ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


北陸新幹線


ヨミ: ホクリクシンカンセン
掲示板をミル!
330カキコ!

北陸新幹線とは、群馬県高崎駅から大阪府新大阪駅までを、長野県石川県を経由して日本海側周りで結ぶ予定の整備新幹線である。

高崎駅長野駅間が1997年に先行開業し、金沢開業までは「長野新幹線」と言う称を使用していた(詳細は該当記事参照)。2015年3月14日には長野金沢間が開業し、ようやく「北陸新幹線」の正式名称の通りとなった。


概要


北陸新幹線
概要
終点 起点:高崎駅
終点金沢駅(2015年3月14日時点)
13
基本情報
開業 1997年10月1日
最終延伸 2015年3月14日(長野-金沢間)
所有者 鉄道建設・運輸施設整備支援機構高崎-金沢間)
運営 東日本旅客鉄道(高崎-上越妙高間)
西日本旅客鉄道(上越妙高-金沢間)(いずれも第一種鉄道事業者)
使用車両 E2系E7系W7系
路線諸元
路線総延長 345.5km
軌間 1,435mm
電圧 25,000V(架電車方式(交流))
50Hz高崎-軽井沢間、糸魚川駅構内)
60Hz軽井沢-金沢間)
運行速度 260km/h

群馬県高崎駅から、長野県長野市新潟県西部富山県石川県福井県と、日本海側を通って、大阪府大阪市まで接続する新幹線。なお、東京駅大宮駅間は東北新幹線大宮駅高崎駅間は上越新幹線と共用となる。
最終的には、東海道新幹線に次いで、東京大阪間を結ぶ第二の新幹線となる計画。東海道新幹線バックアップもかねている。

東京駅金沢駅間の所要時間は速達かがやき」で2時間25程度になる(東海道新幹線東京駅新大阪駅間の最短所要時間とほぼ同じくらい)。
他にも速達+数の停タイプはくたか」、「サンダーバードしらさぎ」乗り継ぎ対応の富山駅金沢駅間シャトルタイプつるぎ」、現行の「あさま」の計4タイプで運行される。

2012年8月19日より、金沢駅福井県敦賀駅間が着工しており、2022年度に開通予定。敦賀駅延伸時の大阪金沢間の所要時間は2時間1分に短縮される予定。
なお、敦賀駅新大阪駅間については2031年度着工、2046年度開通予定となっている(後述)。

並行在来線となる信越本線長野駅妙高高原)は「しなの鉄道」に、信越本線妙高高原直江津駅間)と北陸本線直江津駅間)は「えちごトキめき鉄道」に引き継がれた。
北陸本線金沢駅間)についても、「あいの風とやま鉄道」(伽羅)及び「IRいしかわ鉄道」(伽羅金沢駅)に経営分離された(ちなみに金沢駅は、新幹線開業を機に舎のみIRいしかわ鉄道の管理に変更され、JRから使用料が入る予定)。
なお、長野駅の一つ先のである飯山駅飯山線と接続しているが、飯山線並行在来線定されなかったため、引き続きJR東日本が営業を続ける。

北陸には「サンダーバードしらさぎはくたか北越」というJR西日本が自社の在来線特急としてはしくを注ぎまくっている稼ぎ頭達がいるが、新幹線金沢延伸開業時には「はくたか」は止となった他、「サンダーバードしらさぎ」も和倉温泉発着の「サンダーバード」1往復を除き金沢以東の運転が取りやめられた。「北越」もJR西日本区間が止されて、JR東日本区間のみ運行する「しらゆき」に置き換えとなった。「というか、既に高速・高頻度なサンダーバードがあるから新幹線金沢以西)いらなくね?」なんて地元民の前で言ってはいけない(気がする)。
が、実際は地元民でも疑問を持っている者が多かったりする。というか、北陸全体で入れまくって通したサンダーバードを10年チョイで蔑ろにするのはどうかというがあり、特に大きく期待している人はそういなかったりするのが現状でもある。一方、JR西日本2015年1月28日に「サンダーバード」用の681系683系2015年からリニューアルすると発表している。

また、従来、北陸から首都圏鉄道で移動する場合は、「はくたか」で新潟県越後湯沢駅まで行き、そこから上越新幹線乗り換える、というルートが使用されていたのだが、金沢までの開通以後はもちろんこのルートが使用されることはどなくなった。したがって、上越新幹線ほくほく線客減少、沿線への経済的打撃は避けられない。速達タイプの「かがやき」に至っては、新潟県内に停しない。
これを、当該地域の経済団体や自治体は「2014年問題」と呼んでいる(結果的に開業は2015年になったが)。後述するとおり、新潟県費負担を拒否したのは、これが原因である。 

ちなみに、JR東日本管内では一部(首都圏)に「北陸新幹線(長野経由)」と長野の名称が残っている。後述。


沿革


1972年6月に基本計画が決定。
しかしオイルショック煽りを受けて整備はめっきり遅延し、本格的に計画が固まったのは80年代も末のことであった。
またこの間に、運行費削減などを理由に、一部区間のスーパー特急方式での整備が決められた。
なお、当初ルート案は軽井沢は通過し、小諸を通るルートであったが、小諸市の反対で、小諸から佐久を通ることになった後に、国鉄側から「観光地である軽井沢を通過するのはおかしい」との意見で軽井沢を経由する現在ルートに変更されている(北陸新幹線に最急勾配30‰と言う急勾配が生まれたのはこのため)。
また、基本計画では経由先は高崎長野富山金沢とだけ書かれていたため、経由地が明記されていない長野富山間は北アルプスの直下をトンネルで貫通し、最短経路を経由する案も浮上した。しかし、最急勾配を12‰とした時、トンネルの長さが約70km(青函トンネルが約53kmであることを考えればどれだけ長いかがおかわりだろう)となってしまうことや火山地域を通過することによる高い地熱、土被り(最大2,000m)で発生する湧や強い地圧、土はね(岩盤崩壊)などと言った問題点が浮上し、難工事になることが予想されたため、こちらも上越糸魚川を経由する現在ルートに決定した。

1988年運輸省から建設費の削減を理由に高崎駅軽井沢駅間をフル規格、軽井沢駅長野駅間をミニ新幹線に計画変更が発表され、1989年にとりあえず高崎駅軽井沢駅間だけが着工された。しかし、1991年長野オリンピックの開催が決定すると結局軽井沢駅長野駅間もフル規格で整備されることになった。このフル規格への計画変更で、新幹線が通るはずだった小諸市が怒ることになるのだが、そのあたりは「佐久平駅」を参照。

1997年10月、先行する形で、高崎駅長野駅間が部分開通。
しかし北陸まで開通していないのに「北陸新幹線」と名乗るわけにもいかず、当初は便宜上長野方面行き列車を「長野新幹線」と名付けたが(反対に東京方面行き列車は単に「新幹線」としていた)、これも定着しなかった。結果的に「行」が取れて、現在長野新幹線になった(なお、東京駅JR東海東海道新幹線ホームでは最初から長野新幹線と表記していた。マスメディアも当初よりこの名称を用いていた)。
このときには、同年3月より東北新幹線に導入されていたE2系新幹線車両が導入された。オリンピック開催時には、200系が臨時導入されていたこともあった。 

その後も、金沢駅富山県石動間などを中心に徐々に整備は進められた。

2000年頃には、富山までの区間の着工が決定。
2004年には、結局、石川県白山市白山総合車両所に至るまでの区間全てをフル規格で着工することになり、鉄道・運輸機構による本格的な工事がスタートした(この裏では政府・与党内部でいろいろと揉め事があり、その末の出来事であった)。金沢駅富山駅など、通過するの大規模な装や、新の建設なども進められはじめた。

2009年頃に、他県の知事達の説得にもかかわらず新潟県知事が建設費用の負担増に難色を示し、予定通りの開業が可かどうかがかなり微妙になって、JRと他県が困惑するという事態が発生した。このため、開業時期の前倒しが不可能となった。

2014年8月長野駅金沢駅間の開業日が2015年3月14日に正式に決定した。
試運転を経て、2015年3月14日長野駅金沢駅間が開業した。

2012年には、上述の通り、金沢駅敦賀駅も着工しており、2022年度開業予定。金沢開業から10年足らずで開業することになる。
ただし、開業の前倒しが検討されており、このうち金沢駅福井駅間については2020年度の開業が可であるとされている。

名称について

上述の通り、長野県としては、思わぬ形で県名を冠した新幹線が誕生することになったが、金沢開業後の名称に関してはJR東日本及びJR西日本ともに「北陸新幹線」となっている。

もちろん長野県としては、この変更は痛手である。そのため、経済団体や自治体を中心に、「北陸長野新幹線」などといった形での「長野」の名称維持をめるが上がった。これにより、日本海側の県と長野県との喧々諤々の議論がしばらく続くことになった。

結局、2013年JR東日本長野県側のにこたえて、「北陸新幹線(長野経由)」という形での表記を首都圏などの一部区間で採用することを発表。これに長野県側も納得し、名称に関する議論は終結することになった。


敦賀以西について(2015年8月以前)



次へ»
最終更新日: 18/12/23 14:47
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ