ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


南国少年パプワくん


ヨミ: ナンゴクショウネンパプワクン
掲示板をミル!
104カキコ!

南国少年パプワくんとは、柴田亜美による漫画作品である。


概要(漫画)


1991年から1995年にかけて月刊少年ガンガン(当時・エニックス出版局発行)で連載されていた、主人公とその周囲の多キャラクターのドタバタを描いたギャグコメディ漫画。終盤では設定を掘り下げ、ストーリーバトル漫画にもなっていた。

少年ガンガンの看的な存在だった人気漫画であり、ドラマCD化、アニメ化ゲーム化などのメディアミックス展開がなされた。打ち切りなどなく事に最終回を迎えて連載終了した後、7年経過してから『PAPUWA』という続編作品の連載も開始された。

なお、タイトルこそ「パプワくん」とはなってはいるが、ストーリー上の主人公は全編通して”シンタロー”であり、4巻終盤からは特にシンタローの一族、ガンマ団の秘石を巡る壮絶な戦争が展開される。そして、パプワがシンタローに対し、全作中でたった一度のある言葉を残し、物語は終了する。その後、柴田作品の大きな柱の「の秘石シリーズ」として「自由人HERO」「未来冒険チャンネル5」といった作品で、本作の拡世界が描かれている。

しかし、秘石シリーズ第一章である南少年~では未回収伏線がかなり遺され、特に「秘石とは一体何か?」「パプワは何者なのか?」についての明確な回答は出ないままであった。

そして7年後に開始された直接的な続編「PAPUWA」によって、それらの多くに回答がなされ、終盤ではついにパプワくんの正体そのものが明らかとなる。

1992年から1993年にかけて放映されたアニメ版は、原作漫画版4巻でシンタローを離れる部分に相当する話で終了している。しかし、その後の部分を映像化する計画は存在しており、パイロット版として「南国少年パプワくん2」の部分的な映像DVDなどの特典に収録されている。「PAPUWA」も同じくコタローを離れる部分で中途終了してしまい、以降の部分は映像化されていない。柴田作品はギャグ要素が薄れるストーリー部分の映像化に恵まれていないようである。


ストーリー


国家とも戦争を行う程の精強な殺し屋集団、『ガンマ団』。そのガンマ団でナンバーワンの実を持つ若者シンタローは、コタローと一緒に幸せな暮らしをする為にガンマ団の秘宝である『秘石』を奪い、団から逃走する。しかし、団の追っ手からの撃で乗っていた船を沈められ、外界から隔絶した南海の孤『パプワ』に漂着する。

に住む少年パプワとその友達であるチャッピー)は、シンタローリュックから秘石を見つけアクセサリーにしてしまう。シンタローはこれを何とかして取り返そうとするが、信じられないことにパプワになすすべなく敗北してしまう。そこにパプワの住人である人を解する奇怪なナマモノ達が現れ、シンタロー常識は崩壊した。
 
そんなこんなで、何とか秘石をパプワから取り返そうとするシンタロー、それを返り討ちにしつつシンタロー料理人としてこき使うパプワとチャッピーの暮らしが始まった。ガンマ団からの刺客も次々に現れるがシンタローやパプワに撃退され、シンタローだけでなくその刺客たちもになじんでしまい住人と化してしまう。

ガンマ団の刺客を撃退するうちについにはガンマ団総帥でありシンタローでもあるマジックまでもがパプワに降り立つが、徐々に秘密が明かされていくその秘石は、シンタローが思っていたようなただの高価な宝石ではなかった。

石に秘められたは、様々な人間の運命をめていく。


主要キャラクター



用語



名前の由来・設定など


キャラクターで、チャッピー柴田亜美飼い犬の名前から名付けられた物である。シンタロー作者ファンであるバンドメンバーの名前が由来。パプワは、作品タイトルを含め当初の設定はパプアニューギニアから「パプ」とする予定だったが、諸般の問題から「パプ」となった。尚、その際最後まで補に残ったのは「南少年パンツくん」だった。パプワの住民はエニックス出版部のスタッフ等の人名からとっている。また、ガンマ団の刺客は都道府県名から名付けられ、口調や戦闘方法などの特徴もその都道府県に沿ったものになっている。

ちなみに、柴田亜美はこの作品の連載前は、ドラゴンクエスト4コママンガ劇場で、『ニセ勇者』という三白眼で特徴のある勇者(とアニマルゾンビやらバリィドドッグやら)を主人公としたネタを描いていたため、初期のパプワくんチャッピーはこの影を強く受けている。

元々この作品は「読みきり」の予定で掲載されたものであった。しかし、実際には作者の勘違いであり、編集部は最初から柴田に「連載作品」として本作執筆を依頼していた。当然ながら、第一話時点での秘石が世界を支配するを持つの秘石と対を成す石である、などという設定は考えられていなかった。このため、最初期は画の違いもさることながら、ギャグとしての要素の方が強く、に控える秘石を巡る壮大な世界観は連載を継続していくにあたって徐々に付与されていったものである。第5話「パプワ全員集合!」からはようやく絵柄も安定してきたものの、初期とシンタローデザイン大分変わったためか、この話で「が伸びたなぁ」と言わせて整合性をある程度保っていた。


当時の読者・アニメ視聴者あるある



関連動画


(テレビ朝日アニメーションは、大人の事情により掲載できません)


関連商品


■azB0000DJW7S
■azB00009KM9G
■az4757506678
■azB00005EN88


関連項目



最終更新日: 16/09/27 00:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ