い、従来福知山線経由で関西~山陰を結んでいた気動車特急まつかぜ止し、新たに電車特急として関西~福知山・崎間に設定されたのが特急近畿である。まつかぜ時代は2往復だった福知山線特急も、近畿設定に伴い一部の急行列車を吸収した事もあり10往復に増発された。

急行キハ65形改造した列車を使用していたエーデル北近畿が設定されていた事もある。その関係から10往復からスタートした近畿も6.5往復まで減便されていた時期もあった。

2004年からは10.5往復にまで増発されている。当初は城崎温泉などの丹波地方・丹後地方・但地方への観光列車としての意味合いが強かったが、列車名が称される直前では福知山線内での通勤列車としての意味合いもあり、の上りや夕方の下りには谷川駅柏原・石生黒井駅の5連続停する列車もあった。

北近畿ビッグXネットワーク内でははまかぜに次いで由緒ある列車名だったが、新287系投入に伴い地元の要望などの理由で2011年九州新幹線博多駅まで開業した全的なダイヤ正でこうのとり称された。


廃止直前の運行形態


停車駅





































鹿








下り 11 11 11 11 11 4 4 11 5 11 2 4 1 11 8 8 8 8 6
上り 10 10 10 10 10 3 3 10 4 10 3 3 3 10 7 7 7 7 6
参考:翌日からのこうのとり本数
下り 14 14 14 14 14 5 5 14 6 14 0 5 0 14 7 7 7 7 6
上り 13 13 13 13 13 3 3 13 5 13 0 4 0 13 8 8 8 8 7

列車名の由来


日本海近畿地方の通称である北近畿から。


年表


1986年11月 気動車特急まつかぜの運行区間分離や急行丹波急行だいせんの格上げで電車特急近畿10往復が設定される。運行区間の内訳は新大阪崎間2往復・新大阪~福知山間1往復・大阪崎間4往復・大阪~福知山間3往復。
新大阪(3/3) - 大阪(10/10) - 尼崎(2/10) - 宝塚(10/10) - 三田(10/10) - 篠山口(10/10) - 谷川(6/10) - 柏原(9/10) - 石生(3/10) - 黒井(5/10) - (2/10) - 福知山(10/10) - 和田山(6/6) - 八鹿(6/6) - 江原(6/6) - 豊(6/6) - 崎(6/6)

1989年3月 大阪崎間の1往復を大阪崎~倉吉間の気動車特急エーデル鳥取に変更した事から電車近畿9往復に減便。

1990年3月 気動車特急エーデル北近畿2往復を大阪~福知山~坂間で運行開始した事から電車近畿新大阪崎間3往復・新大阪~福知山間1往復・大阪崎間1往復・大阪~福知山間2往復・大阪→豊間1本の7.5往復に減便。

1992年3月 エーデル北近畿1往復が福知山駅分割浜坂駅東舞鶴駅発着となる。ちなみに下りは大阪駅発・上りは新大阪駅着であった。

1996年3月 近畿新大阪崎間5往復・新大阪→豊間1本・福知山→新大阪間2本の6.5往復に減便。

1999年10月 エーデル北近畿2往復共止。近畿新大阪崎間6往復・新大阪→豊間1本・新大阪~福知山1.5往復の8往復に増発。

2002年10月 新大阪~豊間と新大阪崎間が1往復増発され近畿10往復に増発。

2004年10月 夜行急行だいせん止に伴い新大阪→福知山間に1本増発され近畿は10.5往復に増発。

2005年3月 城崎駅城崎温泉駅称され近畿7往復も城崎温泉駅発着となる。

2011年3月 特急近畿特急こうのとり称され近畿の名称止。


関連動画



■sm12526216[ニコ動]

■sm12420243[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 12/02/03 23:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ